« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

February 26, 2007

名前(名字)の由来

確定申告もいよいよ本番、という前にちょっくら遊んだせいで気持ちだらけております。。。あぁ、今からが大変なのに。。。

タクシーに乗ったら、なんと運転手さんは同じ名字の人。ただ、読み方は一緒でも漢字が一字違っていて、名前のルーツを調べたことがある、とかでえんえんと話してもらいました。

運転手さんの漢字はしっかりと関西のとこどこの出身で、先祖は城主で・・・とわかっているそうですが、私の漢字のルーツは今だ謎なんだそうで、調べに愛知やら北海道まで行ったこともあるらしい。それでも不明だとか。

一体どこなんだろ?と気になってきた次第です。

名前(名字)の由来ってそもそもどうやって調べるんでしょうね?

p.s 最近意味のないトラックバックが多くなってきたので、受付不可にしました。

| | Comments (0)

February 25, 2007

ちょっくら 続き

海外でも産む機械発言があったたいですね。フェミニズムを言うまでもなく、そういう発想しかないってこたなんでしょうかね。

で、翌朝。これまたプランに付いてたルームサービスの朝食。すげーお腹一杯になって、お昼は必要なかったです。パン3つもついてるし。欲をいえばパンは温かいほうがいいなぁ。

P2250015前のポートピアホテルはトースターも付いてきましたっけね。

それ意外はgoodでございます。

食べた後は、エステ。背中のトリートメントとフェイシャルをしたんですけど、終わったら「あれ?肌が白くなってる。毛穴が目立たない!あごがシャープ!!」

そう、日頃疲れているからと足や背中・肩は行ってたけれど、肝心な「顔」は忘れておりました。

たまには顔もせなあかんよなぁ、と反省した一泊プランでした。

さて、明日から仕事しよっと。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっくら 続き

えーと、NHKで西表の特集してたので見てきました。「海しょぅぶ」という海草の話。また今年も故郷にも帰らないとあかんなぁ。

で、TOTOのショールームの後、全日空ホテルへ。ちなみに中国では「全日からっぽのホテル?」と言われるそう。

今回はエステ付き宿泊プラン。一泊だらだらして、癒されて、確定申告を乗り切ろう!ということで、行ってきました。

夕方チェックインしてまずはだらだらとTVみながら「ごろごろ」。

6時に予約してた夜ご飯。P2240004 今回のプランに付いてました。

  食前のプレート

P2240006

オードブルです。右サーモンと左は生ハム

P2240008

ほろほろ鳥のコンソメ。ちょっと変わった味。

P2240010

平目。旨かった♪

P2240012

子羊くん。これまた旨かった♪

P2240014

でかいデザート

このあとは部屋でごろごろしてお休みなさい。あぁ、怠惰な生活万歳!明日はエステ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ちょっくら

遊んできました。

と、その前にTOTOのショールームさんへ。実はリフォームするのでお目当ての洗面台とかを確認しに。カタログでは色がやっぱりわかんないですしね。

その後はタントタントさんでお昼。実は昨日もこの近辺に仕事で来たんですけどね。。。

P2240002 ホタルイカのパスタ。味はもちろん「まいう~」♪

その後はちょっくらカーテン生地を扱っておられるFIQさんに生地を見に。北欧テイストらしくかわいらしい生地がいっぱい。セールしてたので壁掛けにと2m購入。

そしていよいよ本題は次の記事でね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2007

ちょっくら遊んできます

久々にブログ更新。せっかくの確定申告時期なので税の話でもと思いきや。。。

確定申告はじまった途端「なんじゃこりゃ~!?」という怒濤の日々。事務所に12時間以上いるのは嫌だぁ~。毎年こんなことはなかったんやけどなぁ。。。

と原因はわかっているんですが、諸事情で割愛。ただ言えることは、今「超売り手市場」ということ。

ついこの間までは買い手市場だったんですけど、ここ業界だけにとどまらず全体が売り手市場のようです。いいのか悪いのかは立場によって微妙。

ただ言えることは、働き手を大事にしないとさっさと辞められますよ、ということ。(いろんな意味で大事にしないとこ多いですからね。あと大事にしてるとボスが勘違いしているところも。なぜかカッコ書きで小さい 心の叫びと思っていただければ ^^;)

とまあ、忙しいんですけど、忙しいからといって遊ばないのは愚の骨頂というのが私の信念。

ということで今から行ってきま~す(^o^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2007

そろそろ確定申告の季節

この時期に開かれている還付申告センターというものをご存知でしょうか。

確定申告で還付を受けるために申告書を作成する際のご相談センターという位置付けで、例えば

  • サラリーマンの方が住宅買ったので住宅ローン控除の申告をして還付を受けたい
  • 年の途中で会社を辞めたので(源泉税を多く払っているので)還付を受けたい
  • 給与所得者なんだけど医療費控除を受けたい
  • 年金受給者なんだけど申告しなくちゃいけない
  • ほふりで株式を預けているんだけど譲渡損がでたので、今年は申告をして損を翌年以後に繰越して株の譲渡益が出たときに相殺したいetc

とかいう方々のための申告会場です。

別に還付に限らず株式の譲渡で益がでたので申告します、とかこの一年間に何カ所かの給与があるので合算して申告しますとかでもOKです。

土地を譲渡したので申告したい、とか事業所得なんかの少々複雑な申告事案については別途確定申告地区相談会場というのがあり、そこで相談申告という形になります。

今年は還付センターの担当になったので、先週に行ってきました。

私の行った会場は、ノートパソコンがずらっと並んでおり、国税庁HPで作成するのと同じソフトがインストールされていて、自分でパソコン入力できる人はそこで打ち込み、入力が苦手な人はアルバイトの方に手伝って貰って入力して、プリントアウトしたものを確定申告書として提出されていました。

通常、HPから申告書を作成することがなく、側で操作等見てて「なかなかよく出来ているなぁ」と思いました。

なので、こないだの日曜日は自分の申告書を国税庁のHPで作成してみました。

まだプリントアウトして手元においてます。。。電子申告もしてみなあかんねんけどなぁ。。。

なお、来年または再来年に所得税では電子申告すると5,000円の税額控除が受けられる予定です。

確定申告を電子申告をするなら来年かさ来年お勧めです。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 19, 2007

また言っちゃったのね

この人懲りんなぁ、というかたぶんそういう発想しかないんだろうな、柳沢さん。

「二世議員」とはよく言われるけど、二世サンに限らず今の日本国民の大半がどんな生活をしているかってことが全く見えてないし、「たまに見てやっている」って感覚なんでしょうね。

よくも悪くもたたき上げ議員がいなくなりつつあるってことなんでしょう。

『もう労働時間だけが売り物です』

資本主義で働くってことは、とどのつまりは全部そういうことじゃないの?身も蓋もない発言。

議員(僕)はそうじゃないもんね~って常々思っていらっしゃるんでしょうね。

女性が産む機械となりゃ、私はそろそろ有資除却か。。。(-o-;)

| | Comments (0)

February 18, 2007

昼ご飯

昼ご飯
のとこにあったシーサーの置物

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そろそろ確定申告の季節

確定申告の話。今回は有名どころその2 「住宅ローン減税」

まず、自宅買っただけでは減税はありません。銀行機関からのローン(身内からの借入なんかはダメ)がないとこの住宅控除減税には結びつきませんし、住むための土地の先行取得にかかるローンも住む家が建つまではダメなど一定の条件があります。

新築購入だけでなく、中古物件・増改築でも条件はありますが適用されます。条件等については、国税庁HPなんかに詳しくあるので参考にしてね。

ところで、「住宅を買う」といった発想に減税と結びつくのは私だけ?

たぶん、勝手に自分の頭の中で「この減税目的は、国民に住宅購入促進を促すため」と思いこんでしまったためでしょう。ホンマの「持ち家政策」だったら、ローンなくても減税してるはずですし。

しかもこの減税、だんだん縮小傾向にあるんです。平成11年の時は15年間出来たのに平成13年7月からは10年間しかないし、最大控除額も平成17年は360万だったのに平成20年には160万(予定)、しかもその後なんと廃止予定!?

定率減税は廃止になるし、老年者控除はなくなったし、配偶者控除と配偶者特別控除もどちらかになったし、今年は夏頃に住民税にびっくりそるぞぉ!

でもこれらの政策を支持したのは国民だったということを、さきほど「いしだセンセ」のブログで再認識しました。その昔、民主主義国家のドイツでヒトラーが誕生したという話を思い起こさせる話。

あ、住宅ローン減税の話でしったけ。長くなってきたので、その昔自分が中古物件購入したのにローン減税受けれなかった経験についてはまた今度。(その頃は税法のゼの字も知らない会社員)

(注 法律が改正される場合もありますので、申告にあたっては確認の上ご判断ください)

| | Comments (0)

円安傾向

ウォンの高騰が続いているようです。

ちょっと前までは10,000ウォンが1,000円、ちょぅどウォンの0を1つとれば円という換算だったのですが、今では0,12あたりで1,200円となりました。

なので、韓国から日本に買い物にくる観光客が増加しているようです。ちょっと前は日本→韓国の買い物ツアーだったみたいですが。(みたい、というのは私自身は行ったことないから)

やはり日本は衰退期にはいっちゃったんでしょうか。よく言われるところの、オランダ→英国→アメリカ(日本はここかしら)→アジアの図式にはいった?

ちなみにこの一年だいたいの推移

  • 1ユーロ     約140円→156円
  • 1スイスフラン  約 90円→ 97円
  • 1ドル       約118円→119円(一度110円まで落ちた時あり)

うーん、ヨーロッパ方面の旅行しにくいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2007

つぶらな瞳

以前、通勤電車の中で若い女の子が化粧しているのを見て、「そうか、こうするんだ」と勉強させて頂いた記事を書きましたが、その後、私も伸びるタイプのマスカラを買ってやってみました。

結果・・・

一重なのでまつ毛の1/2はまぶたに隠れてしまうので、塗っても半分はまぶたにくっついてしまうことが判明。そうか、最近の子はたいてい二重やしなぁ。。。うーん。。。

その後、例のセンスのある友人に話したところ、透明マスカラを使うか、下地をつけた後先っぽだけに色をつけるようにしたら?とアドバイスを頂きました。

と言われてもピンとこないので、これについてはまた今度、友達から実際にレクチャー受けるとして。

遺伝の世界では一重は劣性?なんだろうな。最近二重ばっかだし。

奥ゆかしきトラディッショナルな日本人の目なんですけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

そろそろ確定申告の季節

そろそろどころか真っ直中になりつつあります、確定申告。残業して家帰ってふと気がつけば、既に日付変更線変わってるしぃ。

なので簡単に昨日の医療控除の話の続きをば。

「風邪こじらせて入院して12万円・目の手術で8万円 目の手術に対する保険金収入50万円 風邪の12万円は医療費控除できるよな」と言われて

んん?出来たと思うけど・・・? と一瞬返答につまってしまった。

答えは出来ます。収支対応となるので、保険金収入はその給付原因に対応している医療費の合計額から控除して、引ききれなかったのは他の医療費とは相殺しません。

ちょっとした本を読んでも意外と書いてなかったりします。

こうやって、日々揉まれて立派な大人(会計人)になっていくのです。ハイ。。。

(注 法律が改正される場合もありますので、申告にあたっては確認の上ご判断ください)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 15, 2007

餃子屋と高級フレンチ

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

これ会計に関する本のタイトルです。例の「さおだけ屋~」といいセンスを競い合っているタイトルではないかと思います。

実は自分でみつけたのではなくて、先日友達が持ってたのを見て、今回買いました。この友達もなかなか、美容センスも本を選ぶセンスもよくて、いつも参考にさせて頂いているのですが。

どちらが儲かるかは本を読んでからのお楽しみ。わかっちゃいるけど、ついつい日々に追われて忘れがちな感覚を呼び起こしてくれる本でした。

本を読んでふと思ったこと。

渡る世間は鬼ばかりの岡倉の損益分岐点はいくらなんだろう・・・身内ばっかり食べさせてて儲かっているのか!?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

そろそろ確定申告の季節

引き続き税金の話。

確定申告と言われてまず浮かぶのは? 住宅ローン減税とか医療費控除あたりが一番なじみが深いのではないでしょうか。

今回は今一度「医療費控除」についてのおさらいをば。

払った医療費の金額合計が10万円以上でない使えない?については、所得金額の5%とのいずれか少ない方となります。サラリーマンで他の収入がない例でいうと、源泉徴収票の「給与所得控除後」の欄の金額×5%との比較になります。

あと、その医療費を補填する保険金等(入院給付金・高額医療費など)をもらった場合には払った医療費の合計額からその保険金等をひきます。

一生懸命集計してから、「あ、保険金給付のほうが大きかった」とならないようにしましょう。

で肝心の医療費の内容。おもしろそうな所だけかいつまんでみると

  • 治療目的の専門家が行うマッサージや針治療は医療費控除の対象。単に健康維持名目ではダメ。アロマテラピーもダメ、残念!
  • 不妊治療や人工授精の費用は医療費控除の対象です。少子化大変ですしね。
  • 風邪を直すための風邪薬(医薬品)購入のような治療目的の薬の購入は対象になります。レシートに薬名と何のために購入した薬かを記入しておきましょう。
  • 通院のための交通費(事情によるタクシーも可)も控除対象になります

こつこつこまめに家族全員分のレシート等を溜めて、確定申告となるわけですが、これかがまためんどくさい。

「アルバイト」と思ってやってみてはいかがでしょうか。過去に確定申告をしていなければ、過去5年分も遡ってできます。(もちろん、領収書が残っていればですけれど)

(注 法律が改正される場合もありますので、申告にあたっては確認の上ご判断ください)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 14, 2007

え1?坊さんが何したって!?

今日の事務所ネタ

「ぼんさんが屁をこいだ~」つって10数えたよね?という話になった時に(なんでこんな話になったのかまでは覚えていません)

「その屁は臭かったとか何とかつけなかった?」と私が言うと、事務所中「そんなん知らん~!!」

えぇ~!絶対言うたはずやでぇ、とネットを調べてみると

「ぼんさんが屁をこいだ、匂いだら臭かった」で20数えるそうで、どうやら京都独自の数え方らしいい。あの世界的指揮者、佐渡裕先生もオフィシャルページで堂々とこの数え歌を子供の頃歌ったと書かれていて、しかもそれを歴史名だたる京都の寺の境内でやったそうな。

途端、ものすごーく先生を身近に感じてしまった(^o^;)

同じく京都のネタ 一澤さんとこの話。相続争いは続く・・・

ちなみに、東京は「だるまさんがころんだ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そろそろ確定申告の季節

先日電話があり「年末調整について従業員さんに説明して欲しい」とのこと。

聞くところによると、一昨年は年末調整で3万円ほど還付があったのに、去年は二千円ほどしかなかった。一昨年・去年ともに家族構成は一緒で年収もほとんど変わっていないのにナゼだ?

定率減税は半分と聞いているけれど、それだけで三万も違うのは納得できない、とのこと。

二年間の源泉徴収簿を見ると、一昨年は毎月扶養家族2人で源泉を取られているところ、去年については毎月扶養家族3人で計算されていました。

理由は一昨年1月からそこの社員になっているところ、当初は扶養家族2人で毎月源泉の計算していたところ、その年の年末調整でうち1人が障害者等だったことがわかり、昨年分から扶養家族を3人として月々の源泉を徴収していたため。

なので扶養家族1人分違うと控除額38万円、税額10%として3万円程度は違うと説明したところ、それでも納得されていない様子。

なんども説明しているうちに、どうやら源泉徴収簿にある算出税額というのと毎月もらう給与明細にある所得税額がイコールである、ということが当初わからなかったらしく、それがわかった途端

「それで昨年は一昨年に比べて最初から毎月二千円ちょいずつ多く給与を貰っていたということなんですね」とようやく納得された様子。時間にして10分以上かかりました。

こちらも「算出税額=所得税額」というのがあたり前というところから話していたので手間取ってしまったのですが、普通そりゃイコールとは思わないよなぁ・・・と反省。

その昔、会社員の頃は年末調整って何?の世界で、とりあえず保険料控除証明書があれば税金がトク、還付されるくらいにしか思ってませんでした。海外旅行行って「海外旅行で掛とく保険も保険料控除にはいるねんで~」と言われてラッキー程度に提出。(正しくは海外旅行傷害保険が損害保険料控除にはいる、です)

なんで税理士になろうと思ったのか、の私の最初の原点を思い起こさせてもらった質問電話でした。

ということで、しばらくは税金の話でもしようかと思ってます。ま、とどのつまり、すぐにネタ切れて「まいう~」になるかもしれませんけど(^o^;)

| | Comments (2) | TrackBack (2)

February 12, 2007

すぴりちゅある

本屋にて「スビリチュアルにはハマ人、ハマらない人」という本を購入。精神科医の香山リカ先生の本です。

心理学自体、精神面というかスピリチュアルな部分も多いと思うんですが、この本ではばっさり江原氏をきってます。前世とかオーラとか言われても証明の仕様もないしね。

このブームって今に始まったことじゃなくて、バブルの時にもありました。その結末がライフスペース事件やオウム事件だったのかもしれません。

当時もナゼか高学歴の人たちが真剣にオーラだの何だのと私の周りでも講じてましたが、その結果どうだったんだろ?単なる通過点・ハシカみたいにすぐに普通の会社員(今は役員クラスかな?)に戻っていった気がします。

「なんで自分が生きているの?」「どうしたらいいの?」という問いかけがスピリチュアルブームになるのかも知れません。

「前世でこうだったからだよ~」なんて言われると妙に納得したりして。でも「そこから先はどうしたらいいの?」「このままで大丈夫ですよ。守護霊がついていますから」(一部抜粋)

ホントにいいのかこのままで!?著者でなくてもそう思う。結局は自分で切り開くしかないんじゃないのかと。

もしかしたら、とりあえずは一時的に安心したいだけなのかもしれないし、そういった時期が必要なのかも。

そうでなくても今の世の中不安だらけだからね。

とりあえず他力本願で明日も水晶着けておこう・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 11, 2007

春の予感京都4

金閣寺を後にして、次は北野天満宮さんへ。

バスに北野白梅町まで乗ろうと歩いていると、よーじ屋さん発見。あちこちにあるなぁ。

P2100099 天満宮さん見る前に近くの古の花というところでおやつ。

昔の酒蔵を改装したという店内はなかなか変わっていておもしろい。

何人かが「まだお昼してますか?」と聞きにきてたど、本日終了とのこと。ここのお昼も人気のようです。ま、天満宮さん向かい「とようけ茶屋」さんほどではないでしょうけれど・・・(ここは三時近くになっても行列しP2100100てました)

肝心のお味の方は・・・「ここ!正解っ!!」。あの「ふたばの豆餅」とおなじ「みつまめ」のお豆がいっぱいはいってて(ただし冷凍物みたいで、まだ霜がついてた。でも美味しいので○)、餡も甘すぎずでもしいっとり甘く、寒天はここで固めたものなのかしら、ちょうどいい堅さでたくさんはいって、黒蜜もめちゃ甘ではなく、しかもボリュームあって◎!。

今日はお昼といいおやつといい、天気も春みたいで運ついてるなぁ。しかも帰ったら今晩はカニスキだし♪

P2100103 あとは天神さんの梅を見て帰りました。

ではしばし春をご堪能ください。

P2100109

まだこんな感じ。三分咲き?早咲きの梅は見頃でした。(三分咲きなら入園料も三割にしろ、とは言わないでね)

これからって枝も多かったので、まだまだこれからしばらくは楽しめそうです。

P2100102 昨年の梅花祭は、花はまだまだって感じでしたが、今年は暖かいので、いい感じでお祭りになるかもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

春の予感京都3

まだ2/10の散策の続き

昼ご飯を済ませて、いよいよ金閣寺。P2100091

金閣寺にはいる前の道から見える大文字(左だっけ?右?)

P2100093 青空に映える金。雪が積もるとまた景色も格別なんですが、雪が積もると寒さと足下の悪さで観光どころじゃないからね。

逆さマッターホルンみたく水面に映ってます。

ん十年ぶりの金閣寺。久々に見て「やっぱりすげー」と思いました。やっぱ京都ってすごいんかも。

知り合いに写メールしようと、連れが携帯に文字を打ち始めて即爆笑。

きんかくし」 濁点を打つ前に気づいたようです。小学生なみのギャグ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春予感の京都2

朝すこしだけゆっくり出てきたので、仁和寺あたりでお昼が近づいてきました。近くの「佐近」さんにしようかと思って、覗いてみたら、コースで4,620円から。。。また今度ね。

道すがらの富川さんでおつけものを購入。いや、お腹が空いてきているせいで試食がよけいに旨い(^^;) 白ご飯欲しいなぁ。ちなみにお店の中ではちょっとした喫茶コーナーがあり、コーヒーやソフトクリームも頂けるようです。とりあえず昼前なので次いっみよ~。

立命館大の前を通りすぎ、堂本印象美術館を通って・・・そろそろお昼決めないとなぁ。「まざあぐうす」を覗いてみたら「ただ今、軽食はしていません」とな。軽食は平日だけなのかな?残念。

通り過ぎてしばらくいくと、なんやら古風な店構え。P2100088 お蕎麦の権太呂さんです。ここでいっか~。鴨南蛮1,500円はちょっと高いけど。

店の一階はすでに一杯だったみたいで、二階に通されました。

どうやら二階席は私たちが初めての客だったみたいで、写真とり放題。こんな感じのお部屋でした。

どうやら古い民家を改装したみたいです。P2100083

非常にのどかな雰囲気がただよう二階席。

P2100084 私たちの席。

このあと二階席もすぐに満席となりました。いい時に来ましたね~

「本日のおすすめは権太呂のおだしで炊いたおでんです」というお姉さんの言葉にすかさず「じゃあ、おでん1つと鶏なんばんとにしんそば お願いします。」

P2100085 いやぁ、おすすめだけあって、このおでん、絶品でした。

おだしが具材に充分に浸みて、うーん「まいう~」大根とろとろ♪

P2100086

P2100087 鶏もにしんも美味しかったです。同じそば出汁かと思いきや、ぜんぜんスープの味が違ってた。

にしんは魚だけあってあっさり。ニシンの身はほろほろ♪

いや~いいお昼を頂きました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 10, 2007

春予感の京都1

三連休初日、今日は暖かい(桜の咲く時期くらいまで気温があがる)ということだったので、朝からお出かけしてきました。

出発は嵐山から。P2100069             

さすがに川沿いは風が冷たかったですが「さむいっ」て感じではありませんでした。

P2100071 さっそく川沿の春を発見。

時期的にも観光の閑散期なので、いつもの観光客銀座通りという感じではなく、毎回嵐山の人出がこれくらいだったらなぁ。。。と思いつつ嵐電に乗車。

P2100075 嵐山駅前で買ったわさび煎餅。ぱりぱりしてててそんなに辛くなくて旨かった。

P2100076 嵐山駅の足湯も今日はまだ「がらがら」。あれ?いつのまに「砂かけばばぁ」像が?と思ったらふれあい地蔵さんでした。

P2100079 乗換たらレトロ電車。おのぼりさん気分で撮りました。

P2100082 御室駅で降りたら、目の前には「仁和寺」の門がどどーん。

そのまま「きぬかけの路」を金閣寺まで歩くことに。最初は「仁和寺」「妙心寺」「竜安寺」「堂本美術館」あたりを観る予定が急遽変更。

なぜなら、一緒に行った人がなんと「金閣寺に行ったことがない」と言ったから。

そりゃ、まずは金閣寺みとかなダメっしょ。あと、どうも梅がそろそろいい具合に咲いてきているみたいなので、天神さんもいいなぁ、ということで、今回は「金閣寺」「北野天満宮」をみることにしたのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2007

町屋 片泊 その後

伏見は酒蔵の町、ということで、買ってしまいました。

P2040050 一番奥のボトルは月桂冠の大倉記念館を見学したらもれなく頂ける酒です。

そして酒の粕3種類とおなじみ酒飴。

酒飴は大吟醸の季節限定というのがありました。

酒粕は3つとも美味しいんですが、3つともかなり味が違っていて感動。

真ん中の玉の光大吟醸ってのが一番美味しかったですが、酒粕が板状でなく「もろもろ」なので焼くのに苦労します。

なので、今度は煮溶かして甘酒にしてみようかと。そして、この際、きき酒ならぬきき酒粕でも目指そうかとも。

P2040051 そしてJR伊勢丹でたまたまみつけた「ふたば」の豆餅。やっぱりここのはうまいっ!!

豆の塩加減と餅とあんこの甘さが絶妙っす。

(後談) この豆餅、食べるたびに「あれ?前こんなんだっけ?」って思うこと多々あり。今回も「餅が分厚くなった?」「豆の塩味がまろやかになった?」 この真相は不明。

以前他府県の百貨店でふたばの豆餅を購入した際、全く美味しくなかったことがありました。日にちが経っていたのでしょうか・・・京都のもんは京都で買うのが(できれば京都で食べるのが)一番ベターと思いました。

どの食べ物でもそうでしょうけどね。オリオンはやはり沖縄でやるのが一番旨いし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

町屋 片泊 二日目お昼

ということで、お楽しみのお昼ご飯。

今回は「黄桜かっぱカントリー」さんの地ビールレストラン。前から一人で伏見をうろうろしていた時に気になっていたレストランなのですが、なにせ一人ではちょっと入りにくかったので、今回は私の意見でココにしました。

P2040048 何度がこのブログに登場する写真。

そういえば、最近聞きませんね。「かっぱっぱ かっぱっぱ かーっぱ黄桜・・・(あと忘れた*-*)」そして、何でここのHPに国税庁のHPで申告のCMが載ってるの?

で、お食事。

P2040040

ビールは三種類から選べます。下戸用に一口ビールもあり。

飲む人に言わせると美味しかったそうです。

P2040042

P2040043

かぷらと蟹の豆乳グラタン(だと思う)

P2040044

P2040045

P2040046 最後のフルーツ以外載せてみました。

かなりお腹一杯です。

P2040047 黄桜の名前はココの桜の名前からきているそうです。春になったらまたこよう。

京都にもどってお買い物とお茶

P2040049 グランヴィアのカフェのケーキたち。右下モンブランはクリームまで栗の味でかなり美味しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2007

町屋 片泊 二日目 見学

旅館を後にして、今度は伏見へ。今回の目的は「試飲」もあるけど、酒蔵見学。下戸の私は酒粕が楽しみ♪

まずは月桂冠の記念館で見学のあと試飲。ま、試飲したら買うのは飲み助の心理ですね。みなさんお買いあげ~

P2040032 そのあとは、坂本龍馬が襲われたという「寺田屋」さんへ。

ここ、あとで知ったんですがなんと泊まれるんですね。素泊まりで飲食飲酒タバコは禁止、門限も8時ときつく、またさすがに龍馬が襲われたという部屋には泊まれませんが、一泊6,500円歴史好きにはたまらない宿なのでは?

P2040034 二階から外をみたところ。なかなか各部屋落ち着いた、とってもいい感じです。

ま、夜中に何かは出るかもしれんけど。

P2040037 お部屋のひとつ。なかなかしっとりとした感じ。

P2040038 やっぱり坪庭。

寺田屋の見学のあとは、いよいよお昼ご飯♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

町屋 片泊 二日目 宿編

11時ちょっと前にレストランから宿に帰ったら、もう部屋には布団がひかれていてました。

お茶菓子を頂いて、あとはお風呂にはいって寝るだけ。お菓子は節分の時だけという粟餅を頂きました。P2030019 宿の探索は明日ということに。

さすが繁華街というだけあって、夜遅くまで外は賑やかでした。

翌朝、「おはようさんどす」という女将さんのモーニングコールでお目覚め。そして朝食。とっても胃にやさしいメニュー。P2040020

朝食後、女将さんが「なんやあちらの筋で撮影してはるみたい」と言われたので、見に行くと、なんと「狩谷警部」のドラマ撮影中でした。といっても「狩谷警部って誰?」の私ですけど。サスペンス劇場の主人公だったんですね。

P2040025 撮影中。

P2040026 撮影と反対側

まだ朝なのでめちゃ静か。

女将さんの話だと、ここでの撮影はしょっちゅうだそうで、

「船越栄一郎さんもよう来はります。あの人撮影の合間ずっと電話してはって、誰にしてはるんかと思ったら奥さんにですねんて。ホンマにずっと電話してはります」

松居一代のネタじゃなかったんだ・・・ま、電話するのも嫌じゃないんでしょうね。夫婦は他人にはわからん。

で泊まった宿の写真。

P2040021 部屋からの景色。歌舞練場がみえます、って今もここでしたっけ?都踊りは。

窓にはすのこがかかっているので、すのこを開けないとこんな感じ。P2040022

町屋の奥には必ずある坪庭P2040029

そう、町屋は外と家の中が廊下で区切られていて、外の風が中まで入ってくるのです。夏はいいが冬は寒い。まさに紙と木と土でできた家。P2040030

ここの宿は「髪結い屋さん」「お茶屋」「お茶屋」「お茶屋」「旅館」で、旅館になって50年だそうです。

いったいいつから建ってるの?

P2040024 部屋のふすまを開けたところ。この板の間で踊るそうです。

ホテルに比べたら冷蔵庫もないし、障子の外はガラス戸もなくすぐ雨戸で風はピープーだし、部屋自体もそんなに広くないし古いし・・・

でも体験としてはおもしろかったです。昔の京都のばあちゃん家もこんなんでしたし、今はやりのレトロですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

町屋 片泊 初日夜にまいう~

夕方になるとあちこちで着物を着た女性を見かけるようになります。祇園だなぁ。。。

友達の要望で「よーじや」にて買い物を済ませ、さて今晩の夕食場所へ。今夜はなんと御池にあるスペイン料理「エルフォゴン」さん。今回は町屋シリーズということで、レストランも町屋の造りのところです。

P2030013

P2030014

スペイン料理ってパエリヤしか知らないんですが、いや~美味しいですねぇ。魚介類を豊富に使っての炭火焼きはサイコーでしたよ。

まずはキッシュとオリーブの実の突き出し。

チョリソーが塩辛くなく絶妙の味加減。これは期待できますなぁ。

カクテルはこんな感じでとオーダーしたもの。ジンとブルーハワイとグレープフルーツで翡翠色♪

P2030015 予約の時「席についたらすぐに前菜出して下さい。4人前中身は見繕いでいいです」って頼んでおいたら、こんな豪華な前菜でした。

さなりの家族連れの奥さんがコレをみて「どれを頼まれたのですか?」って聞いてこられたほどのできばえ。味はもちろん「まいう~すぎっ!」

しめ鯖にオリーブオイルとニンニクって合うんですね~

P2030016 続いて白魚のオリーブオイル煮。本場で鰻の稚魚でするやつです。油がぐつぐつ煮えたぎっているところを「はふはふ」まいう~

このオイル、パンにつけて食べたら・・・あぁ、また食べたいっ!

P2030017 すいません、あまりの「まいう~」にこの後すっかり写真を忘れ、気づいたら米に到達してました。

このパエリヤもめちゃ旨。お出汁がぎゅーっと染みていて、でも味は濃くなくてさらっと食べられる一品。

いや~京都でなく大阪だったらまた来たいお店です。京都で宴会は友達がちょっと遠い。

気づくと10時すぎ。町屋さんにはなんと「門限」があるのです!今日泊まる宿は11時。後ろ髪引かれる思いで店を後にしました。

また喰いたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2007

町屋 片泊 初日夕方

お昼を食べたところで、今夜の宿に荷物を置きに行きます。

今夜の宿はP2030004 コチラ。「旅館 紫」といって、祇園の中にあります。

とりあえず荷物を置いて、八坂さんへ。

この日は節分ということで、300円の小さな袋に入った豆を買うと外れなしの福引きができました。

ここは運試し!と福引きしたら・・・友達はサランラップ・私は小さい黒酢のドリンク。ま、人生、こんなもんかいなぁ。。。

3時から奉納舞踊と豆まきがあるとのことでしばらく待ってたのですが、遅れているというアナウンスがあったので、さっさと次へ。

P2030006 ご存知知恩院。しかし空青いね~冬とは思えない。

なぜ知恩院に来たかというと・・・友達が信三郎帆布店に行きたいと言ったから。

行ってみたら、なんと行列が出来てて、しかもお買いあげは一人三点まで。

暖冬とはいえ、寒い中を外で待ちました。

向かいの一澤帆布店さんは昨年秋に再開したそうなのですが、土日祝が休みとか。信三郎さんの店は日祝休。観光客にはせめて土曜日はあけて欲しいですね。

しかし、真向かいに兄弟の店・・・例の相続争いは新聞やTVにまで報道されてるしなんだかなぁ。。。

帆布店を出て、せっかくなので、巽橋あたりをまわって行くことに。

P2030007 そろそろ夕方。友達は「わぁ、船越栄一郎がいてそうだ」とここの景色を喜んでもらえました。

テレビだとずーっとこの景色が続くように見えますが、ホントは街角の一部分のみです。

舞子さん撮り損ねましたP2030008 。かなり遠く後ろ姿のみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

町屋 片泊 初日お昼

京都には「片泊」というシステムがあります。旅館なんだけど、一泊朝食のみ、あちゃら風にいうとB&B(ベッド&ブレックファースト)。

そして、その旅館は昔からの京都の町屋の造りになっていて、昔ながらの建物でB&Bするというもの。

前に旅番組か何かで聞いたことがあり、一度してみたいなぁ、と思い、今回はそれを実現してきました。

まずは遠方の友人をお迎えに京都駅へ。そしてグランヴィア京都「万彩」さんでお昼ご飯。せっかくの京都なのでおばんざいを食べてもらおうとここにしました。

土曜の昼間ということなのか、レストランに着くと待っている人が数組。予約してあったので、すぐに入りました。

頂いたのは、「万彩食膳」という、おかずは日替わりのおばんざい8品のなかからお好きな3品を選ぶというもの。おかず以外には、お造り・田舎汁・本日のご飯・香の物でなかなか豪華。そして2,194円とお値打ち。

P2030002

豆乳の蒸し物・ナスの蟹あんかけ・ほたてと白身魚のフライ・ひじき・お造り・切り干し大根・豆ご飯・田舎汁(最後の3つは写真にはいりきらなかったため写ってません)

こんなに食べたらお腹一杯です~

こうして、今回も「まいう~」の旅がはじまりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おばけさん

こんなに京都が近いっつーのに、昨日までこんな風習があることを全く知りませんでした。

それは「お化けさん」というものの存在。

よく占いなどでは節分で一年を区切るそうですが、季節的にも節分は春に向かう大切な日。

その日は秋冬の神様から春夏の神様にバトンタッチする日ですが、なにせ一日でバトンタッチしなければならず、神様が大わらわしている間に魑魅魍魎たちが、ここぞとばかりに人間に悪さをしでかそうとする。

その悪さを封じ込めるために、人々がお化け(魑魅魍魎)になって魑魅魍魎たちの悪さを封じ込めるという風習があったそうで、それが今の祇園に残っていて、節分の日だけ歳いったヒトが若い舞子さんの格好をして出歩くというもの。

昨日泊まった宿に帰ったら、玄関に舞子さんの格好してはるけど、どうみてももう歳いったヒトが立ってました。

宿の女将さんが出てきて「このヒトは舞子さんちゃいまっせ。こんな歳いった舞子さんはおへん。おばけさんどすえ」。節分には祇園ではこんな風習があることを教えてくれました。

全く知らなかった。。。あとで、ばあちゃんと母ちゃん(京都出身)に聞いたら知ってた。

「おばけさんて久しぶりに聞いたわ」祇園界隈だけの風習のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2007

あま酒

本日の事務所のお三時は「あま酒」。そのあま酒がはいっていたパックをみて私

「あれ?アルコールは入っていませんって書いてある」

「当然です。あま酒にはアルコールははいりません!!」 わが事務所の酒豪さん即答。

「え?アルコールってはいってないの?」と他の事務所の面々。

その酒豪さんの解説によると、どうやらこういうことらしい。

米のでんぷんをぶどう糖に変えるのが「麹」の働き。ただ、ぶどう糖は分子が大きすぎて、そのままではアルコールにならないそうで、さらにぶどう糖を麦芽糖に変えることではじめてアルコールになるそうです。

くわしくはコチラ

よって、あま酒はぶどう糖になった時の副産物、酒粕は最後のお酒になった時のしぼり粕。よって、あま酒にはアルコールがはいっておらず、酒粕にはアルコールがはいっているそうです。

ふーん、さすが酒豪さん、飲むだけでなくお勉強もされています。

「酒粕食べたら酔っぱらうよねぇ」 ← 事務所の下戸のヒト 私も同感でうなずく。

「そんな酒粕では酔いません!ただのカスですからぁ!」 ←もちろん酒豪さんの反応

注意) この事務所、いつもお三時しているわけではありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2007

旅割

なんでかはようわからんけど、今日からJALの先得もANAの旅割も、なんと6月まで予約できるみたいです。

そんな早く囲い込みせんならんくらいキャッシュに困っているのか?とも思える行動。

はやく予約できると休みの予定が早く立てられる というのが売り文句のようですが、時間が自由な学生ならともかくも、私たち社会人にとっては

「ぎりぎりまで休めるかどうかわかんないから、ぎりぎりなのに安くて嬉しい」というのが有り難いと思うんですけど。。。

とかいいつつ二ヶ月以上先の航空券を予約しました。(正しくは今朝、友達にしてもらいました)。しかも旅割と先得の両使い。(だって日本の先っぽってJALしかないねんもん)

どうやらそれが今年の旅行初めになりそうっす♪

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »