« 見切発車? | Main | 台風一号 »

April 19, 2008

それってメタボ!? 旅行編

私のウェイトコントロール記を綴っていこうと思ってます。

ちなみに体重ですが、半年前 60.7kg → 現在52.4kgです。

カテゴリーは「健康」にしています。とりあえず一日一回の更新を予定。最終回は未定(^^;)

よければ引き続きコチラをご覧ください。

http://tanukisan-1205.way-nifty.com/yamanoneko/cat20191156/index.html

 

ウェイトコントロールをし始めて三月くらい経った頃から、

「あれ?もうお腹一杯だ!?」

って思うようになりました。

どうも、この頃から自分にとって適正な量というのが体でわかるようになったみたいです。

三ヶ月たった頃の体重は

 60.7kg→54kg

単純には、月2kgペースですが実際は三ヶ月めから「あらあらあら」という感じで減ってきました。

それまでは、だいたい「60.7kg→57kg」あたりで止まっていました。

 

何事も「継続は力なり」です。

 

ところで、旅行に行くと楽しみは「食事」。現地の郷土料理と温泉ははずせないですよね!

ここはウェイトコントロール中でも大いに楽しみましょう。

ナゼなら、旅行は日頃の憂さ晴らし、ストレスを発散するために行くもの。当然、ウェイトコントロールでのストレスも溜まっているはず。

 

旅行まできて「ダイエット中なので・・・」というのは悲しすぎます。

 

とは言ってもやはりポイントは気を付けたいものです。

そこで、私が心がけているのは

「食事は残すこと!!」 

前食事を残すことは「犯罪?」ってくらい厳しく教わった世代ですが、ここは健康のため、犯罪?を堪え忍びましょう。

現地行くまでに誘惑もおおいですが、ここはガマン。車中の「おかし」もおせんべい一枚あめ1つ程度にしておきましょう。

お昼の駅弁は「魚介中心」のものを。駅弁のご飯はたいてい多いので、1/4程度は残すといいでしょう。

 

観光地では「ソフトクリーム」だの「たこ焼き」だの、興味をそそられるものが一杯。でもココはガマン。お茶かコーヒー、カロリーのない飲み物だけにしておきましょう。

ここで何時でも食べられるソフトアイスなんかでカロリーをとるか、宿の豪華な食事をとるかはもちろん自由ですけど。

 

宿についたら温泉は楽しみましょう。温泉は新陳代謝をよくするため入浴するだけで体重が減ります。いい温泉ほど効果がある気がします。

のぼせない程度に利用すべし。

 

そしていよいよ、宿の食事。

一皿一皿ずつ出てくるので、その都度何かを残しましょう。

宿の料理は「足らない」と思われないように、かなり多めに出てくるのが普通です。残してあたり前の量が出てきます。宿側もそこは承知のはず。

なので気になるようでしたら

「お料理は最後まで全部味わいたいので、ここで残してごめんなさいね」

とでも言えば嫌な顔はされないと思います。

揚げ物が出たら衣をむいて中だけ食べるか、一口たべて残す。

 P3300413 

それでも、食事が終わったらかなりお腹一杯、体重は増えてますが、ここは体の「もとに戻る力」を利用、旅が終わったら野菜生活しましょう。

そうそう、土産物屋での試食は控えて。試食は「買おうかどうか悩んでいる」ものの最終決断にとっておきましょう。

 

|

« 見切発車? | Main | 台風一号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 見切発車? | Main | 台風一号 »