« おひな様 | Main | 地鎮祭 »

March 04, 2007

さんしんの日

本日3月4日は「さんしんの日」だそうで、沖縄では12時の時報から一時間ごとに沖縄民謡「かじゃでぃ風」が鳴るそうです。

なんで知っているのかというと、今日から三線教室の初級クラスに通い出したから。

今日は初めの日ということで、沖縄民謡といっても本島・宮古島・八重山で全く違うことを実際に演奏して聴かせて下さいました。このあたり、独学ではなかなかあり得ない、いいところですね。

八重山民謡の例で演奏して下さったのは「とぅばらーま」。昨年10月に見た西表のお月様を思い出しながらうっとり聴いてしまいました。ま、女性の年齢のところだけは素直に聞けないけどね。

さて、実際構えてみると・・・独学では間違いだらけでした。先生に見て貰って鳴らしてみると、おやこんなにいい音が鳴るんだ、この楽器(^^;)

いつまで続くかはわかりませんが(すでにレッスンに行けない日も出てきてるし)、とりあえずの目標は仕事と家の往復からの脱却なので、ぼちぼち頑張ろうかと。

|

« おひな様 | Main | 地鎮祭 »

Comments

自分も三線教室に行きたい。でもここは田舎やからあらへん(;´_`;)

Posted by: かんころ | March 06, 2007 at 07:38 AM

次、沖縄に配置がえがあったら本場で教室にいけるかと(^o^)

八重山に配置はないんですか?

Posted by: 山の猫 | March 06, 2007 at 09:20 PM

真面目な話をすると(笑)僕みたいな普通の職員は本島への転勤は可能性がゼロではありませんが、八重山は教員、それも亜熱帯の生物とか環境の専門でない限り全くありません(西表島に琉大と人間文化研究機構の研究施設があります)
まあ、そんなところで働くのは夢のまた夢ですね。

Posted by: かんころ | March 07, 2007 at 06:23 PM

>西表島に琉大と人間文化研究機構の研究施設があります
えっ、そうなんですか、知りませんでした。

地元のガイドが「いつもあそこの水たまりで虫取っている若い人がいて、なんでも新種発見したとか言ってたよ」

確かにそこを通ると網もった人をよく見かけます。そこの人なんだろうか。

月が浜のほうから星砂の浜に曲がった所すぐ左の「がさんばら」です。

Posted by: 山の猫 | March 10, 2007 at 12:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おひな様 | Main | 地鎮祭 »