« あま酒 | Main | 町屋 片泊 初日お昼 »

February 04, 2007

おばけさん

こんなに京都が近いっつーのに、昨日までこんな風習があることを全く知りませんでした。

それは「お化けさん」というものの存在。

よく占いなどでは節分で一年を区切るそうですが、季節的にも節分は春に向かう大切な日。

その日は秋冬の神様から春夏の神様にバトンタッチする日ですが、なにせ一日でバトンタッチしなければならず、神様が大わらわしている間に魑魅魍魎たちが、ここぞとばかりに人間に悪さをしでかそうとする。

その悪さを封じ込めるために、人々がお化け(魑魅魍魎)になって魑魅魍魎たちの悪さを封じ込めるという風習があったそうで、それが今の祇園に残っていて、節分の日だけ歳いったヒトが若い舞子さんの格好をして出歩くというもの。

昨日泊まった宿に帰ったら、玄関に舞子さんの格好してはるけど、どうみてももう歳いったヒトが立ってました。

宿の女将さんが出てきて「このヒトは舞子さんちゃいまっせ。こんな歳いった舞子さんはおへん。おばけさんどすえ」。節分には祇園ではこんな風習があることを教えてくれました。

全く知らなかった。。。あとで、ばあちゃんと母ちゃん(京都出身)に聞いたら知ってた。

「おばけさんて久しぶりに聞いたわ」祇園界隈だけの風習のようです。

|

« あま酒 | Main | 町屋 片泊 初日お昼 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おばけさん:

« あま酒 | Main | 町屋 片泊 初日お昼 »