« 竹富島のリゾート開発 | Main | »

January 06, 2008

西と東を行き来してます

2夜連続「のだめ」を真剣に見過ぎて、その興奮のまま2夜寝付かれなかった山の猫です(^^;)

個人的には1夜目のコンクールの話がよかったですね~自分が試験の舞台たつ時みたいにドキドキして見てましたよ。そんな感覚、学生の時以降、そんなシチュエーションは全くないからかなり気持ちは新鮮でしたけど。

指揮者コンクールで間違い探しってあるんですね~って感心して見てたら、小澤征爾さんの「ボクの音楽武者修行」にもブザンソン国際指揮者コンクールの体験にも書いてあるそうです。すんごい昔読んだはずなんだけど、そんなことはすっかり忘れてました。

間違った音を演奏するオケの人も大変だな。

間違い探し課題のないコンクールもあるみたいです。佐渡さんの著書も読んでみるか。

 

てなわけで、すっかり頭の中はクラシック一色、ずーっとチャイコのバイオリン協奏曲が頭の中に鳴ってて、こんなんで三線の教室行けるかな?と思ってたら、教室はいったとたん皆さんの音で民謡モードになりました。めでたしめでたし。

(教室でた途端、また協奏曲が鳴りはじめましたけど)

 

クラシックでは「楽譜に忠実に、まずは楽譜通りに」と求められますが、三線ではどうもそうではなく「まずは師匠の音に忠実に」と言われます。

これはたぶん楽譜の精度によるのでしょう。三線は原稿用紙一マスに一文字or二文字の勘所(押さえる場所の漢字)のみ、そのよこに唄の歌詞がついている程度。四分音符と八分音符の区別は出来ても、それが付点なのかどうか、また尺が実は半音上なのかどうか、唄は三線と一緒に発声していいのかどうか。。。かなり微妙。

(もちろんクラシックでも作曲者、編集者によってきっちりマメに細かく書き記す人もいれば、あとはよろしくーって感じで最低限、そこそこにしか書かない人もいるし、トリルなんてどれやねん、どこまでやねん、と思うのもあるし、サティのようにわかるようなわかんないような演奏指示している人もありますが)

ただどちらも、上手になってくると今度は楽譜(師匠)からだんだんと離れて行きます。いわゆる個人の個性を出すというヤツですね。

その昔、日本人は楽譜から音楽を紡ぎ出すことが苦手なので、本当は完成してからプロの演奏を聴いたほうがいいのだが、日本人に限っては課題曲のCDをレッスンより先に聴いてもらう、と言ってた有名なアチラの指導者がいました。

昔の話なので今は違うかもしれませんが、もしかしてやはり民謡の精神が生きているのかしら、なーんて思ったりもして、ここしばらく、私の頭の中の音楽は西洋と東洋を行き来することになりそうです。

今月末は三線昇級試験です。そろそろ試験の曲を決めないと。はぁ。。。久々、舞台での緊張が味わえそうです。

p.s

あはは、プロの方も見てたんだ(^o^)

http://www.yuri-muusikko.com/menu4/00080.htm

|

« 竹富島のリゾート開発 | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 竹富島のリゾート開発 | Main | »