« 町屋 片泊 二日目お昼 | Main | 春予感の京都1 »

February 07, 2007

町屋 片泊 その後

伏見は酒蔵の町、ということで、買ってしまいました。

P2040050 一番奥のボトルは月桂冠の大倉記念館を見学したらもれなく頂ける酒です。

そして酒の粕3種類とおなじみ酒飴。

酒飴は大吟醸の季節限定というのがありました。

酒粕は3つとも美味しいんですが、3つともかなり味が違っていて感動。

真ん中の玉の光大吟醸ってのが一番美味しかったですが、酒粕が板状でなく「もろもろ」なので焼くのに苦労します。

なので、今度は煮溶かして甘酒にしてみようかと。そして、この際、きき酒ならぬきき酒粕でも目指そうかとも。

P2040051 そしてJR伊勢丹でたまたまみつけた「ふたば」の豆餅。やっぱりここのはうまいっ!!

豆の塩加減と餅とあんこの甘さが絶妙っす。

(後談) この豆餅、食べるたびに「あれ?前こんなんだっけ?」って思うこと多々あり。今回も「餅が分厚くなった?」「豆の塩味がまろやかになった?」 この真相は不明。

以前他府県の百貨店でふたばの豆餅を購入した際、全く美味しくなかったことがありました。日にちが経っていたのでしょうか・・・京都のもんは京都で買うのが(できれば京都で食べるのが)一番ベターと思いました。

どの食べ物でもそうでしょうけどね。オリオンはやはり沖縄でやるのが一番旨いし。

|

« 町屋 片泊 二日目お昼 | Main | 春予感の京都1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/13826457

Listed below are links to weblogs that reference 町屋 片泊 その後:

« 町屋 片泊 二日目お昼 | Main | 春予感の京都1 »