« 宮崎霧島の旅 5 | Main | 宮崎霧島の旅 7 »

March 24, 2010

宮崎霧島の旅 6

霧島温泉駅は神宮と名前がついているだけあって、なかなかの門構えの駅。
そこでカメラを撮ってると、駅で客待ちしていたタクシーの運転手さんか降りてきて「撮ってあげましょうか」
P3210145
親切そうな運転手さんだったので、ついでに聞いてみる。
「古宮跡に行ってから霧島神宮で降ろして欲しいんですが」
「一時間くらいで5,6千円かな」

ということでタクシーに乗り込む。
バスなんかないのよ。
(ホントは古宮跡行きのバスもあるけど一日一往復のみ)

「古宮跡のほうが御利益があるとかパワースポットだとか言って、みなさん来られますね。私ら地元のもんは最近まで来たことなかったけど。みなさんよう知ってて、たまに外人さんも登山に来てます」

「霧島神宮はいつ行っても必ず観光客がいて、途絶えることがないです。こんな寒い日雨の日にわざわざこなくっても、って思うんだけど」

意外におしゃべりな運転手さん。
そうこうしているうちに、古宮跡に到着。(古宮跡 気になる人は自分で調べてね)

なんかすげー
降りた瞬間、雰囲気が違う。空気も違う。
想像以上に凛とした雰囲気。
P3210146

ここからはいって、途中90度曲がっていくと、社殿跡があります。
写真だけだと、いいお天気みたいですが。

なんと風でマフラーが真横になってます↓
P3210151
それほど風が凄くて寒かったのよ。

でもそんな寒空の中、みなさん「天の逆鉾」(「天の逆鉾」気になる人は自分で調べてね。坂本龍馬も関係してるよ!)を目指してしっかり登山の格好で山に登って行かれました。観光気分な服装は私たちくらい。

5月になるとミヤマキリシマが山一面に咲き、とてもキレイなんだそう。もちろん人も凄いそうですが。私たちが行ったときは枯れ山で何もなし。

P3210148
ホントに不思議な空間にある宮跡でした。人が作った建物がないからよけいにそう感じるのかも。ちょっと交通費が高かったけど来てヨカッタ。そうそう来られるところでもないしね。

ちなみに、この鳥居の下横棒はあとでコンクリートで付け足されたようですが、それ以外の部分と上の階段は当時のままなんだそうです。

古宮跡を見学したあとは霧島神宮さんへ。
「五千円になったからここで切っとくね」と途中でメーターを止めてくれた。ありがとー「せっかく霧島きてくれたんだからいい思い出たくさん持って帰って貰わないと」

いい運転手さんでした。

P3210154
古宮跡とはうってかわって凄い人。
うーん・・・ 人で酔いそう(^o^;)

P3210155
ちょうどお昼時分、ご神木の真後ろに太陽がありました。
かなりデカイご神木。
P3210156
しだれ桜も咲き始めて、春本番の鹿児島。
でも宮崎よりは寒い。

おみくじをひいてみると
「大吉」
やったね~


P3210159

霧島神宮を後にしました。あ、さざれ石 見るの忘れた(--;)

|

« 宮崎霧島の旅 5 | Main | 宮崎霧島の旅 7 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/47899471

Listed below are links to weblogs that reference 宮崎霧島の旅 6:

« 宮崎霧島の旅 5 | Main | 宮崎霧島の旅 7 »