« 久米島は曇り その6 | Main | 十九の春 »

April 28, 2007

久米島は曇り その7

レンタカーで空港まで行き、そこで乗り捨てる。

「返すときは内ロックでダッシュボードに鍵を入れてもとにあった場所に置いといてください。」

そんな大らかな返し方でいいのか?

P4240103 着いたらやっぱり飛行機遅れてました。

結局40分くらい遅れて出発。

P4240105 帰りももちろん琉球エアコミューター、プロペラでございます。

うーん、悪天候で飛ぶのか?

帰りの飛行機は、天候により遅れただけあって、かなり揺れまくり。

途中機内アナウンスで機長から「あと1分半ほどしますと、かなりの揺れが予想されます。揺れは2,3分で収まる見込みです。なお、揺れましても、飛行上の安全には何ら問題はございませんので、ご安心ください」

アナウンス通り、すぐに気流の悪いところにきた模様で、がたがたと機体が揺れだし、3回ほどフリーホール状態、那覇に降り立ったらぐったり。しばらくは気持ちわりぃ~状態になりました。

フリーホールの時に隣の座席の連れにしがみついていたら、もう一人の連れが「エアバックの代わりにしがみついてるの?」 なかなか気の利いたことを言うヤツ、気に入った!

那覇についたら「12時名古屋行きにお乗り継ぎのお客様は到着口で係員に言って下さい」とのアナウンス。

すでに12時過ぎているんですが、こういう時は待ってくれるのかな。

P4240107 国際通りで目に付いたレストランにはいる。

ステーキ屋さんで、目の前で焼いてもらうところでした。

P4240108 えびの頭はこんなになりました。

P4240109 久々の肉です♪

P4240112 コースについてたゴーヤチャンプル。

P4240114 デザートの氷ぜんざい。うまかった♪

あれ?さっきまで飛行機で気持ち悪かったのは?

牧志の公設市場見学。

P4240115 おお、カラフルな魚。なんと黄色の縞が。

P4240117 チラガー

P4240118 あの~ 食べ物に対する冒涜かと。。。

一番気になったのは、公設市場の入り口にあった化粧品屋のおばちゃん。

そこそこの歳(60歳は過ぎているかと)なのに顔が「つるっつる」「てかてか」「皺なし」

「これ(波動化粧水 愛子)をつけたらこうなるよ~」っていうことだそうですが、どうみても吉本新喜劇の「ごめんやして、おくれやして」の女の人にしか見えなかった。

P4240119 モノレールの扉。ひきこまれ ですか。

P4240120 なんや大阪でいうところの「江坂」みたいやなぁ。

那覇は15年ぶりくらいで、いつのまにか空港もめちゃでっかくなってて、モノレールも出来て、町もすごい都会になってたのにびっくり。

仕事は探せばありそうやけど、住むのはなぁ。。。

福岡行きの飛行機ではどうやらブッキングオーバーになっちゃったみたいで、便を替えてもいいと言う人は名乗り出てね、というアナウンスがされてました。

たしか便替えてもいいよ、というとたくさん恩典があるんですよね。

関空行きは修学旅行生と一緒で、しかも、うち数人が遅れてきやがって、なんと出発30分遅れ。

社会勉強のために「遅れたら置いていく」べきなんじゃないの?自己責任っつーものを教えなきゃ。

添乗員さんにいたく同情。

10分遅れで関西空港に到着。ということで旅行記おしまい。

しかし旅行ではかなり疲れたけど、耳鳴り一度もせず。翌日事務所行った途端、休みの間にあった事件を聞かされて目眩が(精神的に  ^^;)

|

« 久米島は曇り その6 | Main | 十九の春 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 久米島は曇り その6 | Main | 十九の春 »