« 晩秋 柳谷編 | Main | 晩秋 光悦寺編 »

November 26, 2006

晩秋 源光庵編

昨日の予告通り、紅葉を求めて京都は鷹峯に行ってきました。

ここは京都の端っこ、朝から JR京都駅~北大路(地下鉄)~バス と、なかなか遠いところ。

遠いですが、この時期、人で一杯、行きのバスも「てんこ盛り」の人。仕方ないですね。紅葉もここ数日でおしまいでしょうし。

Pb260002 まず訪れたのは源光庵

はいってすぐに「屋久杉」の屏風がありました。

この四月に行ってきたばかり、ということで写真。こんなとこにまで屋久杉がきているとはね。

Pb260004 うーん、見事な紅葉。

そしてこの紅葉を切り取ったのが、かの有名な

Pb260007

迷いの窓

Pb260010

悟りの窓

人はいっぱいで悟るヒマなしでしたけどね。

Pb260014 血塗りの天井。足跡ついているのわかりますか?

上から二番目、右から二番目。

ひぇ・・・

Pb260013 竹林との対比が見事なお庭。

遠かったけど来てヨカッタ。

帰る頃には拝観料を払う人で長蛇の列が出来ていました。

|

« 晩秋 柳谷編 | Main | 晩秋 光悦寺編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 晩秋 源光庵編:

« 晩秋 柳谷編 | Main | 晩秋 光悦寺編 »