« 核実験 | Main | 八重山四杯目 初日その2 »

October 09, 2006

八重山四杯目 初日その1

はやいもので(?)八重山の旅もなんと今回で四度目。いや~何度もきちまってるぜ、もう常連だがや、と思っていたら、実はまだまだ初級クラスなのを実感した旅でありました。

理由はのちほど・・・

10月5日(木) 関西は雨 石垣晴れ

雨模様の中五時に起床。簡単にパンとコーヒーで朝食を済ませて、タクシーで最寄り駅へ。途中の駅で妹と待ち合わせ、駅にあるスタバで関西空港まで行く電車中で飲むコーヒーと宿への土産としてコーヒー豆を購入。

関西空港に8時ちょっと前に到着。チェックインした際に「二人並んで座れる席はもうないのですが・・・」と言われちょっとがっかり。仕方ないので前後で座る。今回はANAスカイホリデー使ったんですが、やはり座席指定は早めにしておくべきでした。

いつも思うんですけど、あの小さい飛行機、座席は3-3ではなく2-1-2ではダメっすかね?ちなみに機種はスーパードルフィン、11月から運休路線となる関空~石垣は満席でした。連休前々日だしね。修学前の子供ずれ家族も多かったです。

飛行機飛び立った途端、泣きやまない赤ちゃん一人。耳痛いんだろうねぇ。。。

右手に珊瑚礁の青い海が見えて、無事石垣到着。天気はピーカン。いや~台風どこいっちゃったんでしょうねぇ。16号と17号ダブル発生してたんですが、今回ノー天気晴れ女の妹連れてきたお陰で、逸れたみたいです。

桟橋までタクシーで。道から見る光景は前回の13号のせいでサトウキビは茶色、椰子の葉も茶色、ところどころ落ちた赤瓦の屋根の家、青いビニールシートの屋根。。。全体的に茶色い印象で、関西でいうと、冬の箕面の山みたいな枯れ山の色。

それでも新芽がではじめた木々もあり、自然の力強さを感じる光景でした。

「何度目?妹さん初めてなら川平湾は?」という運転手さんの営業トークを聞き流してまずは西表への船確認。

予想どおり風が強くて上原便は欠航。仕方ないので13時の大原便にして、まずは昼ご飯にと「ゆうぬくみ」さんへ。

と、タッチの差で家族連れが先に店には行って満席御礼。あ~ぁ。船の時間上、席があくのを待っている時間もないので、毎度おなじみの公設市場の上の食堂へ。

Pa050015

Pa050016

今回こそゆうぬくみさんで・・・と思っていただけに残念でしたが、それはそれ、これはこれ、がっつり美味しく頂きました。

フーチャンプル定食とカレイ唐揚定食です。波荒れているのにこんなに食べて船大丈夫か?

Pa050017 市場周辺の100円カットフルーツ買って乗船まで桟橋で頂く。やっぱここで飲むさんぴん茶は旨いね~フルーツはパインとドラゴンフルーツ。

風が強くて、写真とった後、フルーツがカラごと飛ばされそうになりました。

Pa050018

波は高かろうが風は強かろうが海は青い!

この桟橋も今年中には新桟橋に移るみたいです。といっても新桟橋、見た感じでは、工事はまだまだかかりそうな気配やったけど。

13時10分前に乗船し、いよいよ故郷の西表へ!

|

« 核実験 | Main | 八重山四杯目 初日その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/12214541

Listed below are links to weblogs that reference 八重山四杯目 初日その1:

« 核実験 | Main | 八重山四杯目 初日その2 »