« バンクーバー | Main | 内面比 »

February 20, 2010

宇和海

「宇和海」は愛媛と大分の間にある海の名前。
昨日まで知りませんでした。

何故知ったかというと。
「お魚食べに行きましょう」というお誘いを受け喜んで出かけたところ、「宇和海」のお魚料理のお店だったからです。
100219_1921301

でん!と盛られたお刺身。これ4人前なんですよ。びっくり。
海老は「うちわ」海老。まだピクピク動いてました!

それを「あ、また動いた~」とつつく私たち。。。
食べ終わった後は味噌汁にしてもらえます。

あとは「マアジ」と「ひらめ」と「鯛」。ひらめ、「お刺身」でこのサイズってことはかなりデカイんじゃないかな。

出された刺身醤油はやはり宇和海あたりで作られているお醤油ということでしたが、これが「甘い!」お醤油。新鮮なお魚がとれるところのお醤油は「甘い」んです。これは富山の友人から教わりました。


100219_2009441

「くじ」の煮付け。
私、ぐじって今までどちらかというと嫌いな魚だったんですが、コレは違う!口に入れた瞬間「ほろほろ」と口の中でほどけたあと、淡い旨みがじんわり残る。かなり新鮮なんでしょう、「ぐじ」ってこういうお魚だったのねっ!と感動してしまいました。

また味付けがやさしいんですよ。ここのお店。

100219_211714

さんざん食べたのにまだ食べるのか?と最後に頂いたのが「六宝」という郷土料理。卵かけご飯にお刺身をのせたもの。
これがまたやさしいお味で・・・「お腹一杯~」といいつつ全部たべてしまいました。

南森町の藝夢 (宇和海料理)さん
宇和海から直送されたお魚のみでお料理されているそうです。
いいところ教えて頂きました。ありがとーTさん、Sさん。
http://www.just.st/?in=302323

このあと、ご近所Sさん宅に寄らせて頂いて、デザートとコーヒーを頂きました。デザートは木耳のジンジャーシロップ煮とマンゴーのシロップ、アイス添え。木耳をデザートにするなんて、さすが、まるでフードコーディネーターみたい、って言われていたSさんはフードコーディネーターさんです。

こうやって楽しい夜は更けていきました。

さて今日もお仕事。確定申告時期ですからね!

|

« バンクーバー | Main | 内面比 »

Comments

そう・・・
九州の醤油は甘いんです!!

私も子どもの頃は慣れなかったけど、今は「うまい」にかわりました!!

Posted by: りなっくまかーちゃん | February 20, 2010 at 11:41 PM

>りなっくまかーちゃんさん
私もコチラの塩辛い醤油に慣れていたので、最初は違和感ありましたが、今は新鮮なお魚にはコレよね、って思います。

大阪はなかなか新鮮なお魚が食べられないので、こちらお勧めです!
一度ご一緒いかが?

Posted by: 山の猫 | February 21, 2010 at 10:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/47613869

Listed below are links to weblogs that reference 宇和海:

« バンクーバー | Main | 内面比 »