« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

January 31, 2008

きっぱん

本棚から古い本をぱらぱらと。

向田邦子さんのエッセイ「女の人差し指」の後ろのほうに、沖縄の宮廷料理の話があるのを発見。

どうやらお父様が仕事でたびたび沖縄出張をされていたらしく、そのたびに土産があり、また家族でお父様行きつけの宮廷料理の店に行くこともあったそう。

 

メニューには「豆腐よう」「らふてー」みみがー」や、先日はじめて頂いたことのある「ミヌダル」の記述もあり。

昔この本を読んだはずなんですが、その頃は沖縄中毒になっていなかったので、さっと読み飛ばしたんだろうと思います。だって全く記憶になかったもん。

 

その中で、そのエッセイを書かれた頃にも既に市場にはなかった「きっぱん」というお菓子。

柑橘系の皮を砂糖で煮詰めて細切りにしたものが餡になったお饅頭らしいのですが、向田さんが子供の頃、父親の沖縄出張のお土産がこれだったとかで、大人になって沖縄に行く友人に頼んでも「そのようなお菓子はなかった」という答えしか返ってこなかったとか。

ぜひ食べてみたいっす。

とりあえず明日の夜は沖縄料理♪

p.s

 どうやら那覇に一軒だけ作っているお店があるみたいです。量産できないので予約して取りに行く形になるらしい。。。かなり貴重なお菓子のようです。

http://www.churashima.net/shima/special/uchina_mun/okinawa/kippan.html

| | Comments (0)

January 30, 2008

朝も夕方も。。。

朝JR、新快速が遅れていておかげでいつも乗る快速がギューギュー詰め。

途中で急病人が出たとかなんとか。遅れるのは仕方ないとして、遅れたら途中の駅から増発せんかいっ!と怒ってたら、なんと帰りも新今宮で人身事故とかで30分も電車動かず。

ホンマ、JR事故多すぎです。どないなってるんかいな。。。

 

家についてTVつけたら、話題は「中国製の毒入り餃子」。怖すぎです。

加工食品は何がはいっているのかわからないんで、もともとは信じていないんですけど毒だけはねぇ。。。

加工食品を摂らないのはいいに決まっているけど、今時「加工食品は一切買いません」ってのは無理だろうし。

http://newsflash.nifty.com/news/tk/tk__kyodo_2008013001000674.htm?ref=rss

大丈夫なんか、オリンピック?

| | Comments (3)

January 29, 2008

「繁盛道場」

昨日、なにげなくTVつけたら「カンブリア宮殿」をしてまして、なんだか今回のはちょっと興味のある社長さんだったな、ということでいつもなら買わないんですが、さっそく著書を購入してみました。

「繁盛道場」中島 武 日本経済新聞出版社

そういえば、カンブリア宮殿のスポンサーが日本経済新聞でしたな。

著者のブログはコチラのようです↓

http://www.restaurants-news.com/nakajima/

内容は飲食店の経営をどうしたら成功できるか、ということなんですが、結局のところ「商売は人」ということが書いてある本です。

飲食店でなくても「あ!」と思えるところは多々あり。

ナゼ、八重山のディープな民宿にひかれるのかもこの本から考察できます。

ホスピテリティとかサービス・快適性など求めるのなら、リゾートホテルのほうが数段上のはずなんですけと、そうでなく、わざわざ(宿によっちゃそんな綺麗じゃない?)あの人のいる宿へ行くところ、ここがポイントみたいです。

さて、いつ行こうかなぁ。。。 

| | Comments (0)

繁盛道場

昨日、なにげなくTVつけたら「カンブリア宮殿」をしてまして、なんだか今回のはちょっと興味のある社長さんだったな、ということでいつもなら買わないんですが、さっそく著書を購入してみました。

「繁盛道場」中島 武 日本経済新聞出版社

そういえば、カンブリア宮殿のスポンサーが日本経済新聞でしたな。

著者のブログはコチラのようです↓

http://www.restaurants-news.com/nakajima/2007/10/1018_4142.html

内容は飲食店の経営をどうしたら成功できるか、ということなんですが、結局のところ「商売は人」ということが書いてある本です。

飲食店でなくても「あ!」と思えるところは多々あり。

ナゼ、八重山のディープな民宿にひかれるのかもこの本から考察できます。

ホスピテリティとかサービス・快適性など求めるのなら、リゾートホテルのほうが数段上のはずなんですけと、そうでなく、わざわざ(宿によっちゃそんな綺麗じゃない?)あの人のいる宿へ行くところ、ここがポイントみたいです。

さて、いつ行こうかなぁ。。。 

| | Comments (0)

なにが正しい?

かのグスタフマ−ラ−は、パーティーなんかで若い人たちと議論するのが大好きだったそう
そしてある日、議論のあと知人に言ったそう

若い人の意見は正しい 何故なら次の世代を担うのは若い人達だからだ

なんとなく大阪府知事選見てて思い出したまでです 他意はなし

| | Comments (1)

January 27, 2008

かじゃでい風節

お陰様で、大阪三線クラブでの初級→中級の昇級試験も無事終了し、中級クラスにいくことになりました。

別にコンクールでもなく、落とすための試験じゃなく、次のクラスでやっていけるか?というのを見るための試験らしいのですが、それはそれなりに緊張。。。人前で弾いて唄うなんざ・・・ねぇ。

審査の方々は聴きながら何かしら書いてはるし(><)

 

とりあえず終わったので、また中級では精進したいと思います。リーダーの話だと、中級からはもっと厳しくなるとか。。。ついていけるかなぁ。

かじゃでい風節 まださっぱりわからん。三線の日までには唄いたいですね (--;)

| | Comments (5)

新年会でふぐ

昨夜は親しい人たちとでの新年会。

今回も恒例の「ふぐ」です。ふぐって西日本では食べるけど、他の地域ではあまり食べないみたいですね。

実際富山の友人は「こちらくるまで食べたことなかった」と言ってます。まぁ、富山ならふぐ以外にも美味しい魚いっぱいあるしねぇ。「のどぐろ」や「げんげ」ってのもワタシは富山行って初めて知ったし。

P1260001 はずはてっさ。別に「これっ」という魚の味ってあまりしないんですけど、なぜか美味ですよねぇ。。。

しかも気の置けない人たちとの宴会なのでますます会話も食も進む♪

P1260002 煮こごりと湯引きです。

けっこう湯引きがてんこ盛りにはいっててお得感満載。

P1260003 からあげっす。骨はいっぱいやけど、そこをしゃぶるのがまた「まいう~」

あと写真ないですけど白子の塩焼きもかなり「まいう~」な一品でした。

(注 写真 ビール右横にこっそり写っている茶色の包み紙は「粉末 うこんの力」飲んだ後。2夜連ちゃんなので必要だったらしい)

P1260004そしてお鍋です。

いろんな人に食材持ち上げ依頼してます。

このあと、雑炊までしましたけと、ホンマに河豚はどれをとっても美味しいの一言。

そこでオカンの今日の名言

「河豚も人間も毒のあるほうが味があるっちゅーこっちゃ」

「その心は・・・どちらも取扱が大変」

おあとがよろしいようで。

 

オマケ写真は二次会ではいったバールの一品「豆腐とアボガドとわさび醤油のジュレ」

P1260007

| | Comments (2)

January 26, 2008

リゾート開発計画

http://www.y-mainichi.co.jp/news/10303/

竹富のリゾート開発計画。どうなるのか・・・関係ないと言われればそれまでですが気になります。

場所は集落を抜けてアイヤル浜に行くまでのところに出来るみたいです。

平屋といっても50棟も建つとかなり雰囲気かわるんやろなぁ。。。ようはヴィラ竹富みたいな建物が50出来るってことでしょ?

夜の集落のまったり感もかわるだろうなぁ。あのまったり感が好きなんだけど。

 

明日は大阪府知事選挙です。知名度で橋下さん優勢なんでしょうか。。。

昨日たまたま熊谷さんの事務所前を通ったら「真っ青」な塗装と旗で一瞬ホンマに目の前が真っ青になりました。強烈な青ですな。

| | Comments (3)

January 25, 2008

駅弁大会

寒波きてますね。寒いです。朝はうっすら白い景色で「うっすら雪景色やった」と言ったら大阪の人にめちゃ驚かれました。

そうなんです、うちは田舎で寒いんですよーだ。 

で、23日からやってる、阪神百貨店の駅弁大会。

本日は朝にお客さんとこ行ったので、帰りに行ってみました。

B1エレベータにはなんと列が出来てました。でも会場は北海道物産展よりかは少ないような?

Image084 あぁ、蛍光灯で光ってしまってます。

今回はこれを買ってみました。

ナゼなら、実は先週やったかな、TVでやってたんで。

Image085 携帯なんで写真いまいちですが、「およぎ牛」さんのお肉とそぼろが乗ってます♪

感想は・・・お肉は美味しかったんですが、お米がナゼか固まってました。たぶん会場まで運ぶのに(時間を持たせるために)冷蔵庫に入れてたんとちがうかなぁ、米はそんな固さ。

これで米が美味しかったら、めちゃくちゃ旨いんやろなぁ、とは想像に難くなく、きっと現地の駅で買ったら美味しいはず?

ということで、駅弁大会ではやはり「実演」ものがいいようです。昨年「ふくめし」を食べたときはそこまで感じなかったけど。

今回の寒波で輸送中に冷えすぎてしまったのか!?

 

今回はちょっと1個1,200円はなぁ、という感じでした。米沢の「どまんなか」か「飛騨牛すし弁当」にすればよかったかしら。。。

Image086 ずんだ餅 も売ってたので購入。

こちらは冷凍されていて、室温で3時間ほど解凍しました。

ずんだがみずみずしくて期待大♪

Image087

ずんだ(枝豆の餡)が甘いけど微妙な塩加減でかんなり旨い♪餅はちょっと堅めですが、ワタシは堅めが好きなので問題なし。

こっちは納得のお味、4個入りパック420円でした。

| | Comments (0)

朝からブルー

朝、通勤電車の中で携帯を見ると

「いつまで一生懸命働くのですか。一生懸命働けば働くほど格差はひらくばかり (略)」

 

よく来るスパムメールなんですが、いつもは「逆縁」とか「指名されました」みたいなヤツばっかりで、最近は「あ、またか」と思うだけになってしまっているのですが、こういう変化球でしかも「今から通勤電車で仕事」という時に見ると。。。アサカラ ブルー ハイリマス (--;)

もちろん削除しましたけど。。。「ほっといてくれっ!!」

| | Comments (0)

January 24, 2008

一人旅

今日は京阪神でも白いものがちらちらと降っています。

昼から研修だったのですが、研修の帰り道寒くて寒くて、あまりに寒かったので道途中にあるスタバによってホットラテを購入して飲みながら電車待ってました。

明日は積もるんでしょうか。。。

お客さん先での話ですが、その日体調が悪かったので会社を休んで病院に行き、その帰りに雪道でスリップ、亡くなってしまった方がおられました。慣れない雪道は怖いです。

 

ところでふと思い出したんですが、よく考えたら一人旅の最初は4年前の八重山ではなくてフランスでした。

といっても一人でフランスに行って帰ってきたのではなく、友達数人と飛行機とホテルのみが付いたツアーに参加し、中の自由行動の2日間に一泊のみ一人で行きました。それこそ「ん十年」前の話。まだユーロでなくフランの時代。

場所はルルド。フランスの田舎ですが奇跡で超有名な場所です。さっきまですっかりそんなことは忘れてました(^^;)

当時は各家庭にパソコンなんてなかった時代、情報はもっぱら「地球の歩き方」の本。

 

たまたま当時visaカードが海外空港券とホテルの代理予約サービスを始めたということを知って、さっそく利用。パリ~ルルドの往復航空券と一泊ホテルを手配して、スーツケースの荷物はパリのホテルにおいて、一泊分だけ持ってルルドに行きました。

 

行ったのは12月だったので巡礼の人も少なく、のんびりと教会と洞窟を見た記憶があります。あとベルナデッタの実家も見たはずなんだけど・・・そこはナゼか記憶なし。

なぜ急に思い出したか、というと最近フランス語を再開して 

「あれ?そういえば、昔「ここから何分あるいたら市場はありますか」って現地で聞いてたよな。

すっかり今じゃ言えません(><)

それだけの話なんですが、また行きたいな。。。 

| | Comments (0)

January 23, 2008

いちおう

毎日いまのところ続けてます、聞くだけフランス語。

今日聞こえてきたフレーズは

「ジュ ブードレ グテ ユヌ スペシャリテ ドゥ ラレジョン」 「ワタシはこの地方の名物料理が食べたい」

なんかこないだから食べ物関係のフレーズしか聞こえて来ないんですけど。。。(CDには買い物とか観光・チェックインなんかの場面もふんだんにあるんですが)

「ブードレ」は旅行行ったらかなり使いそうですね。「~したい」という動詞です

| | Comments (2)

うーん(--;)

今日、親宛に△○署から封筒がきてました。(普通それだけで「何がきたんや!」ってびびるんですけど)

中身はチラシ一枚。(正しくは2枚。いつもは来ない確定申告会場の案内地図がはいってた。○子申告の案内チラシだけではさすがに送り辛かったのか?)

書いてあったのは確定申告の○子申告のご案内

  • HPからカンタン
  • 最高×××円の△額控除
  • 添付書類が提出不要
  • 還付金がスピーディー

このチラシの表面だけみた親は「控除してくれるんやったらしようかなぁ・・・」

ちょっと待て!そのチラシの裏に書いてある

  • ○子証明書付きの住民基本台帳カードを取得(費用がかかります)
  • ICカードリーダライタを購入します

あのね、この費用と購入で少なくとも5,000円はかかるのよ。そして、この控除×××円は一回きりなの。つまり、○子申告するための設備費用分程度は控除しましょう、ってことなのよ と説明。

あの~このためにわざわざ送料(コスト)も使って各家庭に宣伝もするんですかいな。これも税金じゃあ。。。?

 

すいません、なんとなく伏せ字にしました。

| | Comments (3)

January 22, 2008

サイレントカー

とりあえず「ものぐさ」なワタシは繰り返しCDを聞く、これだけしています。フランス語。

聞いているのは、①旅行を想定した簡単な文章(ワインをください みたいな)のCDと②NHKフランス語講座。講座のほうは「今週のスキット」だけを集めて延々とリピートで聞いてます。

まぁ、「勉強」というには聞かないよりはマシという程度かもね。動詞「-er」の活用型すら忘れてますケド(^^;)

通勤は片道電車一時間なので、その間延々と聞くわけですが、イヤホンで聞いてると途中で

  • 「次は○△駅です(まぁ、それくらいは必要かも)」
  • 「この電車は内回り~」(ウチ・ソト、どっち乗っても環状線の目的地には着くやろが)
  • 「優先座席では携帯を~(なんど聞かせても切らんやつは切らんぞ)」
  • 「車掌は×○です(聞いてどないすんねん)」
  • 「この電車は湖西線まわりの~(みんな確認して乗ってないんかいな)」
  • 「発車直後揺れることがあります(電車は揺れるもの。急停車前に言ってくれ)」
  • 「電車が遅れたため、大変混雑して申し訳ありません(申し訳ないと思うのならすぐさま代替を走らせたら?)」
  • 「間もなく○×駅です。ドアに手がひきこまれることがあります。ドアから手を離しておまち下さい。小さいお子様をお連れの~(今までからこんなのあったけか?)」

「こらぁ、やっかましぃ!!」と、つっこみだしたらきりがない。

特に大阪環状線の車内放送は音量がでかい気がするのは気のせいかしら。

あとホームでの電車発車時の音(電子音のメロディ)もうるさい。

スイスの電車みたいに「次は○△駅です」だけでいいんちゃうんかいな。レールスターみたいに在来線にもサイレントカーをぜひ作って下さい。

そしてその他にもJRにお願い

  • 「改札前だけでなくホーム登り口(降り口)に電光掲示板を作って欲しい」⑰番線が早いのか⑭番線が早いのかをいつも迷うんで
  • 遅れるのは仕方ないが、遅れたら直ちに「次はどれに乗ったら目的地に一番早いか」「目的地には何分遅れるのか」をしっかりアナウンスして欲しい。

ささやかな小市民の意見は以上です

 

 

| | Comments (6)

January 21, 2008

今年一年は

寒い~

本日、暦では大寒ということですがホンマに寒いですねぇ。昨日も寒かったし。

 

ところで今年もすでに半月以上過ぎたのですが、実は今年は「一年の計」をたてていないのです。昨年・一昨年はブログに書いた気がするのですが。

ということで、今更ながら今年一年は

  • とりあえず三線教室を続ける(なんだか後ろ向きのような?)
  • ユーロが安くなってヨーロッパに旅行できる日がくることを願って、あわよくば三回目のスイスを狙って、ん十年ぶりのフランス語の再開

 

会話CDを聞いてて、最初にきちんと意味がわかって聞こえた文は

「アヴェ ヴ デュ ヴァン」 「ワインをください」

下戸なんだけどナゼ?使うことなんかゼッタイないやん。

ということでいつまで続くやら。。。(おや?仕事は・・・?)

| | Comments (5)

January 20, 2008

新年会

今年は有り難いことに(?)今のところ毎週末に宴会がはいってます。いいことだ~

 

ということで今週末も宴会。今回はM先生宅にて総勢5名の鍋パーティー。

四時に集合しても先生宅へ。

 

と、すんごい広い部屋。ホンマに一人なんかぁ・・・?というみんなの疑問も無視しつつパーティーのはじまり。

今回はM先生がいろいろと用意してくれてました。野菜はM先生ご実家の畑から直送、鴨肉と鰤と鱈と

P1190027_2 牡蠣♪

P1190029 ここで発見。レモン汁にコーレーグースを混ぜたもので頂くとかなり美味です。

ただしコーレーグースの量を間違えるとただ辛いだけです。ご注意。

ナゼか西表島産。

P1190028 その他いろいろ持ち寄ったものもいれると、こんなに豪華な食卓に。

手前のは「みみがー」です。

ごまの葉のきざんだものと混ぜるでポン酢で頂くと、とても美味です。

こんなにある食材を夜と次の朝でほぼ食べ尽くしました。

このあと雑炊したのはいうまでもありません。

 

なに、ほとんど野菜やし。。。メタボは大丈夫。。。か?(--;)

P1190030 やっぱり大丈夫じゃないよなぁ。。。

| | Comments (2)

24節記さん

行ってきました、24節記さんの中にあるレストラン「コンテ」

この日は展示会があるとかで、13時からは団体さんがはいるので、よければ11時くらいに来て頂けたら、ゆっくりお食事できますよ、ということだったので、いそいそと11時すぎにお店へ。

P1190010

途中、パンやピザを焼く窯の前を通ります。

いやがおうにも期待高まる♪

P1190011

P1190026 レストランはこの窯をすぎて奥にある建物の二階です。

レストランのあるP1190012 2階へ。1階はカフェです。

P1190014

お店ではすでに一組はいっておられました。

暖炉を囲む会という催しもあり、この前で音楽会とお食事会も開かれるそう。

P1190015 店内はカントリー調でオシャレな作り。

P1190016 ランチは2,500円のコースをチョイス。

よこわと水菜の前菜。上の茶色いのはゴボウをバルサミコに浸けたもの。

よこわをどけてみると

P1190019

立派にシイタケ!!よこわも新鮮で、シイタケは肉厚ですんごい美味しい。

P1190018 さっきの窯で焼いてたパン。

酵母の関係なのかちょっと酸っぱいのが。。。ワタシは酸っぱいのは苦手なので、これだけ残念だっったかな。

P1190021 モスっていうすずき科の魚。(幻の魚らしい)

すずきほど匂いがなくて、どちらかというと鯛に近いかな。鯛ほど固くない。

塩で焼いてあるんですが、これがまた・・・トゥレヴィア~ンなお味になっている。

P1190022 牛ほほ肉の赤ワイン煮。

ほろほろと崩れ溶けるお肉。

あとで聞くと「いつも、もぐもぐとよく動かしている場所なのに、こんなに柔らかいなんて・・・」と思いつつ食べていたらしい。

そんなこと考えながらよう食べるなぁ。。。

P1190020 外の様子。のどかな景色が広がります。

店の人ともお話したのですが、梅田なんかだとどうしても「ざわざわ」して「こぜわしい」感じがするけど、ここはのんびり時間が過ぎます、とこと。

「この店に勤めるまで上牧なんて来ることなかったんですけど」

確かに最近でこそマンションとか分譲地が出てきたけど、それまではたんぼ以外なーんにもなかったとこですしね。

P1190025デザート、上にのってるのは世界一細いトルコ(?)のパスタを揚げた物。

アイスとの食感が楽しい。

洋梨の赤ワインコンポートおいし~

足らないなという人にはこれにパスタを加えたコースもありました。女性でお昼やったらこれで充分かと。

 

のんびりといい時間が過ごせる場所でした。

| | Comments (0)

January 19, 2008

週末の予定

週末の予定

  1. 先日ブログに書いた24節記でランチを頂く
  2. 夕方より友達んちでお泊まり新年会 激しくだらける予定
  3. そのまま日曜は三線教室へ

ということでちょっくら今から出かけてきます。

| | Comments (0)

January 18, 2008

研修会

本日「平成20年税制改正」の研修。

19年の税制改正もわかってないのに、もう20年分か。。。というか以前のからずーっとわかってないかも(^^;)

まだ与党案の改正大綱なんですが、まぁ、このまま通るんでしょうということでの研修。

今年は昨年みたいに「どひぇーっ」 という目玉はなさそう。しかし来年以降、大きな改正の波が「どどーん」ときそうな話も。

学校でやったことなんてすでに遠くになりにけり。錆びサビの知識。。。

 

ということできになった大綱案なんぞのうち気になったことの列挙

  • 耐用年数の短縮・・・どうやら適用は20年4月1日以後開始事業年度、その日以降にシステムへの耐用年数の入力し直しが必要かも。法人は直すのを忘れていても「償却不足額」でいいけど、個人は・・・?
  • 暫定措置として「地方法人特別税(国税)」の創設と法人事業税の税率改正・・・ソフトがしてくれるかな
  • 人材投資促進税制・研究開発税制の変更あり・・・今は過去に支出した額との比較で今回支出が増えたら、って話だったけど、今回は過去に遡って集計しなくてもいい方法でも計算できるみたいです。これは使えるカモね
  • 相続税の課税訪ソ記は遺産取得課税方式へ変更する方向へ(まだ検討中)・・・事業承継税制制度化に絡めて課税方式が大きく変更される模様。いままで慣れ親しんだ家族単位での計算方法は・・・(><)

ま、がんばるかねぇ。。。

| | Comments (0)

前世と今世

今日の昼休み、いつものとおりTVみながら昼ご飯。

番組では「今時のお犬様事情」ということで、犬のエステや犬の保育園なるものが写っていた。犬ビジネスは大流行のようで、少子化とは反対にペットとしての犬の数はかなりの右肩、いかり肩上がり。

今時の犬っておフランスから取り寄せた泥パックするんかいっ!酸素ドームはいるんかいっ!ワタシもしたいぞ!!

犬の保育園が送迎付きで年間100万円なんだそう。

こういうのをみていると、なんだかこう思っちゃう。

「ワタシって前世あまりいいことしなかったから、人間なのかしら・・・」(仕事とか辛いと特に。。。ネ)

 

そして、いつもみているブログ。↓

http://biri2.ti-da.net/

まったく知らないとこの犬なんですけど、石垣のビーチで遊ぶ様子はものすごく幸せそう。。。

今世はいいことして、来世は八重山は竹富の猫とかびりびりみたいな生活する犬になろう。

固く決心するのでした。

 

確か輪廻転生では人間に生まれるのは最上だったハズなんだが。。。

| | Comments (2)

January 16, 2008

花の

花の
拡大

| | Comments (0)

数年前に

数年前に
頂いた鉢植えを適当に水やったり株分けしたりしてたら3年後になんと花が咲きました
適当にやってただけやねんけど 植物にとっては居心地いいんやろか?ここ…

| | Comments (0)

January 15, 2008

公認会計士VS特捜検察

先日の塩じぃこと塩川先生の講演で「みなさん読まれましたか?」という問いかけがあったので、さっそく買って読んでみました。

といってもそんなすぐに読める量ではなかったです。。。この本。約430頁もあります。通勤電車で立って読んでると腕がだるくなるくらいの重さ。

 

しか~し、かなり読みやすい文章。が、ノンフィクションだと思うと「ぞっ」とする。

こうやって冤罪は作られていくのね。。。と納得してしまう内容です。

Bk071214b

まだ途中なんですけと、著者の強い精神力に勇気づけられもする本です。

会計知らない人でも問題なく読めると思います。

また、読み終えたら感想書きます(と言って今まで書いたことナシですけど ^^:)

| | Comments (2)

January 14, 2008

石垣牛カレー

本日の昼ご飯は12月の八重山旅行で買ってきた美崎畜産さんの「石垣牛カレー」。

レトルトなのに現地価格で680円!、で1つしか買わなかったんですが、そこそこのお味。個人的にはもすこしカレーらしく辛いほうが好きなんですが。お肉はさすが「ごろん」とでかいのが2切ほどはいってました。Ig400_3

 

お昼のあとは。

昨年ご近所にできたおしゃれなお店をちょっくら拝見しに行きました。

二十四節記さん↓

http://www.relife.co.jp/24sekki/index.htm

カフェにでもはいって様子を見てみようと思ってたら、予想以上に人がいてて、ランチはもちろん、カフェも既に3組待ち。人気あるんですねぇ。。。

外にあった窯ではピッツァが焼かれていてすんごい旨そう。写真を・・・と思ったら携帯もカメラも忘れてきていました。あぁ。

季節がよい時は外でのオープンカフェも気持ちよさそうでした。

ということで近日中にランチにて写真ともどもリベンジしたいと思います。

| | Comments (2)

January 13, 2008

住宅ローン控除

え~、たまには税の話を。

日頃経理関係をされている人はともかく、普通に会社勤めされている方はよくわかんないんじゃないでしょうか。今回の個人住民税にかかる住宅ローン控除の話。

たぶん私が今サラリーマンだったらゼッタイわかってないし知らないハズ・・・(私だけ? --;)

 

ということで簡単に載っけておきます。

まずこの話の前提となるのは、税源移譲とかなんとかで今年から所得税と住民税の割合が変わってしまったことに由来。

つまり、いままで「所得税>住民税」の割合で税金取られていたのが「所得税<住民税」となったわけです。よって今年の6月に急に住民税が多くとられて手取りが少なくなって驚いた方も多いはず。

 

で、今回問題になるのは住宅ローン控除。今までは所得税からローン控除額全額引ききれていた人が、この税源移譲によりローン控除額が引ききれなくなってしまうという話。例でいうと

  • 今まで     所得税10 - 住宅ローン控除8 = 所得税 2
  • 税源移譲後  所得税6  - 住宅ローン控除8 = 所得税 0 住宅ローン控除2がひききれない

そこで上の例でいくと余った「住宅ローン控除2」を住民税で面倒みましょうという話です。なんやここまでですでにややこしいですねぇ。

 

そして、この引ききれなかった「住宅ローン控除2」について 

 

自分で申告しないと誰も何もしてくれない 

 

ということです。普段税務署あたりと何の御縁もない会社員さんであっても、申告しないとめんどうはみてくれません。

税金はたいてい払い足らないときは文句言ってきますが、払いが多いときは何も言ってきません。(たまに言ってくる例も聞きますが・・・かなり希です)

「市町村民税都道府県民税住宅借入金等特別税額控除申告書」(名前長すぎ!!) というのがあって、それに記入及び源泉徴収票を添付して今年の確定申告期限の3/17(または市民税の納税通知が送付されてくる)までに市町村に提出したら、ようやく「住宅ローン控除2」のめんどうをみてくれる、という話なのです。

確定申告の人は「市町村民税都道府県民税住宅借入金等特別税額控除申告書」も確定申告書と一緒に税務署に出してね。

じゃあ、その用紙はどうすんの?

市町村役場に行くかネットに掲載されているみたいなので入手してください。そして

該当している間は毎年かかさず申告してください 

たぶんこの制度に該当するにもかかわらず提出することなんて知らない人もいるんじゃないでしょうかねぇ。。。

そして自分が該当するかどうかわかんないときは窓口に押しかけちゃえ!!

 

| | Comments (0)

仲盛荘 関西支部宴会

八重山の民宿では、常連さんたちが八重山の思い出を語るべく地元でも集まって宴会を開催しているらしい。。。

というのは前から知っていたんですが、そんな宴会に出ることはないやろ、そこまで八重山ヘビーユーザーと違うし・・・と思っていたんですが。

 

昨年の年末に幹事さんから宴会あるよ~ってここブログに教えてくれたので、「行きます」と即答。昨日1/12参加させて頂きました。場所は梅田第三ビルB2琉球島唄さん。会の目的は竹富島「仲盛荘」に泊まった人とその周辺の会。

 

P1120002 ライブあり。

P1120003 カチャーシーあり。(すんごい上手い人いっぱいいた!!)

P1120004 エイサーあり。

3回のステージも楽しく、そしてなにより八重山ユーザーさんたち総勢30名さんとの会話も楽しく、

ブログで知り合いになった人たちとの初顔合わせもあり。

 

そして一番驚いたのは同姓でなんと誕生日も一緒って人がいたこと!!(年は違いますよ)

1クラスに同じ誕生日のいる確率が84%程度というのは聞いたことがあるので、そこまで驚かないのですが、名字のほうは、めちゃめちゃ珍しい名字ってことはないけど、中学校に1人いるかいないかくらいの確率の名字。そういう人と会うのも珍しいのに・・・

 

不思議なご縁で集まった人たちという気がしました。気が付けば19時はじまりだったのがなんと11時半!!楽しすぎて時間たつのが早い早い。

 

みなさんまた八重山で仲盛荘で会えたらいいですね~

幹事さん、いろいろとありがとうございました。

| | Comments (10)

January 12, 2008

沖縄宴会

今から竹富島の民宿に泊まった人関係の宴会に行きます。
こういう会には初参加なのでドキドキ

今からののる新快速120分以上遅れ すげ〜

| | Comments (0)

January 11, 2008

新年会

昨日は事務所の新年会。今回の店は前に事務所にアルバイトできてもらっていた女性の義理のお兄さんが昨年の11月にご自身の店としてオープンされたので、そこにしました。

すでに予約をしないとはいれないという噂もあるお店。わくわく♪

当日は貸切でお願いしました。今回は一人8,000円くらいの予算でってことで、あとは料理もワインもすべておまかせ。

 

お店のブログはコチラ↓ Vino Bar Due さんです 意味は2人でやってるワインバーって、店そのままの名前です。

http://vinobardue.blog44.fc2.com/

P1100002_2 シャンパンで乾杯♪すごいすっきりと軽い飲み口で、美味しい。

ワインには詳しくないんで・・・名前忘れました。

グラスも凝ってらして、シャンパンのグラスはかわいいし、ワイングラスはもっと驚く、驚異の薄々かる~いグラス。(シャンパンの後ろにうっすらと写ってるやつです)

横に写っている男性、かしこまりすぎててなんや見合いの席みたいですな。

P1100003_2 カルパッチョ。香草のみで味付けされているような、かなりシンプルなお味。

彩りきれいですね~

P1100004 牛しゃぶしゃぶのサラダ。

さくっと切れるお肉とすこーしチーズのきいた野菜の取り合わせ。

これも味付けはすごくシンプルなんですが、塩胡椒の味がしないのには驚き。

普通、肉=塩胡椒を連想するのですが、リンゴの甘みとチーズの風味がほんのりたっている一品。

P1100005

手打ちパスタ。パスタを切るための台も見せて貰いました。

板に針金が巻いてあるみたいなヤツでした。

これまたシンプルな味付けでシーフードが美味しい。パスタはもっちり、少し太め。

P1100006 ニョッキには黒トリュフがこれでもかっ、てくらい豪華にのってました。

P1100007 ジビエ、シカ肉です。

シカさんはすこーしクセはあるけど、普通に美味しくいただけます。

これまた味付け控えめです。

P1100008 最後のドルチェ。

真ん中のムースはなんと柿のムース。

以外なお味にスプーンも進む。

ワインは5つくらい出た模様。(下戸なので酒は最初のシャンパンしか飲んでません)それぞれにワインも美味しかったようです。

料理はどれも控えめな味付なので、最後まで美味しくいただけます。

まことに贅沢な一時でございました。

 

しかし、話していた内容、ソムリエさんなんて思ったかなぁ。

「ビール(日本酒)と白ご飯は合うか?」「お茶と白ご飯だけで一杯完食できるか?」

こんな内容で議論白熱する事務所って。。。。

| | Comments (2)

研修会

本日支部研修。研修の講師は、「塩じぃ」、塩川元財務大臣でした。

大正10年のお生まれ、ねずみの年男、米寿。

しかしそうは感じさせない身のこなしや聞きやすい話のし方など、持っていらっしゃるパワーはすごい。さすが政界に長年おられて活躍していらっしゃる方は違います。

そして、何より毎日充実して好奇心を持って日々を送っていらっしゃるであろうことが、話の内容のそこ・ここから感じられました。

 

それに比べ私は日々消極的に生きてしまっていることを反省した講演会でした。

前向きに生きんとあかんねぇ。

 

| | Comments (0)

January 10, 2008

先進国症候群

昼休みネットみてたら、中村紘子さんのインタビュー記事に出会いました。

この中のどっかにあります↓

http://allabout.co.jp/entertainment/classicmusic/library/mlibrary6.htm

今回みつけた記事のなかから。

「生活が豊かになると、めんどくさいクラシックなんて誰もやらなくなる」ということを話されています。地道に小さい時からしんどい思いをしてクラシックするなんて・・・という発想が先進国になると出てくる。その結果、自分達は楽しみ程度にはするけれども、もうプロを目指さなくなる、という話で、すでに日本もその兆候が出てきてて、ピアノをする子供達の数は減っているとか。先進国症候群と言っておられました。

 

このこと自体は、私が学生の時、既に当時の学長さんが講義でおっしゃっていたことで、事実当時すでにコンクールの入賞者はダンタイソンやヨーヨーマなど東洋が入賞する時代になりつつあったので、今更目新しい話ではないのですが。。。

 

ふと思ったのが、フィギュアスケートも同じことが起こっているんじゃないかと。

その昔はやはりロシアとかが強くて、綺麗でした。

そして、今は日本人が大活躍していますけど、そのうち。。。?

あの競技も膨大な地道な練習時間と多額の投資が必要というところはクラシックと似てますしね。

もちろん、ビールマンの頃から見ている大フィギュアスケートファンとしては、そうはなって欲しくはないですけれども。

 

ということで新年会の話はまた明日。イタリアン美味しかったっす♪

| | Comments (0)

ひこにゃんに年賀状

おぉ、ひこにゃんに年賀状だしたら返事もらえるそうな。(今朝の毎日新聞に載ってた)

 

なんでも100通近くきたらしい。みんなマメやぁ~

そういえば天守閣が彼(彼女?)の住所だっけね。住民登録してましたな。

はは、返事といっても、役所のおっさん(公僕)が書くんでしょうけどね。

| | Comments (0)

January 09, 2008

きらきら星変奏曲

さっきの記事に書いた「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を買いに行った店には、「ベストモーツァルト100」っつーのしかこの曲がはいってなかったので、仕方なくそれを購入したんですが、まぁ3,000円でCD6枚は確かにお得かも。

しかもカトカトなんちゃらってフェアで10%引きやったし。

 

そのCD中にはきらきら星変奏曲もはいってました。「のだめ」ドラマでの初リサイタルの一曲目。

実は・・・この曲嫌いでしてねぇ。。。弾いてた当時小学生の時の話なんですけど。

 

発表会で弾いたと思うんですけど、シンプルすぎて「よさ」がさっぱりわかんない。どう弾いていいかもわかんない。(シンプルな曲はごまかしきかないしね)

月光の三楽章とかのほうが格好よくていいよぉ。。。って感じ。

 

あれからかれこれん十年、それなりに人生の紆余曲折を経験した今、あらためて聴いてみると「あ、いい曲じゃん」

モーツァルト弾くなら年が枯れてからのほうがいい、って大学の時の先生が言うてはったけど、確かに今ならわかる。シンプルさの中にあるこの奥深さ。。。

今なら弾いてみようかな、という気がしないでもない。(指がまわりません ><)

まぁ、あの頃にこの曲が理解できて弾きこなせたくらいなら、今頃はパリかウィーン在住のピアニスト、税金なんてわかんなーいって世界だったんでしょうけどね(^o^;) 残念ながらピアノの才能はなかったので。。。

 

ちなみにこのCD、ナゼかALLlピンク。

「のだめの中でモーツァルトはピンクなんですぅ~」

まさかそれでピンクなんじゃないだろうな、このCD。。。ピ・ン・クのモーツァルト~♪今この唄が歌えるヤツはどこのドイツだぁ?

| | Comments (0)

アヴェ・ヴェルム・コルプス 

「アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618」CD買ってみました。

モーツァルト最後の年の作品で、こないだの「のだめ」ドラマで、のだめちゃんが大聖堂の中で涙流して聴いていた合唱曲です。

いや~ほんとにシンプルなんですけどこんなに美しい曲があるのか?書けるのか?と思わずにはいられない曲。やはりモーツァルトは神に愛された作曲家だったんだと実感させられる曲です。

と偉そうに書いてますけど、実はドラマ見ている時は何の曲か知りませんでした(どこの出身かは聞かないでね ^^;)。ただ、教会でいい曲聞いているなぁ、くらい。

 

でもここはさすがネット時代、ちゃんと何の曲がどのシーンで使われていたかを書かれているページがあって、しかもここは音源つき!!(シンセ打込音ですけど)

http://www.voiceblog.jp/andotowa/

 

結構いつも勝手にお世話になっているページです。フィギュアスケートで使われたクラシックの解説もあるし。

しかし、いつもこんなに打ち込むってすごい労力だと思うんですけど、どうやって打ち込んでアップされているのかしら。。。

| | Comments (0)

また

JR遅れてる 昨日は濃霧で5分でいける次駅に30分もかかってたし今日は踏切確認とかで動く気配なし
正常に動く日なんてほとんどないんじゃないの?あの事故の前って安全確認めちゃくちゃやったということか…

| | Comments (0)

January 08, 2008

寡婦控除は認められず

そろそろ正月気分から普段に戻らなきゃという時期ですが、風邪のため鼻詰まってます。。。

「事実婚」から「離婚」しても寡婦控除は認められず。平成19.2.26裁決

古くて新しいテーマですが、そもそも租税での印象はかなりの保守主義。家族は夫婦がいて夫は働き妻は専業主婦、子供は2~3人、というモデルを崩したくないみたいな気がします。

(ちなみに社会保険は事実婚OK)

シグルマザーも離婚や死別で子供を育てている人も経済的な負担という意味では一緒やと思うやけど。しかも世の中こんなに家族形態も変わってきるのに・・・とこんな話がでるたびに毎回思います。

たまには税の話してみました。

 

話かわって

ベートーヴェンの第7 いや~いいねぇ。今聴いているのがバーンスタイン指揮だからなのかもしれないけど、若い人の話のテーマ曲にぴったりだわ。ドラマは英雄よりコチラを選んだというのはとてもセンスあると思う。(まだ続くか「のだめ」の話)

ベートーヴェンというと音楽室に掛かってたあの眉間に皺よせたくらーいおじさん、実際「運命」とか「悲壮」とかマイナー曲多いし、「かなりの根暗」というイメージがあるけど、こんなに明るい曲も書いたということは、もしかしていいことあったのでは?

とおもってさっき調べてみたら、やはりあったみたいです。ふふっ「恋愛」♪。この頃はハイリゲンシュタットの遺書から立ち直った頃でもあるらしい。

そりゃ人間一生「眉間に皺」はないわな(^o^)

 

ウィーンの郊外にある「ハイリゲンシュタットの家」は「ベートーヴェン」に敬意を表すべく、ずいぶん昔に行きました。ベートーヴェン記念館も行ったんですが、そこの管理おやじがちょっとスケベはいってて、写真撮ろうとすると、すぐに寄ってきて肩抱こうとする。。。

結局その印象しか残らんかったやないかっ!!

あぁ、ヨーロッパ行きたい。。。

| | Comments (0)

January 07, 2008

本年の初仕事というのに風邪をひいた山の猫です。ティッシュが手放せません。まさに鼻風邪。

同じく初仕事というのに「食中毒です・・・」と休んでいるヤツが一人。みなさんお体には気を付けましょうね。

 

仕事帰りにブックオフに寄ってみたら、「ボクの音楽武者修行」があったので購入(昔読んだはずなんだが・・・)。ブザンソンのコンクール課題では間違い探し(12箇所指摘でパーフェクトだったそう)とか初見演奏(すんごい変拍子でしかも初見は五分間!!)があったことが書かれていて、間違いなくこのコンクールがモデルになっているみたいですね「のだめ」。

はい、まだひっぱってますよ~この話題。

チャイコのヴァイオリン協奏曲のCD買ってみたけど、うーん、違う・・・私の好みじゃなかった。ミュンシュ指揮だったんだけどなぁ。。。昔からの古くさい弾き方に慣らされているせいかもね。

ついでといっちゃなんだけど、一緒に買った舘野泉さんのシベリウス小品集は予想よりヨカッタ!北欧の情感がいっぱい。

 

ヨーロッパに行きたくなってます。古城歩くと自然と頭の中にはベートーヴェンが鳴るし、ルノワールとか見ると頭の中ではドビュッシーが鳴る、美術館のカフェでは弦楽四重奏の生演奏、ホンマにあの環境はいいですよねぇ。古城でモーツァルト・・・いいなぁ。。。

 

誰か連れてって~ユーロ高なんとかして~

| | Comments (0)

January 06, 2008

西と東を行き来してます

2夜連続「のだめ」を真剣に見過ぎて、その興奮のまま2夜寝付かれなかった山の猫です(^^;)

個人的には1夜目のコンクールの話がよかったですね~自分が試験の舞台たつ時みたいにドキドキして見てましたよ。そんな感覚、学生の時以降、そんなシチュエーションは全くないからかなり気持ちは新鮮でしたけど。

指揮者コンクールで間違い探しってあるんですね~って感心して見てたら、小澤征爾さんの「ボクの音楽武者修行」にもブザンソン国際指揮者コンクールの体験にも書いてあるそうです。すんごい昔読んだはずなんだけど、そんなことはすっかり忘れてました。

間違った音を演奏するオケの人も大変だな。

間違い探し課題のないコンクールもあるみたいです。佐渡さんの著書も読んでみるか。

 

てなわけで、すっかり頭の中はクラシック一色、ずーっとチャイコのバイオリン協奏曲が頭の中に鳴ってて、こんなんで三線の教室行けるかな?と思ってたら、教室はいったとたん皆さんの音で民謡モードになりました。めでたしめでたし。

(教室でた途端、また協奏曲が鳴りはじめましたけど)

 

クラシックでは「楽譜に忠実に、まずは楽譜通りに」と求められますが、三線ではどうもそうではなく「まずは師匠の音に忠実に」と言われます。

これはたぶん楽譜の精度によるのでしょう。三線は原稿用紙一マスに一文字or二文字の勘所(押さえる場所の漢字)のみ、そのよこに唄の歌詞がついている程度。四分音符と八分音符の区別は出来ても、それが付点なのかどうか、また尺が実は半音上なのかどうか、唄は三線と一緒に発声していいのかどうか。。。かなり微妙。

(もちろんクラシックでも作曲者、編集者によってきっちりマメに細かく書き記す人もいれば、あとはよろしくーって感じで最低限、そこそこにしか書かない人もいるし、トリルなんてどれやねん、どこまでやねん、と思うのもあるし、サティのようにわかるようなわかんないような演奏指示している人もありますが)

ただどちらも、上手になってくると今度は楽譜(師匠)からだんだんと離れて行きます。いわゆる個人の個性を出すというヤツですね。

その昔、日本人は楽譜から音楽を紡ぎ出すことが苦手なので、本当は完成してからプロの演奏を聴いたほうがいいのだが、日本人に限っては課題曲のCDをレッスンより先に聴いてもらう、と言ってた有名なアチラの指導者がいました。

昔の話なので今は違うかもしれませんが、もしかしてやはり民謡の精神が生きているのかしら、なーんて思ったりもして、ここしばらく、私の頭の中の音楽は西洋と東洋を行き来することになりそうです。

今月末は三線昇級試験です。そろそろ試験の曲を決めないと。はぁ。。。久々、舞台での緊張が味わえそうです。

p.s

あはは、プロの方も見てたんだ(^o^)

http://www.yuri-muusikko.com/menu4/00080.htm

| | Comments (0)

竹富島のリゾート開発

昨年の暮れから気になっていたニュースです。

ディズニー映画の舞台の次は大型リゾート開発ですか。竹富島。。。

http://www.y-mainichi.co.jp/?action_article_show=true&article_id=10159

一観光客が2,3度訪れたことがあるからってあーだこーだと言う問題ではないと思うので、ニュース載せとくだけにしますけど。

http://www.y-mainichi.co.jp/?action_article_show=true&article_id=10187

| | Comments (0)

January 05, 2008

同窓会

本日同窓会でした。中学の時のです。オリンピックイヤーに開催されることとなってて今回四度目(4×4=16年め?)なんだそうですが、私は初参加。ドキドキ。

 

中学生の時って先生はみんなすんごーい年寄(失礼)に見えていたんですが、今回久々にお会いして「あれ?そんなにジェネレーションギャップないかも・・・」

実際、毎日若い生徒に囲まれている先生方のほうが精神的にも若かったりしたりして。

話題についていけるかな、とか出席する前は心配してたんですけど、会った途端あの時代に戻って楽しいひとときを過ごしました。

二次会はカラオケで盛り上がっていたんですが、途中で失礼させて頂きました。みんな何時まで唄ってたのかな。

 

九時からは「のだめ」第フ話、TVに釘付けでした。いや~音楽っていいねぇ。画像もヨーロッパで音楽もクラシック。玉木くんも「男前」に見えるっつーもんですな。

明日は三線教室、今年初レッスンです。クラシックとは全然違うけどこれまた楽し。「ばすぬとぅる」ようやく節覚えました。とりあえず覚えるのに一ヶ月はかかったかな。。。

| | Comments (0)

January 04, 2008

ラフマニノフのピアコン第三

おお、明日は「のだめ」ドラマでラフマニノフのピアコン第三番が聴けるんですか♪

映画シャインで主人公ヘルフゴット「世界一難しいピアノ曲」とかなんとか言ってたやつですな。

今からアシュケナージで聴いて予習しとこっと。明日もわくわくですな。

しかしヨーロッパはいいねぇ。コンサートホールの内装からして違いますし、空気も音も違う。

日本ではどうも湿っぽい音になるのは湿気のせい?

| | Comments (0)

温泉

近所の温泉銭湯に行ってきました。

ここは美人の湯ということで、始めていったのですがホンマに肌がつるつるすべすべになりました。

龍神温泉の次にびっくりの湯です。

家でも再現しようと濃縮版を購入。隣の小さなのは携帯用スプレー。

 

これで明日の同窓会に備えることにします。 

夜はのだめinヨーロッパ、真剣に見てしまいました。若いっていいねぇ。ん十年前にこのマンガがあったら、私の人生もちょっぴり変わっていたかも!?

才能なかったから無理か(^^;)

| | Comments (0)

January 02, 2008

初詣

朝起きたらいい天気だったので初詣に行きました。

行ってみたいと思いつつ行ってなかった安倍晴明神社へ。

以外と小さな神社でしたが、全体的に綺麗にしてありました。人は結構きてましたね。

P1020036 五芒星、桔梗印ともいうのだそうです。星印というのが不思議ですね~

P1020033 毎年恵方を向いているのだそうです。

詳しくはここを見てね

P1020034 厄よけが桃というのも不思議です。みんなになでられてツルツル~

P1020037

宮司さんが占いもしてくれるそうなのですがさすがに三が日はね。

ひととおりお参りしたあとは下鴨神社に行って

P1020040 なぜかここにも三本足の「やたガラス」くんが。しかも飾られてた旗の紋は徳川家の紋。

ここも世界遺産とは知りませんでした。

P1020041 ナゼか昼ご飯はピビンバ定食。

夕方前に帰宅したんですが、着いてすぐに「あられと雨」が降ってきました。どおりで一日寒いはずだわ。

夜ご飯は「鰤しゃぶ」でした♪ 年末までのダイエットも無駄になる二日目でした。

| | Comments (2)

January 01, 2008

一年の計は

元旦にあるとかないとかいいますが・・・

今朝は夢の中でナゼか一人旅でインドを旅していました。インドにしてはなんだか街並み綺麗やったんはなんでかなぁ。。。どちらかというとヨーロッパの片田舎みたいな街並みやったんやけど。

若い頃、一度インドに行ったことはありますが、この歳になるともう体力的に行きたいとは思わなくなってしまっていることの無意識からの反動なのでしょうか。。。

ところで初夢っていまから見る夢のことですよね?

朝は家の近所から日の出見て、三線の練習して、お客さんとこの資金収支表を作成し、夕方は日頃は作らない料理なんぞして新年を祝いました。

P1010029私の十八番料理、イクラとシャケの親子チラシ。しいたけやニンジン・レンコンは具ごとに味付けを変えて煮て、焼いたしゃけはほぐして、米は味付けして炊いたちらし寿司。

めんどくさいんで、こーゆー日にしかやんない一品。

たまにしかしないんでちょっと自慢です。あとはこさえた茶碗蒸しと買ったお重でした。

ということで今年もヨロシクお願いします。

| | Comments (2)

« December 2007 | Main | February 2008 »