« 慰安旅行 1 | Main | 晩秋 光明寺編 »

November 25, 2006

慰安旅行 2

朝起きて、宿の朝食を頂く、とその前に宿の前をしばし散策。空気が冷たくて澄んでいるのがわかります。Pb240029 Pb240026

宿の周辺、どこ見ても見事な紅葉でした。

Pb240032

軽トラがじゃま・・・って人んちの車に言うな~ってか。

つるし柿、昔はうちでも干してましたけどね。すぐにカビてしまってた記憶あり。

Pb240036 宿の前の道。綺麗です。

Pb240038

Pb240037  お待ちかねのご飯。この山菜おこわ、なんとお土産に一人3パックもいただけるのです。

これが!濃くもなく薄くもなく、固くもなく柔らかすぎず、とにかくめちゃ美味なんです。我が家では3パック、2食でなくなりました。

思うに蟹か何かのダシがはいっている模様。とても美味しいです。

Pb240039 高松宮さんが神鍋にスキーにこられた時は、いつもここの宿のこのお庭の見える離れを使っていらしたそうです。

Pb240040

見事な紅葉。おかみ自慢の部屋らしく、「みんなにも見てもらってや~」。

ちなみに、ここ「ゆとうや別館」さんは城崎にある「ゆとうや」さんと関係あるそうです。

そういえば、城崎の「ゆとうや」さんは20年前に泊まったことあり。ここも確か宮さんが泊まられたとかで写真が玄関にあったかと。

Pb240041 ここ宿のおかみさんはなんと今年80歳。でも、腰が悪そうな他は、とてもお元気そうで、何かにつけてちゃっちゃと用事を済ませておられました。

たとえば私たちが「明日の昼は出石でそばを・・・」「店は決まってるの?」「いや、たしか前食べたところが よしむら とかいうところで・・・」

と言うと、すぐさま「よしむら」に電話、「そちら予約出来るんですか?では明日12時に6名行きます」って感じで、こちらから頼む前に段取りしてもらえたり。

そういうところ、八重山の民宿を思い出してしまいました。

Pb240044 出石のそばの前にちょっと観光。こうのとりの郷です。

そこのポストはこーんなのでした♪

Pb240066 その後そばの前に出石の宗鏡寺(沢庵寺)さんへ。

過去なんども出石へは来ていますが、ここのお寺は初めて。紅葉がみごとなお庭でした。

Pb240070

Pb240074 ここの鐘は一人一回つくことが出来ます。

そして・・

Pb240079 ここ「よしむら」さんのおそばはやはり美味しいですね~。昨年も感動したけど、今年も感動。平日なのに12時には並んでました。

町中のきんつばは残念なことに売り切れてましたが、ま、このおそばでこの旅が締められてヨカッタ。

Pb240075 店の軒先にあった灯籠みたいなやつ。

無事一泊一日半の旅終了。

おっと、大事な写真をアップするのを忘れるところでした。

日本海で獲れたという蟹の証。私の頂いた蟹についてたタグです。

Pb240089 漁船の名前もはいってました。

|

« 慰安旅行 1 | Main | 晩秋 光明寺編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/12820119

Listed below are links to weblogs that reference 慰安旅行 2:

« 慰安旅行 1 | Main | 晩秋 光明寺編 »