« またまた八重山 6/25 | Main | 旅行記の »

July 02, 2008

またまた八重山 6/25 その2

P6250143 昼食は青空食堂。

まさに青空の下テント張りの店。

 

さとうきび畑を渡る風音を聞きながらの昼食。ん~まったり。

P6250144 野菜そば すげーてんこ盛り。

P6250145 タコライス ご飯二膳以上ありそう。

一人旅の女性4人で話してたら、会話が弾む弾む。

さんざんしゃべって、時計みたら

「あれ?まだ10分しか経ってないよ!」。

一時間くらい経ってるかと思ったのに・・・

どうもここ波照間は一日30時間ある気がする。

その証拠に

「今日さっき最先端に行ったらね」「最南端やろ?」

「タコライスのキャベツ美味しい」「レタスやろ?」

どんどん思考回路やられる人続出。

アカハチさんの碑P6250146

宿で一時間ほど昼寝してから、夕方より出陣。

P6250152 泡盛アイス売り切れのため、黒糖アイス。

P6250154 けだもと荘さんの夕食。

真ん中右端のデザートのポーポー 絶品でした。

お母さんの手作りハンバーグも絶品。ひじきとゴーヤ入りなんだとか。

P6250155  沖縄の甘めの白みそでの豚汁。出汁濃くってかなり旨い。

ここではちゃんと一品一品のお料理の説明もしてくださるの。女性には嬉しいね。

 

P6250156

あれ?この宿でも泡波出るんだ。

ココで飲むと水みたいでするする入る。

やっぱり酒はその地で味わうのが一番美味しい。

といっても下戸なので舐めるだけだけど(^^;)

 

食事のあと宿の人が夕日をみに連れてって下さいました。

P6250157 

P6250159

夕日とやどかり(手は「なおちゃん」)

 

ここ「けだもと荘」さんの一人個室はとこんなに感じ。クーラーはコイン式。

窓のない部屋ですが、入口にカーテンがあるので、閉塞感ありません。

どうせ寝るまでは外でしゃべってるし、これで充分。

向かいの部屋は、新しくきたお客さん用のお迎え部屋なので、軽くクーラーがかかってて、そのおかげで扇風機で過ごせます。

扇風機あるのがうれしい。

P6260173_2

 

夜の町並み。

なんにもなくて風の音しかせず、「キジムナー」出てきそP6250162う。

波照間最後の夜でした。

|

« またまた八重山 6/25 | Main | 旅行記の »

Comments

この日曜日、国際通りの公設市場に行ったら、やはりあった、泡波。3合瓶が他の安い泡盛と抱き合わせ商法(ずるいぞ)で8000円以上で売ってました。
波照間島では、泊まり客にはサービスで飲み放題やのにねhappy01
しかも飲んだら普通の(あるいは並以下の)シマーやのに。

Posted by: かんころ | July 02, 2008 at 05:46 PM

>他の安い泡盛と抱き合わせ商法(ずるいぞ)で8000円以上で売ってました
おぉ、高い!!


そう泡波って実際「美味しい酒」ではないと下戸の私も思います。
波照間で飲むから価値がある。
といいつつ現地でミニチュア4本購入してしもた(^^;)

Posted by: 山の猫 | July 02, 2008 at 08:22 PM

けだもと荘のお料理、美味しそうですね。特に豚汁。これだけでご飯何杯でもいけそう。
料理の説明してもらえるのん、嫁さん喜びそうですわ。
ホントにお部屋奇麗になってますね。

Posted by: NonoPapa | July 03, 2008 at 01:23 AM

そのミニチュア瓶、島外では1000円!に跳ね上がります。売れば丸儲けですhappy01

Posted by: かんころ | July 03, 2008 at 07:25 AM

>nonopapaさん
豚汁美味しかったですよ。私は食事の時に甘いおかずはダメな人なんですが、これは美味しいと思いました。
実際に「豚汁」おかわりしている人何人かいました。

昨年のリニューアルでかなり綺麗になったみたいです。
2年前にお父さんが亡くなり、息子さんが跡を継いでいてらっしゃるのですが、ネットとかで自分の宿口コミをみて改善されているみたいです。
居心地いい宿でした♪

Posted by: 山の猫 | July 03, 2008 at 07:41 AM

>かんころさん
1,000円ですか。

4本買ってきたから4,000円。4,000円-350×4= ・・・・ (--;)

Posted by: 山の猫 | July 03, 2008 at 07:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« またまた八重山 6/25 | Main | 旅行記の »