« 芦原温泉 琉フェスの翌日 | Main | 京都な一日 1 »

October 26, 2007

うすけ!?

妖怪「うすけ」

 

その昔、サントリーのウィスキー山崎工場が出来たときのこと。たくさんの原料の小麦が工場に運ばれてくる。

にもかかわらず、ナゼか製品らしきものはいっこうに出てこない。

 

それを見た地元の人たちが不思議がって

「あの工場には「うすけ」という妖怪がいて、中で小麦を貪り食っているのだ」

とかなんとか言ってたとか。

 

確かに日本酒だと一年で製品は出てくる。6年もかかるウィスキーなんて、最初は材料ばっかり工場にはいって、全く酒が出てこない。

さぞかし不思議だったんでしょうねぇ。 

 

で、地元出身の親に聞いてみたところ、「うすけ?知らんな~」の一言。

「うつけ やったら知ってるけど」。それは大馬鹿者ですがな。

 

せやけど、地元のもんが知らず、なんで地元でない人が知ってるんだろ。しかも、その人は小学校くらいの時に読んだ「科学と学習」みたいな雑誌に書いてあったのを覚えていたそう。

やはり、その頃からキーワードが「酒」となると食いついてたんですな。

フタバより芳し、ちと違うか(^o^)

|

« 芦原温泉 琉フェスの翌日 | Main | 京都な一日 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 芦原温泉 琉フェスの翌日 | Main | 京都な一日 1 »