« 島根 流れ流され西の端まで 12 | Main | ふーん »

May 08, 2008

サービス業って難しい

「食べ残し」ではなく、「残された「お料理」」といって欲しい と報道陣に注文をつけたらしい。

船場吉兆の女将さん。

日本語って色々な言い方があって、それはそれで情緒があって美しいと思うけど、そういう問題ではないやろっ!

もったいない というのは非常にわかるけど、それは家庭内でして欲しいです。

企業に限らず、人は後ろめたいことを「こそこそ」していると、いつかは足元救われるということです。

  

話変わって、昨日ソフトバンクのショップに行ってきました。

2年間使う契約の携帯で、一年たつと無料で電池交換してもらえるという安心パックの内容を聞きに。

「そろそろ一年たつのですが、電池が無料でいただけると聞いたのですが・・・」と聞くと

店のお姉さんは爽やかに

「157かネットでお申し込み出来ます」 ときっぱり

・・・・

そうじゃなく、客が来店までして聞いてきたら

「157かネットで申し込み出来ますが、こちらでお聞きいたしましょうか?」

でしょうが。わざわざ店に客が訪ねてきているんだからっ!

 

と言うと、若い子には単なるやかましい「大阪のおばちゃん」で片付けられるのは目に見えているので、「あっそう」と言ってその場を去りました。

 

で、さきほど「157」に電話したら

「お客さんの申し込み日はH19/5/19でしたので、20日以降申し込みして頂きますと、電池パックを送付させていただきます」

「担当は○×でした。」と爽やかに終了

・・・

あのさ、あと10日ほどなんやから

「では、20日に送付させていただく手続きをさせていただきます」

となんでやれん!?

どんどんぼやき漫才、人生行路みたいになってきたのでこの辺で・・・

|

« 島根 流れ流され西の端まで 12 | Main | ふーん »

Comments

女将の話は確かに「奇弁」ですね。そもそも、出された時点でその料理は「課金」されたも同然ですから、引き下げて次の客に出したら「二重課金」でしょ。それって「窃盗」と同じ事じゃないですか?
これからみんな食べ残しは「歯形つけましょう」OR「ズタズタに引き裂きましょう」confident
で、どおでしょうhappy01
それと、若い人のしゃべり方。確かにカチンと来るときありますね。クルマの販売店の若い男の子で「んーんー」とあいづち打つので「客に対してんーんーとは失礼でしょ。ハイと言いなさい」と言ってやりしましたよ。そしたら、びくっとして、しばらくは治りましたが・・・・翌日は元に戻ってましたhappy02

Posted by: かんころ | May 09, 2008 at 08:11 AM

ソフトバンクって。
電話回線のyahooもだけど。
超サービス悪いんだよね!!

携帯はソフトバンク安いからつかってますが
yahooの回線は安くても解約!!
(*`ε´*)ノ_彡☆

わかるわ~、その苛立ち・・・・・。
がんばりましょうね!!

Posted by: Cherokee | May 09, 2008 at 09:41 AM

>かんころさん
>翌日は元に戻ってました
いつか、痛い目にあってようやく直るもんなんでしょう。


>Cherokee
>超サービス悪いんだよね!!
文句言っても結局一緒。
他人の振り見てわが振り直せ。。。です。

Posted by: 山の猫 | May 09, 2008 at 03:46 PM

いや~わかるっ
ほんまむかつくことしきり

あまり関係ないかもしれないが
先日某S将に行ったうちの父がひとこと
「あの厨房のわかいねえちゃんの声どうにかしてくれ」
ん?
あ~あ~
N原K子みたいな声でS将で
「いらっしゃいませえ~」
と言われたら頭が痛くなるとのこと

確かに我が家にはあんな声で
たとえお客様に対してでも喋るやつは
いないので
かなり違和感ありありらしい
若い子ばっかりのスナックもいらいらするとか
言って行かないし

変な言葉づかいと変な声
あれ、美意識疑ってしまうのはうちだけ?

Posted by: KJY | May 10, 2008 at 07:25 AM

>kjeyさん
>変な言葉づかいと変な声
>あれ、美意識疑ってしまうのはうちだけ?
たぶんどうにもなりません。

あれがどんどんスタンダードな世の中になっていくのでしょう。。。
なぜなら常に世の中は若い人が担っていく、世代交代するものだから。

はぁ・・・(ため息)

Posted by: 山の猫 | May 10, 2008 at 11:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 島根 流れ流され西の端まで 12 | Main | ふーん »