« 大工哲弘先生のライブ | Main | 島根 流れ流され西の端まで 10 »

May 05, 2008

島根 流れ流され西の端まで 9

石見銀山をあとにして、今夜の宿のある温泉津(ゆのつ)温泉へ。

P4250643 こちら今夜の宿「長命館」の全景。

木造三階建で築90年はたつという代物。

部屋は三階のLになっている角よこのとこ(雨戸がないほう)でした。

微妙に傾いてますな。

友達から宿どこにする?ってメールがきて、「うーん、普通に「ますや」さんあたりかと思うけど、なぜかこの長命館も非常に気になる」と返事したら

「実はワタシもここ気になっててん!」ということで、なぜか二人意見が一致してここになりました。

さて、結果はいかに?

宿の駐車場は徒歩5分くらいのとこにあるので不便ですが、まぁ今回は不便も楽しみましょう。

P4250651 宿入り口。

ふっる~い

P4250652 宿の階段。

目が回る(><) この階段を荷物持ってあがるのは一苦労。

P4250653 廊下の風景。

当時は豪華な宿だったことが偲ばれます。

この宿は内風呂がありません。斜め向かいの公衆浴場「元湯」さんにわざわざ行きます。そして風呂代は別に徴収される仕組み。一回250円だったかな。

ただし、石けんとかシャンプー、手ぬぐい類は宿で貸し出してくれます。どうせなら無料にすればいいのに、って思っちゃうんやどね。

こんな古い宿ですが、不思議と「嫌」な感じはせず、夜中にも普通にトイレに行けました。

 

|

« 大工哲弘先生のライブ | Main | 島根 流れ流され西の端まで 10 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大工哲弘先生のライブ | Main | 島根 流れ流され西の端まで 10 »