« 晩秋 源光庵編 | Main | 晩秋 まいう~ »

November 26, 2006

晩秋 光悦寺編

源光庵から少し歩いて、今度は光悦寺へ。

こちら光悦垣というのが有名で、京都の金持ちさんはみんな真似るそうですが、かなり値段はお高くつくそう

Pb260021 いきなり紅葉の門が迎えてくれます。

Pb260023 京都が戦火に遭わなくてヨカッタ。

Pb260024

Pb260027

ところで、花札の役に「松・桐・坊主」ってありますけど、あの坊主って何処の景色か知ってました?

実はここ鷹峯の山がモデルなんだそうです。

鷹峯街道を歩いていると、あの山二つの景色に出会えます。

景色がデカイので写真に入らなかったんですが・・・

探してみてください。満月の夜は本当にああ出るんだろうか・・・

ちなみに「松」に出てくる鳥は鶴ではなくて実は鸛だそうです。コウノトリの郷で知りました。

|

« 晩秋 源光庵編 | Main | 晩秋 まいう~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/12832680

Listed below are links to weblogs that reference 晩秋 光悦寺編:

« 晩秋 源光庵編 | Main | 晩秋 まいう~ »