« 今日は | Main | 音楽の学校 続(グルーブ感) »

January 09, 2011

音楽の学校

お正月3日にNHKで放送されたものを録画して少しずつ見ています。坂本龍一センセのスコラ、音楽の学校。

バッハ編四回、ジャズ編4回、を見て、今日はようやく「ドラムズ&ベース」の三回目。

バッハ編、通奏低音あたりは昔習ったことがあって懐かしかったし、ジャズ編では黒人ブルースと白人のクラシックのアメリカでの出会いがこれほど今の音楽シーンに影響を与えているってことも驚きでした。前回のドラムズも「へぇ~」って新鮮でした。右回りでなく、左回りで叩く人がいるとは!エレキベースが量産されたのは1951年ごろなんだそうで。そう考えると今の形のロックってまだ歴史100年たってないんですね。

いろいろ発見あって面白いです。

YMOも歳を重ねていて。
坂本センセが鼎談中に「あの頃のを今聞くと音が攻撃的」と言ってたのがとっても印象的でした。


若い頃っていい意味でも悪い意味でもホント音が攻撃的だと、今自分を振り返ってもそう思う。
それは若いエネルギー、今からそれをやれ、っていわれてもとても無理。

ただ、あの頃には出せなかった音ってのがあって。細野さんが「豆腐をきるように弾いてるベース」と言ってたけど、まさにそんな感じ。今はそれが少しは出きてきているのかな、と思う。

今やってるおやじバンドのいいところは、そんな上手い下手を超えたところだと思ってるんですが・・・当日間違ったらごめんね~

写真はそんな話と全く関係なく
某心理学の集まりのお誘いはがきなんですが

ドライカースさんその通りっす!!
(ドライカースさん・・・アメリカの心理学者)

|

« 今日は | Main | 音楽の学校 続(グルーブ感) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/50538365

Listed below are links to weblogs that reference 音楽の学校:

« 今日は | Main | 音楽の学校 続(グルーブ感) »