書籍・雑誌

March 28, 2012

うったうったうー

10年ぶりの第二弾ということで力はいりすぎ?といった気もしないでもないんですが。

冷静と情熱のあいだ は当時の私としてはかなりインパクトあったので、それなりに期待して読んだんですが、当時のインパクトほどはなかったのは私が歳くったせい?

右岸 
奇想天外なストーリーで面白く、あっという間読めました。

左岸
何故かなかなか進まない・・・
ネットでどなたかの感想で「昼ドラみてるみたい」と書かれてましたがまさにそんな感じ。私は昼ドラは苦手です~

男と女の間には深くて暗い川がある

ということで交わらない というのがテーマなんでしょうか。
ま、私の読書能力がそれだけということかもしれません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2012

amazon貧乏

51fxuzroxql__sl500_aa300_

買ってみました

分厚い本ですが文章の読みやすさ、わかりやすさ、ですいすい読めます。でも内容はかなり濃いです。東電OL殺人事件を読んだ時もそう思ったけど、これだけの重いテーマに対して読みやすい文章を書けるって凄いですね。

それにしても

amazonで買ったんだけど、ついついクリックしてしまう。。。

amazon貧乏って誰か言ってたけど、まさに同感。本と音楽好きはamazonのHP見ちゃダメですね(--;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 14, 2011

いったい何のために

不思議な小節でした

41ytyb4xz5l__sl500_aa300_

別に村上春樹のファンでもなく

ふらっと本屋で手にとってヒマつぶしに買って読もうと
といった程度で読みだしたんですが

この本のテーマとなっている阪神淡路大震災
そして今年の東日本の大震災

人はしっかりと考えて生きているつもりでも
実は虚空な時の中に生きているのだと、
思わずにはいられない本でした。

私たちはいったい何のために生きているんだい?

そんなこと考えちゃダメ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2010

ノルウェイの森 2

一気に読んでしまいました。

たぶん、いや絶対若いころ読んだはず。
一部だけストーリー覚えていたから。

でもほとんどの内容は記憶になく。
よって感想もまーったくおぼえておらず。

あれ?こんな本だったっけ?

他の人たちの感想にあったけど
若い時は、読んでも「ふーん」で終わるらしい。
まだまだ生命としての「勢い」つまり「希望」が満ち溢れているからなのかな。


書かれたのは1987年なんだそうですが
(なんと23年も前!!)
文章は全く色褪せてないことに驚き。


登場人物のレイコさんが
自分の過去を回想している時に

「自分のために音楽をする必要がある」

その通り!!
私が一旦音楽を捨てたのは、全くのその通り、まさにそのことを確認するためだったと思います。気がついたのは最近、三線習い始めてから、かな。

だから教室関係の人たちにはホント申し訳ないんだけど、練習しないダメな生徒を今、満喫させていただいています。コンクールも今のところ受けるつもりはありません。個人レッスンもです。

今それすると三線までも嫌になりそうだからね。

今日も気づいたら
「あ、教室の日だ。何もできてねぇ~」
いつまでも、「これでいい」とは思ってませんが(汗)


しかし、なんでそんなことまでわかるのかな~
才能なんでしょうね。

ビートルズのノルウェイの森が好きだからこのタイトルを付けたわけじゃないんだそうです。

どうりでそのへんの描写がすっぽりないわけだ。
音楽好きとしてはそこはちょっと寂しかったかな。

あと他にもいろいろ感想あるけどそこはプライベートなことが絡むので割愛。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 25, 2010

旅に出たい

「もしかして、鉄はいってます?」
こないだ某店主さんから言われました。

はい、ちょこっと。。。。

でもだからって

・何時間も鉄道に乗り続ける根性ナシ
・カメラ担いで撮る根性ナシ
・時刻表読みこなす根性ナシ

こんな根性ナシですが

・ぼーっとローカル線に乗って景色眺めたい。
・最西端とか最北端に惹かれる。
・時間短縮に特急とか飛行機も使いたい。
・ご当地美味しい物は絶対はずせない。
・もちろん温泉も大好き、朝からはいりたい。

こんな私にぴったりな旅をした方の本

100524_162247_2
読んでて
「わかる~わかる~」の連発でした

あぁ、どこか行きたい〜

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 21, 2010

普段なら

普通、ネットで頼んだら2,3日後には到着するのにこれは一週間ほどかかりました。

普段なら、この表紙では絶対買わないだろうと思われるこの本。周囲が「いい!」と言うから買ってみました。

1900年代の人たち、大流行だね。
それだけ時代が閉塞しているということかしら。

100421_080508
土曜に到着したんだけど、さきほどようやく開封。
実はそれだけ、この表紙のせいで内容を信じてないんす(^o^;)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

January 17, 2010

買ってみました

知ってる先生がブログ紹介されていたのでさっそく買ってみました。
今日届きました。
今から読んでみます。

買ってみました

Continue reading "買ってみました"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 15, 2010

うーん・・・

久々に本買ってソンした、と思いました。
あまり言うのもナンなんですがね。

amazonのレビューでも散々なところをみると、最初は私の妄想的ヒガミか?と思ってたんですが、そうでもなかったようで。

ミポリンがスクリーンに出る、
というだけで売れるのは凄い。(あ、ナンの本かばれちゃった)

Continue reading "うーん・・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2009

ベストセラー

lどちらも只今ベストセラー。

左は「勝間和代を目指さない」のコピーで有名になった本。
前から知ってたけど、T会のI先生のブログにもあったので読んでみようと購入。

右はその時に気になって購入。

どちらも一ヶ月で初版から4,5版発行の勢い。

どちらも人間の根底にある問題を扱ってる。

守らなければいけないはずの家族を守りきれなかった心の痛みという
あとがきが印象的でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 17, 2009

指先から感じるドビュッシー

ふらっと本屋に行くのが好きで、こないだもふらっと立ち寄った本屋で目に留まった本。

937753

最近出たみたいですね。

安川加寿子先生のお弟子さんだそうで。

大学時代の私の友達はドビュッシーが得意でベートーヴェンが苦手。

同じ門下だった同期の子はショパンが得意でベートーヴェンが苦手。

私はバロック・古典が得意でそれから以降は・・・

 

ぱらぱらと立ち読みで見ただけなんですが、上記理由は小さいときの練習方法の偏りによるところも大きいそうです。

チェルニーの功罪と言えば話は大きくなりすぎるんでしょうが、ショパン以降にああいう運指法では対応できなくなるのだそう。

そういえば私はそこそこ手が大きくて、あと二人は小さくて華奢な指。この本でいうところの指を伸ばした奏法で弾いていた気がします。

もちろん、得手不得手は弾く人の性格が一番影響している気がする。

作曲家も男性的・女性的にわかれるそうで、どどーんと大曲を作るタイプとちまちまと小品を作るタイプにわかれるんだとか。大学の時に言われました。

そういえばそうですね。

 

今はおうちにピアノすらないので全く関係はないのだけれど、たまに気になって手にとったりします。

 

さて、あと少し仕事してから片づけますか・・・

今日また新しい仕事が宅急便でどさっと来ました。

ありがたいっす。今朝、体重計乗ったら・・・

しばらくはチョコ厳禁。(無理!!)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧