« 釜山6 | Main | ぼっちゃんのまち 下灘駅 »

March 21, 2013

ぼっちゃんのまち 砥部

改めて
確定申告お疲れ様でしたー

ということで、さっそくお疲さま会で松山へ

松山は前から一度行ってみたかったところ
道後温泉が楽しみ

朝9時台の飛行機で松山空港へ
日頃の行いのおかげでピーカン♪

レンタカーを借りて、まずは砥部焼の里「砥部」へ

と、その前にお昼ご飯
道途中「ゆうゆう亭」さんにてhttp://tabelog.com/ehime/A3801/A380103/38000274/
P3160001

ひゅうがめし定食
鯛のお刺身を生卵でといた醤油につけて
ごはんに乗っけていただきます
Img_8029

鯛の刺身いっぱいついてて、
ほかほかご飯にのっけて「まいう~」

なんでも東京では鯛はあまり食べないのだそうで
(東京に仕事で行った甥っ子の話より)
鯛は瀬戸内のものみたいです



そして砥部の町へ
砥石がとれたことから、町の名前もこの字になったそうです

Img_9191

適当に窯元を見て回ります。
すると・・・

観光センターで展示会されていた中村智子さんという
女性の窯元を発見!

Img_5918

観光センターのブログより
http://ameblo.jp/tobeyaki-ennosato/entry-11485822073.html

小さな野の花という感じの方、作品もそんな感じが多いです
大阪で育ち東京の芸術系の学校を出て、砥部に移り住み
最初は観光センターで働いて
この窯が空いたので、こちらに移ってきたのだそうで

もともとは絵を書いていたのだそうですか
作って日常に使える器はいいなーということで
陶芸に替えたのだとか。

なかなか美術では食べていけないだろうけれど
がんばれー

柄と形が気に入ったのでこちらでお茶碗を購入しました

|

« 釜山6 | Main | ぼっちゃんのまち 下灘駅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぼっちゃんのまち 砥部:

« 釜山6 | Main | ぼっちゃんのまち 下灘駅 »