« August 2010 | Main | October 2010 »

September 2010

September 30, 2010

安里屋節

八重山にはまり始めた頃、
とあるTV番組で竹富島の夕方の西桟橋からの中継があり。
P6270219
(中継の画像はもっと晴れてました)

海に沈み行く夕日の画像に合わせて竹富島の三線奏者の方が「安里節」を歌われていて。 (たしか唄われていたのは「喫茶まき」さんのまきさんだったと思います。)

いつかこんなのしたい!

と思いつつ、それから数年後。
先月から今通っている三線教室でのレッスン曲が安里節。

まだまだ、まだまだですが、
いつもあの西桟橋の夕日を思い出して練習してます。

波の音が唄から感じられるくらいになりたいな。。。


まず最初の「八」を正確に出さなきゃ!!
いきなり「八」のポジションからですからね。この曲。
はずすとイタいです。

下の 写真は沖縄に行ってきました、という教室のメンバーからのお土産。
冬瓜もカレーになるんだ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 29, 2010

おんぶバッタ

おんぶバッタ
朝 事務所の鉢植えにいました♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 28, 2010

彼岸花

ようやく秋らしい日々になりましたね。
今週末はまたちょっと暑いみたいですが・・・

お彼岸にはまだ咲いてなかった彼岸花も、このところの秋らしい気温で一気に咲きました。

気づけばもうすぐ10月
10月は何しましょね~

そして
夏の間暑くて着てなかったGパンを久々にはいたら

・・・

夏前の時とあきらかにシルエットが違う。

あれ~
でも確かに猛暑で食欲減退・・・してなかった・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2010

貰った♪

貰った♪
勿体なくてまだ食べてないんですが。島と言えば山の猫ですよね、って頂きました。嬉ぴ〜

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 24, 2010

ようやく

ようやく
達成〜10缶

| | Comments (2) | TrackBack (1)

September 23, 2010

連休 3日目

連休3日目は落語会。
Ivent_01
尼崎ニューアルカイックホテルで開催された落語と食事会に行ってきました。

P9200472
P9200473
P9200475
P9200478
昨日まではお彼岸というのに暑い日が続きましたが、今日は半そででは肌寒い。ようやく秋本番模様です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 22, 2010

三連休 2日目

この夏は猛暑すぎて、もう体がヘロヘロ状態。
体調を崩している人も多いみたいですね。

そんな体にカツを入れるべく二日目はハイキングに参加することに。

場所は金剛山ダイヤモンドトレイル。
山歩きの方があらかじめ下見をしておいてくださっている、とても歩きやすいコース。

金剛山ロープウェーバス停で降りて準備体操。
P9190461
連休ということもあってバス停付近はすごい人で賑わってました。

ここから一気に2.6km、300m登る。
しんど~
汗が山道に滴り落ちる。

体中の水分、入れ替えちゃえ。
P9190462
木漏れ日がきれいな道をひたすら登る。
ひのき?

P9190463
一気に登りきったところで休憩。
一緒に登ってる方からきゅうりの塩漬けを頂く。
冷えてて旨い!!

P9190464
最後の急な登り階段
これを登り切ればあとは歩きやすい道が続く予定

P9190465
紀見峠を目指します
P9190466
P9190467
山では秋景色
すすきが出てました。

お、そういえば今日は十五夜ですぞ

P9190469
下には町並みがひろがる

P9190470
歩くのに必死、へろへろで写真ほとんどなし。
どこでお昼食べたんだっけ?

無事15kmを五時間で歩き
(休憩いれたら6時間半くらい)

帰りは国民宿舎紀伊見荘にたちよってお風呂にはいり

と、ここで事件。
お風呂に入っている間に財布を盗まれた人が!
貴重品用ロッカーに財布をいれず、そのまま脱衣籠に
いれていなかったらしい。

やっぱり怖いですね。

続いて事件
風呂からあがって電車の時間があと5分
ということで走ろうとしたら

みごと車道でこけました、私・・・
右ひじと右足膝に擦り傷、全治一週間ていど。
最近のバンドエイドはガーゼじゃないんですね
新たな発見。

あとは紀見峠から南海電車にのり

P9190471
難波で乾杯~

これじゃあ歩いた分のカロリー帳消しどころか追加(><)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 21, 2010

三連休 初日

秋の3連休はいかがお過ごしだったてでしょうか。私は色々な人に誘われていろいろ行ってきました。

まずは初日の土曜日。
一週間前にチーム年子の一人からメールお誘い。

ちょうど空いてたので2つ返事。
ワイン会でした。

P9180430
快晴のもと、伏見に集合し、試飲、じゃなかった工場見学。
軟水は硬水より発酵時間が長くかかるんですって。たとえば灘は硬水で15日で絞れるところがコチラは軟水で20日かかるとか。知ってました?

P9180431
日本酒のお勉強のあとは場所を移動してお昼ごはん。
「八橋庵 かけ橋」さん

http://www.yatuhasian.jp/y_index.html

その後は霊山博物館にて幕末のお勉強。
http://www.ryozen-museum.or.jp/

時間があったので坂本竜馬の墓にも行き
(お墓はいるのに300円かかります)
P9180434
お墓は小高い山にあり、からは京都が一望できます

P9180435
あまりに暑かったので高台寺すぐのところの辻利茶屋さんでお煎茶を買い。

P9180460
いよいよワイン会。会場はコチラ 普段はカレー屋さん。
もともとお漬物屋さんの出身のようです。
P9180450
よー飲んだ(いや、よー味見した)
P9180453
電気ブランなるお酒。なめたら舌がぴりぴりした
P9180437
お料理はどこかにお漬物を使った品々。
P9180444
カルパッチョの上に胡瓜の漬物とかね
どこかにお漬物が入ってる

P9180438
P9180439

P9180440

P9180446

P9180445
坂本竜馬が京都で好んで食べたという鳥と白みそを使ったお料理。今回のテーマは坂本竜馬でした。

P9180447
P9180452
P9180457
P9180458
P9180459

P9180441

ビュッフェ形式だったのでどんなけ食べたかわからず・・・
食べ過ぎやね。

こうやって連休一日目はすぎました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

September 17, 2010

何故か

何故か
今夜は急にオリオンで乾杯〜〓 通りがかりに見つけた沖縄料理屋さんで

写真ボケボケやね〓

| | Comments (2) | TrackBack (0)

5分で50個

昨日知り合いが開催していセミナーに参加。

その中で
「今の自分の夢ややりたいことを50個書き出してみましょう」
というのがあって。

ビジネスとプライベート合わせて
「家を買う」「事務所移転するする」とか思いついたまに書き出していきます

5分間でだーっと書いていくんですが
20個くらいしか書けなかった。

経営者なら5分で50個は簡単にでてくるそうで。
まだまだやな~

そうそう
たまに自分でもびっくりする夢がでてきたりするそうで

私の場合
「コンサートを開く」
自分でも おっ!? という感じでした

独身の知り合いは
「なぜかパートナーを見つけるってのが出てこなかった・・・」

人それぞれのタイミングとステージ
なかなか面白かったです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2010

オクラと山芋

先日の新潟旅行の時

宿の夕食にあったもので
これ、家でも出来そう~ってのがあったので

やってみました。

1.山芋をすり下ろして
2.別にオクラを茹でて、出汁をみりんと醤油で味付けした汁と一緒に
ミキサーですりつぶし
3.1と2を一緒に混ぜて出来上がり。

結果、入れたオクラが少なかったので、鮮やかな緑色とまではいかなかったんですが、白一色よりも涼やかな色に出来上がりました。

お試しください~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2010

よみかた

昔の話ですが

JR窓口にて
「○時△分金沢発 キタゴエ 1枚ください」
「あぁ、ホクエツですね」

どうもあっち方面の読み方は苦手

北越     ×きたごえ        ○ほくえつ
北国新聞  ×きたぐにしんぶん  ○ほっこくしんぶん
寝台急行  ×ほっこく        ○きたぐに  
自動車道  ○関越          ×寒越

音読みと訓読みの感覚が私とは逆みたい・・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 13, 2010

琥珀の時間

琥珀の時間
貴重なビ−ルで今から宴会〜黒いけど濃くなくて旨い!
BYアンリさんにて

| | Comments (2) | TrackBack (0)

とある国の

とある国のとある市の話。
某国では五年に一度、国の勢い(地域別人口とか年齢とか)を調べる調査があり。

一部住民はその住んでいる近辺調査に協力するために「お手伝い」として借り出されることになっています。(一応 有料)

今年は五年に一度の調査の年。
ある方がその調査協力に借り出されました。

各戸に配るための書類と近辺の地図を説明会で貰い、家に帰って地図で配るべき戸数と書類数を合わせてみたところ、どう数えても書類が40部ほど足りない。

役所に問い合わせてみると
「五年前の時の必要数を入れています」

「・・・・・?」


家って五年前から増減しないものなのか!?


あ、とある国のとある市の話ですよ~





| | Comments (0) | TrackBack (0)

旅の思い出

記憶をイラストにしてみました。
本当はもっと綺麗なとこですよ~

Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2010

まだまだ暑い

しかしホンマにずーっと暑いですよねぇ、この秋。

先週、新潟旅行の時
宿でテレビみてて 二人で受けたのがこの番組
http://www.nhk.or.jp.proxy.blastsound.com/niigata/manboshi/?from=tp_ac14

新潟放送局製作なんだそうで
この作品の中で「親父の野望」
この作品にバカウケしました

こんなオヤジ 嫌だぁ~

話変わって

毎日暑いことは気にせず、昨日はもずくの天ぷらを作ってみました。
といっても・・・

いきなり「もずく」オンリーのかき揚げは難しそうだったので
(だってもずくの水で熱い油がハゼそうですやん)

ニンジン・エビ・コーン・玉ねぎ・ゴーヤ・の中にもずくも投入して一緒に揚げた。
ちょこっとやばい「ハゼる」音もしてたけど、無事熱い思いすることなく揚がり。

結果
いろんな味がして
んまいっ!

そのうち「もずく」だけの天ぷらも習得したいと思います。

話変わって

谷啓さんがお亡くなりになりました。

あの飄々とした風貌と音楽センスの鋭さと最近はいい枯れ具合で「美の壷」のファンだったんですが・・・

ご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 11, 2010

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 13

さすがにその前二晩が早寝だったため、この夜は食事のあとにもお風呂にはいってしっかり最後の夜を楽しむ。

といっても11時には寝てしまった気がするが・・・

ところで、新潟は関西と変わらず暑い。
北なので涼しいかと思いきや、この残暑は同じで
大阪、最高気温が37度に対してこちら35度という感じ。

ここ松之山は山間部ということで日中は気温33度でしたが、なんと明け方は20度切ってて。久々にクーラーなしでぐっすり眠れました。(大阪はまだ今も最低気温26度とかですね)

朝にまたお風呂もはいってご飯。
料理長が草で作ったという作品。すご~

P9050410

ところで、このあたり「森の学校 キョロロ」とかいう場所があり。「キョロロ」何のことかと思ったらアカショウビンのことらしく。

ん?
アカショウビンって八重山でよく鳴き声を聞きますが?
(竹富島でのS内さんの鳴きまねを思い出す・・・)

渡り鳥で数は少ないけど日本全国に飛来するそうです。
へ~こんなところで共通点、発見。

日本秘湯を守る会のHPから申し込んだら
帰りの駅までの送迎中に棚田観光プラスしたプランがあって

お宿近くにあった棚田に案内してもらいました。
時間あればその他の棚田にも案内してもらえたみたいなんだけど、この日は夕方に大阪で予定があり、早めの電車でかえらなければならず。一番近くの棚田観光になりました。

P9050412 「留守原の棚田」 のどかだ・・・

送ってもらう途中にもあちこち棚田はあるんだけど
耕作放棄地もところどころあって。

維持は大変なんでしょうね。
高齢化が進んでいるというし。

P9050416
大地の芸術祭、というのを毎年開催しているらしく。
その時の作品があちこちに残っていて。
その一部も帰り道中すがら見せてもらいました。
P9050419
P9050422

どこか懐かしい券売機

P9050423
ほくほく線界隈の花をモチーフにした電車。
かわいい。

P9050426
ようやく「こしひかりアイス」を食べることに。
中に米粒がはいってました
P9050425
長かった旅行もこれでおしまい。

P9050427
P9050428

直江津で駅弁を買い
P9050429

車窓と共に楽しむ。
はくたか・サンダーバードを乗り継いで新大阪についたのは「まつだい」出てから六時間半後でした。遠い~

北陸新幹線ができると
大阪~富山は一時間半になるので、
新潟ももっと近くなるみたいです。

ただ、新幹線が通ってしまうと
九州の阿久根市が九州新幹線の開業と同時に一時間に一本走ってた特急が廃止されたように、ほくほく線の特急「はくたか」も廃止される予定なんそうで、周辺観光の衰退も気になります。


新潟旅行 おしまい。



追加

新大阪についてすぐライブ見るために心斎橋へ。
18時開場にぎりぎり間に合いふと携帯みると着信。
電話してみると
「今日、ギターが体調不良でライブ出ないこと知ってます?なので予約キャンセルしたい人は出来るみたいやったから、キャンセルして近所の居酒屋にいます」

ライブ入り口に張り紙がしてあったらしいんですが
急いで会場にはいったので全く気づかず。

結局、キャンセルして居酒屋でしゃべって帰ってきました。

ファンやったらギターなしのライブも応援すべきなんでしょうけど。。。

重度の熱中症でリハの途中に意識不明で倒れたそうです。
東京11日のライブも出ないそうで。。。
来月の30thパーティーも大丈夫なのかしら。

ホント今年は暑すぎました。



| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 10, 2010

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 12

まつだい駅に到着したら、お宿のお迎えが来てくれていました。
とその前に

ほくほく線の駅看板は片岡鶴太郎さんの書です。
写真 とるの忘れた・・・
http://www.hokuhoku.co.jp/1osirase/index.htm

では話もどして。
駅から宿へは送迎バスで十五分。

本日のお宿はコチラ
http://www.ryounkaku.net/

日本秘湯を守る会の宿でもあります。
ちなみに今回は日本秘湯を守る会のネットから予約しました。

P9040396
すごい雰囲気のある木造三階建の宿。そしてここの名物は山菜料理と源泉掛け流しの家族風呂。大浴場は残念ながら「掛け流し」ではないそうです。

P9040391
不思議な色と匂いのするお湯、しかも「しょっぱい~」(飲料可)
ものすごく体によさそうなお湯でした。

P9040395
部屋からの眺めは田園風景。

食事は新館の食事どころで
P9040398
最後の夜に乾杯
P9040399

ここのお宿は山菜料理が名物で
P9040404
岩梨のゼリー寄せ ホントに梨の味と香り
不思議~(くらげ、ではありません)

P9040401
夕顔の酢味噌あえ
P9040402
ミズの浅漬け これビリッとした辛味とパリッとした歯ごたえで旨かった~

P9040407
のっぺ汁

その他いろいろ、珍しい山菜のてんこ盛り

P9040408
再度 最後の夜に乾杯~

翌日気づいたのですが、「岩の原」は直江津の近くにあるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2010

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 11

ぽんしゅ館のあとは、こちら館内にある「酒の湯」でお風呂。

温泉プラスお酒がはいっているらしく
その酒の名は「湯越燗」らしい。

越後湯沢駅で
・寿司をほおばり
・土産を買い
・利き酒をして
・酒の湯にはいり

これだけでも「したこと」てんこ盛りですが
駅を出る最後に
P9040372

ふたたび蕎麦を食す。

小島屋さんというこちらのチェーン店らしいのですが
やはり旨い!
さらっとした喉ごしと海苔とそばの風味。

右の緑色はへぎうどん
うどんに海苔がはいってるので、ちょっと緑っぽい。
こちら歯ごたえ抜群でやはり爽やかななお味。

一人前ぺろっと食べてしまいました。
そば湯も小麦がはいっていない文軽くて旨い~

これでもうおなかにはいらないよ。
でもまだ忘れているものが・・・・

それは
P9040361
名物「一合握り」その名も「爆弾」を食べてない・・・・
うまい米の握り・・・食べたい、でもさすがにもうお腹にはいんない。
P9040360

ということで普通サイズのおにぎりを購入し、越後湯沢駅からほくほく線に乗り込む。

ほくほく線

なんとかわいらしいお名前の路線。

とここで、旅の連れが一言
「片手あいてるなぁ」

何のことかとおもいきや
P9040374
生ビール買っても持てるやん、車内持ち込めるやん
ということらしく。

地ビールを購入して改札をとおりましたとさ。

あぁ、すばらしき呑み助、わが友

P9040375
直江津行きに乗り込み

P9040381
車窓をみながらおにぎりを頂く。
P9040385

これがまた・・・旨かったのよ。
ビールは濃いお味でした。米がはいっている模様。

新潟、万歳っす。

ところでこの「ほくほく線」
走行距離60kmうちなんと40kmがトンネル

ということで
イベント列車なるのがあり

たまたま乗ったのがこのイベント列車でした。
トンネルにはいると
P9040387
おぉ、美しい。

これがまた、ほのかな暗がりがお腹一杯のため眠気を誘う・・・

P9040388
トンネル内に駅もありました。

雪国なのでこのほうが都合いいんだって

こうやって無事「まつだい」駅に到着したのでした

| | Comments (2) | TrackBack (0)

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 10

朝、目覚めるも「だりぃ」ってことで私は朝風呂パス。
連れはしっかり朝風呂を楽しみ

朝食を頂いて、さて出発。
とここで

おや~お互いお肌がつやつやじゃん!
化粧のノリもいつもと違う!

おそるべし
南魚沼の温泉。

のどかーな田園風景をながめているうちに越後湯沢に到着。
レンタカーを返して、アルプの里 という高原に向かう。

ロープウェーで7分ほどで山頂到着。
なーんもないけど風は涼しい。


P9040350
里は実りの秋 景色

P9040346
P9040347
山はすすきとあかとんぼ 秋 模様

高山植物園とかふらっとみて一時間ほどで下におりて
ロープウェー駅にあった温泉「こまくさの湯」に入る。

温泉ばっかりはいってるな。

温泉のあとは越後湯沢駅で
途中あったお米屋さんで魚沼産コシヒカリの新米を予約。
到着するのが楽しみだ~

さて、越後湯沢駅では
P9040353
P9040351
P9040352
越後三種盛り。まいたけが旨かった~
どう旨いか、というと。

すごいいい匂いがして香ばしい。
こちらで売ってるまいたけはしなっとして根性ナシですが

まいたけってこんなに風味があった美味しいんだ~
ということを発見。
そういえば六日町に雪国まいたけの本社があったような。

P9040355
年に数回しかあがらないという魚「ちびき」

ここの店員さん上手いのよ。
「ちびきは年に数回しかあがらない幻の魚です」
「ビール、半額セール中ですからどんどん飲んでくださいね」

新潟のお寿司ってしゃりがやっぱり味が「おにぎり」感覚
酢メシって感じがしない。

そして旨い!

新潟の寿司を堪能した後は。
ちょこっとお土産を買って

メインイベント(旅の連れのね)
P9040370
P9040362
500円で好きな新潟の銘柄5つが試飲できるというぽんしゅ館。
(日本酒のことをぽんしゅ というらしい)

P9040363

これ旨いねぇ、と言いあったお酒は
「男の酒」とか「親父系におすすめ」とか・・・・
P9040365
アテに塩と味噌が無料でおいてあって

P9040367_2 
冷えたきゅうり 一本百円 を購入し

すっかり出来上がったのでした。
そうそう、おっちゃんの塩 ってのも旨かった。


なんで酒飲むの?

P9040369

P9040368 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 9

ついたのは五十沢温泉の「ゆもと館」さん
今夜の宿です
P9040344

ここの名物は

お湯

しかも

混浴sign03


ひろい岩風呂が混浴なんです。
(もちろん男女別の露天風呂もあります)

混浴は今では新たに作ることが出来ず、
昔からある混浴のところだけは仕方ないから営業OK。

つまりは混浴のあるお湯は昔からの名湯というのが多いのです。
そしていずれなくなる運命。

楽しみにして、チェックインのあと部屋に通される。
とその案内してくださる仲居さん

お肌 つやつやペカペカsign03
どうみても60歳はとうに超えている感じだけど肌だけはつやつやで光ってる。

ここの温泉凄いかも!


「混浴風呂は8時までは一般の方も入浴にこられるので、ぜひ夜にはいってみてください」


という仲居さんのお話を一応聞いておいて
部屋に荷物をおいてすぐさま混浴露天風呂へ

入り口、脱衣所は男女別で室内から室外に出るまでの浴室も一応岩とかで男女が仕切ってあり、室外から一緒という作り。

お、誰もいない
え~い、はいっちゃえ~

明るい陽のもと、露天風呂を堪能
しばらくすると、男の人がそーっとはいってきて
背中向けてあっち側に座られた。

露天を堪能して、次は女性用の露天風呂へ。

こちらのお湯は熱めなんですが露天はぬるくていつまででも入っていられる感じ。風呂は二十四時間入浴できるそうで、もちろん源泉掛け流し。

さんざんお湯を堪能したあとは
P9030342
P9030341
P9030343
お宿からです、というナスの漬物
おいしかったなぁ。。。

ご飯は当然美味しく。
おひつ ほぼ「空」にしました。

うまいものぎっしり新潟 ばんざ~い


食後、またいつのまにか寝てしまった・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 8

へぎそばを堪能した後は、17号線を南下。
途中道の駅とかによりながら、
P9030334
道の駅にあった「愛す」
胃が複数個あったら食べてたんですが、無理。

到着したのは
P9030335_2

八海山酒造プロデュース「八海山地ビール」を製造している泉ヴィレッジさん。

そう、温泉好きの旅の連れが道の駅の温泉もはいらず急いでたのは、ここのレストランのランチタイムのオーダーが二時半までのためでした。 

P9030337
地ビール 飲み比べセット
P9030336
ここから運転を交代する私はジュースです。
この雪下にんじん、ものすごい濃厚でまるでサラダ食べているようなジュース。

雪深いこちらではにんじん他は冬は雪の中で貯蔵するそうで、そうすることによりさらに甘み旨みが凝縮されるそうなんです。すごいな~新潟。

P9030338
妙高ゆきエビ 
たしか最近始めた名産品、淡水での養殖じゃなかったかな。
甘くて香ばしくて美味しい。
P9030340
魚沼でとれた野菜いろいろ。
どれも新鮮で美味しかった。新鮮な野菜は甘いですからね。

へぎそばがおやつだったのか、ゆきエビがおやつだったのか。
約一名、地ビールを堪能したあとは、六日町へ向かいます。

六日町の駅近くにあった共同浴場で汗を流し
(なんと入浴料 250円/大人一人)
http://www2b.biglobe.ne.jp/~kondo/onsen/chuetsu/c8/c8-6.htm
シャワー他のお湯もすべて温泉のようです。


「またどうぞ~」と番台のおばさんにいわれ
「はい~」と返事するも
なかなか遠すぎて「また」は難しいぞ・・・

熱めの心地いい温泉に浸った後は

一路 今夜の宿、五十沢温泉へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2010

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 7

食事後、気づいたらテレビつけっぱなしで爆睡。

いかん、いかん

電気消して就寝

翌朝、再度弥彦神社を参拝。

朝7時台だから、きっと涼しくてすがすがしいかと思いきや
すでに気温高く、朝から汗だく。

P9030326
P9030327
なんで大丸(丸大か?)なんだろ。


神社の中はいい雰囲気でしたけどね。

汗を流しに宿の風呂にはいって美味しい朝ごはんを食べ
P9030329
(この他にバイキングでサラダと温泉卵と干物のあぶり焼き がつく超豪華朝食でした)


部屋で連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の途中で寝てしまい。(どんなけ寝るねん!)

気づいたら9時。
急いで支度し、駅まで宿の方に送ってもらう。
P9030330
二両編成の電車。ドアは手動。
10:05発を逃すと、次は12時まで電車はありませ~ん。
ローカル線ばんざい。

写っているのは携帯で仕事の打ち合わせをする旅の連れ。
お疲れ様です。

30分ほどで燕三条駅に到着。
きっぷ入れがお家のポストみたいだったので思わず写真。
P9030331
燕三条駅は上越新幹線の駅もあるのですが

なーんにもない
なーんにもない

ホントに駅周辺 何もナシ。

何もナシというのも事前に調べておいたので
ここからはレンタカーにて移動。

途中12時になったので、駅の道でお昼することに


P9030332
ちぢみの里 おじや です。
ここ お風呂もありますが、ちょいと急ぐ旅なので今回はパス。いえ、ワタシは全く急がないんですが連れがなぜが急いでてねぇ・・・理由はのちほど

P9030333
へぎそば 初体験。
いや~、これがめちゃめちゃ旨い。
するするっと水のごとく喉を通る、この爽やかさは何?

よく通の食べ方で
「そばつゆにそばを全部つけず、麺の先っぽだけを
ちょこっと漬けて啜る」
といいますが

この蕎麦に出会うまでは
「へっ、そんな食べ方」と思ってました。

が、しかし!
この食べ方は、まさにこの蕎麦のためにあるような食べ方。

箸で蕎麦をつまみあげ、先っぽだけを少し濃い目のつゆに浸して、あとは一気に音をたてて啜りこむ。すると口の中いっぱいにひろがる蕎麦の爽やかな風味とその後から来る汁のうまみ、まさに味のカノン♪

そういえば、昔音を立てるのが嫌、とかいう理由で婚約破棄したとかいう有名人の話もありましたが、蕎麦は啜りこむのも味なんだということを実感。

駅の道でこれだけ美味しいんだったら名店行って食べたら気絶するかもねぇ。

ビバ!新潟!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 6

今夜のお宿は弥彦温泉「お宿 だいろく」さん

小さな宿なんですが、ネットで評判2位だったのと、なんといっても限定、一泊二食10,500円/一人ってプランがあったので。

P9020311
ここの名物は貸切家族風呂。
時間予約はできず、フロントで申し込み順番がきたら電話で呼んでいただくことに。

P9020317
お湯は熱め。
高台からの景色はサイコー。

風呂のあとは
ネット予約の特典で弥彦じぇらーと を頂いた。

写真がないのが残念なんですが。
このやひこじぇらーと「枝豆」
ホンマに美味しかった。

枝豆のつぶつぶがはいってて
「このジェラートでビールが飲める」と

連れはホンマにジェラートつまみながら飲んで
仲居さんに笑われてた

あ~ぁ、やっちゃったねぇ。。。

弥彦名物 枝豆 ところてん
よって夜ご飯にもそれは出てた。

P9020320
いや~こんな安いプランなのにこんなに美味しくていいの?っていうくらい美味しかったです。
そしてなんといっても「ご飯」は新米。コシヒカリはまだのようですが早稲の新米がもちもちでまいう~
P9020319   
利き酒セット。
寒い国だからか日本酒って感じの重さのヤツが多い。

冬のさむ~い時に飲んだらおいしそう。

P9020323



P9020325
ふたりが気に入ったのは景虎
真ん中の透明なのは、なんと梅酒なんですよ!

普通 梅酒って左の色してますよね。
こちら景虎の梅酒は透明。

後日に行ったぽんしゅ館では「既に売り切れ」と書かれてました。

http://www.morohashi-shuzo.co.jp/

稀少なようです

飲めてよかった~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 5

大汗をかいたので、日帰り温泉「さくらの湯」を目指す。
駅に行く途中で美味しそうな店発見。
P9020315
ちょうどお昼の時間だし入ってみる?

二人の「まいう~センサー」の直感に従って入店。
日の出食堂さん
http://www.e-yahiko.com/contents/spot/frame.html

「冷たいのは?」
「ざるそば・天そば・山菜そば・うどんができます」
「じゃあ山菜そばで」

P9020314
窓全開の部屋で庭を眺めながら頂く。
クーラーなかったけど何故か涼しかった。
P9020312
お、てんぷらが!
「天ぷらはこちらのおかあさんからです」

地元で採れたばかりとおぼしき「ミョウガ・なす・ししとう」の天ぷら付きになりました!なんと贅沢な。

そばは冷たく、天ぷらは熱々でかなり「まいう~」

「ありがとうございました」
「ちょっと濃くなかった?」
「山で大汗かいたあとだったんでちょうどの塩加減でした」

こちらの人はみんな親切。

P9020316
弥彦駅からタクシーでさくらの湯へ。
ひと風呂あびて、コーヒー牛乳(なんと100円!)を一気に飲み干し、リラックスルームで横になると、もういけません。

爆睡・・・・


気づいたら連れは岩盤浴のあと食事どころでbeerキューと一杯のあとやっぱ寝てた。


こうやって夜行の疲れを取ったあとはいよいよ本日のお宿へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 4

ところで
「なんで新潟なん?」

理由はこちら
51h30twidtl__bo2204203200_pisitbsti
新潟っていわれると

・田中角栄(今は真紀子さんか)
・コシヒカリ
・酒
・佐渡ケ島
・上越新幹線

くらいしか思いつかないけど、この本を読んで
「米を堪能したい!」
「ほくほく線に乗ってみたい」

そして
「寝台に乗りたい」

この条件がみこど一致したのが新潟なのでした。

P9020301
ロープウェーで裏山へ。
P9020302
登っていくにつれて風がどんどん涼しくなる。
でも直射日光で暑いsweat01

P9020304
頂上から。
曇っていて視界いまいちだけど、美味しそうな稲穂が一面に。

あたりはミンミンゼミとツクツクボウシの大合唱。
まだまだ「夏」の模様。

奥の宮さんはロープウェー駅から歩いて15分ほど。
炎天下、額の汗を道に滴り落としながら歩き、ようやく到着。
P9020306
何お願いする?

商売繁盛?
大願成就?
家内安全?
・・・

一番大事なのは?


子孫繁栄

・・・・・そこ?



その後、頂上駅付近の店で
P9020307 P9020308
涼しい山風にふかれながら「おやつ」

ここ弥彦の名物は
・ところてん
・枝豆

なんだそうで、一本箸でところてんを流し込むのがコチラの食べ方なんだそう。

あ、ところてん 三杯酢だ。。。。
関西文化の私は黒蜜しかなじみがない。

でも意外とおいしいですね。
ところてん、つまり水が美味しいからかも。

コシヒカリラガー
辛い濃い味でした。ホンマに原料に米がはいっているみたい。

一服した後はロープウェーでもどって
P9020309
重軽石を持ってみる。
重いけど軽く感じた友人

子孫繁栄、バッチリやねsign03

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 06, 2010

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 3

途中、吉田で乗り換えて弥彦駅には九時過ぎに到着。

P9020292
一の宮さんのある最寄り駅だけあって立派sign01

徒歩十分ほどなんだそうですが、すでに暑い!
よってここからタクシーで今夜の宿に荷物を降ろすために一時寄ってもらい、そのまま弥彦神社へ。

P9020293
なかなか立派な構えです。
P9020294
とその前に。
旅の連れの朝ごはんがまだだったので、「おやつ」におでんを頂くことに。
P9020295
旨いっ!
おでんのこんにゃくは出汁がほどよい濃さ、
味噌こんにゃくはさすが米どころ、味噌も旨い~

P9020299
「おやつ」もすんでようやく参拝。
なかなか緑の濃い、いい感じの神社さん。
P9020300
ご神体はこの裏山のよう。

こちらの参拝は「二礼四拍手一礼」
お間違えのないように。

ここからバスでロープウェー乗り場に行きます。
裏山にある奥の宮に参拝できるのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 2

直江津あたりで今回の旅の連れをグリーン車で発見。
まだまだ時間があるので、私は寝台に戻って寝そべる。
P9020283
車窓から海がみえるっていいねぇ。
しかも寝ながらheart01

今回の旅の目的
・寝台に乗る
・旨い米を食べる
・温泉に浸かる
・酷暑の疲れを取る

今年はホンマ残暑がきつすぎて・・・・
旅立ち前は夏バテ ヘロヘロ状態。

アリナミンと消化剤を荷物に忍ばせての出発でした。

7:47 東三条 到着。
通勤通学の足となった「きたぐに」を見送る。

そういえば直江津から乗り込んだ高校生、
ずーっと席で勉強してました。

たぶん毎日新潟の進学校まで通ってるんですね。
偉い・・・
P9020287
改札外に出て朝食でも、と思いきや。。。

なーんにもない。
なーんにもない。

一時間後の弥彦行電車までボーッと駅で待つ。
これもローカル線の旅のいいところ。

P9020290
暑くなってきたので電車の中で出発を待つことに。
P9020289
車窓は一面の米・米・米・
こしひかり かな。
米どころ 新潟!って感じでした。

ところどころ、既に稲刈りもしてました。
今夜のご飯が楽しみだ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よっしゃ!よっしゃ!で新潟旅行 1

夜遅く大阪駅のホームに立つと、向かい側のホームに寝台が滑り込む。
いいなぁ、どっか行きたいなぁ・・・ 
乗り込む人を羨望のまなざしで見つめる。

じゃあ、この夏休みは羨望のまなざしで見つめてもらおう!
ということで乗ってきました、寝台急行。

「日本海」か「きたぐに」か悩んだんですが、とりあえず近いほうにして

「ぽんしゅ館で500円5銘柄の試飲できるみたいやけど行く?」
この一言で旅の連れ合いもゲットし。

いざ!寝台へ!
P9010275
家で保冷バックに飲み物と朝食のサンドイッチを詰めて乗り込む。
車内販売はおろか自販機もついてないからね。

京都駅0:03発 寝台急行きたぐに
電車なので牽引車よりは寝心地はいいけど、それでも揺れます。

車内の様子はこちらをどうぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%90%E3%81%AB_(%E5%88%97%E8%BB%8A)

P9020276
00:00 京都駅に到着。
佐渡おけさのマーク撮れず。

00:03発
電車なので牽引車よりは寝心地はいいけど、
それでも揺れます。当然ですが。


P9020278
電車がとまるたび何処か気になってカーテン開けて確認。
たまにホームにいる人と目が合って焦る。

福井・金沢と意外と乗り降りが多いことに驚く。
大阪発の最終電車としての利用も多いらしい。

そういえば金沢で飲んでいて乗り過ごし
きたぐにで富山まで帰ったという話も聞いたことアリ。

P9020279
外には輝く半月。
寝そべりながら車窓を見るっていいねぇ。
寝台車ならではの贅沢。

結局電車がとまるたびに目が覚めて
金沢では長いこと止まってたな。

途中駅で旅の連れと合流予定。
が、しかし早朝なので、あとでゆっくりお互いの所在を
確認することにして。

そして気づいたら糸魚川あたり。
朝日がキレイ。
P9020281
景色も堪能すべく持ってきた朝食をグリーン車に移動して食べる。
グリーン車もがらがら。

そういえば寝台Aも私入れて三人ほどしか乗ってなかった。うち二人は登山の格好してて、糸魚川付近ではもう降車してた。どこの山へ登りにいったんでしょうかね。黒部かな。

直江津から車内放送が開始される。
乗り換えの東三条まであと少し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2010

たぶん

たぶん
宿から見える一面の魚沼産コシヒカリ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今から

今から
酒処に向けて出発〜

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 01, 2010

今夜から

ちょっくら旅だってきます。

探さないでね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »