« 久米島は曇り その2 | Main | 久米島は曇り その4 »

April 27, 2007

久米島は曇り その3

事務所で「韓流スターみたいな新人の男の子はいってこないかなぁ」と言うと「それは大和撫子がはいってこないかなぁ、というのと同じくらいの確率です」と言い返されたそうです。

ちなみに、大和撫子は想像上の動物で「カッパ」「つちのこ」と同じたぐいのものと言われています、うちの事務所の中では。

では久米島の旅行記の続き

4月22日(日)

夜中、胃がむかついて目がさめたけど、むかついてただけだったのでそのまま寝て朝、6:30起床。日頃は朝起きれないのに、旅先だと目が覚める。不思議だ。

P4220021 民宿あみもと さんの屋上からみたイフビーチの景色。

見事な曇天!、に時折薄光が差していて、淡い期待を持たせる空模様。

と思ったら朝食時にはスコールのごとく土砂降り。すぐに上がったけどさてどうなることやら。

あみもとさんの朝食。だいたい朝はこんな感じ。P4220022

みそ汁が白みそで甘くてちょっと苦手でした。

朝食を済ませ、連れの一人は本日一日ダイビングなので、残る二人で島観光へ出かけました。

P4220025 日本の渚100選 らしいイフビーチ。この頃になると日が差してきて・・・

さっきまで土砂降りだったから帽子がない!

雨傘を日傘にして観光しました。

さすがに泳ぐにはまだ寒いので、誰も泳いでません。

P4220026 ユリの花の時期らしく、島のあちこちで咲いてました。

空気が綺麗なせいか、都心でみる花より白がくっきりと綺麗。

P4220027 鯨の見える丘とかいうところ。

絶景で天気も良くなってきました♪

P4220033 ただし上の絶景をみるためなはこーんな階段を上らなくては行けません。

かなりきつかった。。。

P4220034 シンリ浜です。

ここの海水はさらさらしててあまりしょっぱくないです。

なので足を海につけてみても、その後はべたべたしません。

P4220037 ミーフガー。

女岩です。子宝に恵まれるそうで、連れが拝んでましたが、順番が逆じゃあ・・?

ま、もういいですか、この際逆でもどっちでも(^^;)

P4220039 近くまで行ってみました。

崩れてこないのが不思議。

P4220038 ミーフガー付近の海です。

いや~晴れると青いっす!

P4220041 熱帯魚の家。自然に出来た岩のくぼみに魚が住んでいます。

P4220042 魚がいることはわかるのですが、残念ながら風がきつくて水面がさざ波になり、はっきり見えません。

色から推測するにルリスズメダイがいる模様。

P4220043 比屋定バンタの展望台からの眺め。

時よ止まれ、なんという美しさよ と言ってしまって魂を抜かれたのはファウストでしたっけね。

ファウストでなくても「時よ止まれ」と言いたくなります。

P4220044_1

展望台からも水が透き通ってるのがよくわかります。

ちなみに写真には写っていませんが、右には海老の養殖所がありました。

昨日の天ぷらのね。

と一周したところで12時を過ぎたので、今度はバーデハウスに行くことに。本日はエステの予約があるんです。ほほほっ。

|

« 久米島は曇り その2 | Main | 久米島は曇り その4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 久米島は曇り その2 | Main | 久米島は曇り その4 »