« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

October 31, 2006

非常に悩んでいること

今、非常に悩んでいること。6,000円のヤシガニのフルコースを食べるべきか(予約すべきか)否か。

http://www.churashima.net/shima/yonaguni/e_20030612/index.html

やっぱ予約しとくかな。

他に悩むことはないんか! って言わないでね(^^;)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 29, 2006

ハイキング in 鞍馬

本日は鞍馬から大原に抜ける道をハイキングしてきました。

ここは京都一周トレイルの一部 東海自然歩道にもなっているので、標識もしっとかりしており、迷うことなく歩けました。 

まずは電車等を乗り継いで鞍馬まで行き、近くの店で山菜おこわのパックと山椒餅と草餅を買って食料の調達。

そこから大原までの約三時間の道のりを歩き初めます。Pa290233 いい天気ですねぇ。後半曇ってきましたが、前半は青空。

鞍馬寺を通りすぎてすぐの所に大原への曲がり角があります。

Pa290234 こんな民家と民家の隙間みたいな道を曲がってすぐ

Pa290235 八幡宮さんがあり、その横の細い上り坂を登ると・・・

なんと25分ほどはずーっと上り坂(**) 気軽なハイキングコースと思って出かけたので、ちょっとショック。いくら涼しい鞍馬でもさすがに汗だくになり。。。

坂を登り切って30分ほど下ると、静原という静かな集落に出ます。Pa290238

Pa290236 Pa290240

この集落では、四季折々のお花を咲かせているみたいで、今日は近郊の観光客相手に芋掘り大会をされていたらしく、あちこちでバーベキューの用意がされていました。うまそうだった・・・

ここはPa290243_1 集落の中を通り抜けます。

Pa290244_1 赤い紅葉をみつけました。他の紅葉はまだまだ青かったので、種類が違うのでしょう。

この集落を過ぎるとまた山道にはいって、小さな峠を越えると、大原までの車道に出ます。

Pa290247 車道に出る直前の角にちょうどベンチがあったので、さっき買った山菜おこわを頂きます。

Pa290248 くちの中で山の幸の運動会や~(彦麻呂風)

Pa290251 そこからはのどかな山里の道をあるいて、寂光院近くまで行き、

Pa290252 先月おじゃました足湯にて、ハイキングの足の疲れをいやしました。

またマンゴージュース飲んでしまいました。

Pa290253大原のバス停に戻るまでの道にある「たんば茶屋」さんで、紫蘇ゼリーパフェを頂きました。

うーん、紫蘇の味。

帰りの京都駅までのバスでは爆睡。日曜とあって道は混み混み、バスも大原から京都駅までなんと一時間半かかりました。おつかれさ~ん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のランチ

土曜日はDDハウスにある遊食屋さんというお店でランチのあと、岩盤浴とエステに行ってきました。

写真はランチで頂いた ゴーヤチャンプル定食とタコライスセットのタコライス。ここは沖縄料理、というのではなく九州より南のメニューがあるみたいです。Pa280228 Pa280229

美味しかったですが、個人的にはやはりいつも行く西中島のお店の味が一番好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2006

NMPあれこれ

その昔、携帯でメールが出来る!というのがそこしかなかったのでJ-Phoneにしました。あっという間に他社でも出来るようになったけど。

その後、ボーダフォンになり、そのまま使っていたんですが、三ヶ月くらい前から、どうも家で携帯の電波の入りが悪くなり、とうとう最近は夜にはメールが全く届かず、朝出勤途中で、昨夜来てたであろうメールどかどかっと入る、という状態。

近所の電波状態が悪いのかと、近所のショップに聞いても煮え切らない答えばかり。

昨日は家で携帯の番号を家の固定電話で鳴らしてみたら「電波のはいらないところに・・・」ときたもんだ。携帯の意味ないじゃん!

思い切って、今朝ナンバーポータビリティーの予約番号を取ろうとしてびっくり、主線の解約手数料は2,100円でまぁ相場やったけど、副線の解約手数、なんと10,500円!!(解約手数料は入っている料金プランによります)

で、何か安くて家でメールが出来る方法は・・・「やっぱ携帯の機械そのものが悪い?」

ショップに行って、修理点検をお願いし(630円かかるらしい・・・)、代替機にしたところ、いまのところふつーに繋がるしメールが来るし。。。なんら不都合なし。

すんません、てっきり旧ボーダフォンが悪いと思ってました。

八重山ではボーダフォンはほとんど使い物にならず、でもそれがちょい気に入ってたり。

携帯がない生活っていいよな~って。「旅行先では携帯繋がらないんです~」って事務所から旅行へ出て行く時の開放感♪

ちょっと前まで携帯なんてない生活やってんどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気になること

最近、毎週木曜日に必ず気になること。

なんで内田有紀と離婚したんだろうか。。。

ぼそぼそとした話し方と負け犬のような目はいい人に見える って長井くんがエンタの神様で言ってたけど、その通り!!ってギャグなのにナットクしてしまった。

Dr・コトー 与那国旅行の予習のために見てます(^^;) ハブいないんだってね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

October 25, 2006

買換の特例って

やっぱり、長期保有だったらなんでも行けた15号買換(16号買換)って今年いっぱいでなくなるんですかね? かなわんなぁ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あぁ、広大地

一日研修、終了しました。モブログで写真送ったんですが、なんかイマイチだったので写真アップし直しました。

確か一ヶ月くらい前にYOKARO先生も同一内容のを九州で行っていたような。。。(ですよね?)

いや~、身につまされた講演でした。広大地評価の現状。ちょうど一年前にもH17年の「広大地の判定にあたり留意すべき事項(情報)」が出た際に広大地評価の講演があり、その時は「難しいですが、適用できるところも多いのでやってみてください」みたいな話だったかと記憶しているのですが、自身は一度もやったことなくて「ふーん、そんなもんか・・・」で終了。

が、その後広大地にでくわしてあたふた(*-*)、なんども市役所に電話したり確認しに行ったりした実体験後の話だったので、いつもなら午後の睡魔がくるのですが、今回はまったく睡魔ナシ、「あぁ、あれでよかったんだろうか、間違ってなかったのかしら、ドキドキ・・・」のまま午後の部は終了、その後事務所戻って自分のやったファイル開いたのは言うまでもありません。(小心者)

判例っていつも思うんですが、結局結論はあっちにいったりこっち行ったり。。。今回の判例の話(一部はまだ裁決ですが)も、あっちでは「いい」と言いながらコッチでは「だめ」。

先生も言っておられましたが、裁判は騙された方が負けの世界なのです。真実がどうこうって世界ではなく。

実務やってると「真実は・正解は?」って世界ですが、裁判では言ったもん勝ち。そのあたりが、なんか気持ち悪いところではあるのですが、今この世界ではそれは仕方ないこと。

おりしも今週号のアエラにも大企業が租税の裁判をどんどん起こして勝訴していることが出ていました。これからますます住みにくくなりそうな予感。。。

それにしても、ものすご~い勉強されてますね、S先生。同じ一日24時間のばすなのに。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

研修会

Pa250226

今日は朝から一日研修です いしだ先生大ファンの講師です
内容濃そう(*_*)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

秋明菊

秋明菊

秋本番 紅葉が待ち遠しいです 朝のNHKでも紅葉の天ぷら映してました

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2006

のだめカンタービレ

なんでピアノ科の生徒がモーツァルト2台のためのソナタ程度なんだ?んなもん中学程度でやってるだろうにねぇ。。。

と色々と突っ込みながらみてます。のだめカンタービレ。ま、「ノー天気」なところは音大生って感じですね。

私たちの頃も「声科(うたか)」「ピアノ科」「楽理or作曲」ってのは一目瞭然でした。んでもって「エロじじぃ」ってのも実在してましたっけねぇ。

副科の声楽の授業で、美人の学生が「アベマリア」歌うと「キミのイメージにぴったり」とかぬかすエロじじぃ。(実話です)

あぁ、ん十年前の話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

えだまめ

えだまめ

取れたてをいただきました 今夜はビールで決まりです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2006

万博記念公園

本日は絶好の秋の行楽日よりということで、行ってきました。万博記念公園。数日前の新聞で「コスモスと向日葵が見頃です」というのが載っていたので決めました。え?向日葵?とは思いますけど、この時期に。

12時についたのでまずはお昼ご飯。日本庭園内の無料休憩所で、買ってきたお弁当を食べました。ここは無料休憩所がいっぱいあっていいねぇ。どこかのテーマパークとかだと持ち込み禁止とかうるさいけど、ここは実に自由。実際、かなりの人がお弁当を広げていて、一時満席になってました。

別に持ち込まなくても「おにぎり」とか「うどん」などは販売されています。これからちょっと日陰が寒い時期は持参のおにぎりと「うどん」とかもいいかも。

Pa210181 こんな景色を目の前にしてPa210182

ちょっと豪華目のお弁当。まいう~

Pa210186 食べた後は日本庭園内を散策。紅葉はまだで見頃の花はあまりないけど、ゆったりできます。

Pa210188 てっぺんだけ赤くなった木。

Pa210191 池の主。どうも何かを観光客からいつももらっているらしく、人の気配がすると亀だの鯉だの鴨だのが寄ってきます。

Pa210201 Pa210202

Pa210196

日本庭園前のバラ園も見頃で、あたり一面いい香りがしてました。

Pa210205 場所を移動して、ソラードっていう空中観察塔へ。はじめて来ましたけど、なかなかいいですね~うっそうとした森林の中(空中)を歩きます。

Pa210207 さいごに塔に登って

Pa210208 絶景かな絶景かな~

Pa210209_1

一面のコスモスです。すごかった。

Pa210216

Pa210211_1

そして向日葵との競演 Pa210222_1

優雅な一日を過ごしました。

あと、いつの間にか無料の足湯コーナーが出来ていましたが、45分待ちとかで諦めて帰ってきました。

今度いつかチャレンジしよーっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2006

もういくつ寝ると・・・

翌年のカレンダーの販売やバーゲン時期なんかは年々早くなるんですが、とうとう今年はコレまで早くなりましたね、おせちの予約販売。

地元の百貨店でも今週初めから予約開始というから驚き。とりあえずパンフレット下さい、と言ったところ、、「まだなんです。来週末には・・・」え~、既に予約開始してるのになんで~?

たぶん他の百貨店が早めたのでここも急遽早めたんでしょうねぇ。。。まだ10月、八重山なんかはまだ夏やっちゅーに。(あっちの衣替は12月です)

いつの間にか、我が家ですら「おせち」は作るものから買う物になったようです。

一度買うと戻れない、あぁ戻れない。戻る気さらさらなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2006

前回の宴会より

こないだの宴会からのネタ。

宴会メンツのうち一人が、栄養士の学校の助手をしてて、何かのおりに生徒とした会話を披露。

  • 助手  「働いても働いてもお金たまらへんなぁ。じっと手をみるわぁ」
  • 生徒  「え? 手を見て何かあるんですか?」

最近の子供はこんなんだそうです。マジで素で言うそうです。ゆとりなんとかで教わっていないのかしらね。「砂つかんで何がおもしろいんですか?」って世界だそう。

今日も事務所でじっと手を見た私・・・

では最後に今回の宴会のナイス一言。

(職場の上司に向けて)

 「私はサンドバックじゃありませんからぁ~」

宴会メンツ一同、激しく同感!

Pa080133

今すぐにでも帰りたい場所っす(;-;)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

October 16, 2006

誤廃棄

国税局他で申告書、誤廃棄ですと。ココ

おぉ、これで調査逃れられるところもあるかも、と思いきやデータは残っているそうです。なーんだ、ってそういう問題?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 15, 2006

ビバ!沖縄!

先週の今頃はそろそろ帰る時が近づいてブルーはいっている頃だったのですが、今週末は、友達と「おきなわん宴会」をしました。

場所はいつもの「かりゆし」さん。(何度目?)以前、金曜の晩に行った時は人いっぱいでしたが、昨夜土曜は、テーブル席がずっと1つあいてました。

ママもいなかったし、オフィス街なので土曜は空いているのかも知れません。

ま、空いてようが空いてまいが、関係なく7時すぎから11時くらいまで飲んで食べてました。Pa140175 Pa140178 Pa140179 Pa140180 Pa140177 Pa140176 Pa140173

Pa140171

この他にグルクン唐揚・もずく・キュウリ味噌・豆腐よう・デザートのブルーシールアイスなど写っていない(撮るのを忘れた!!)のもあります。どれも旨かった。

さて、彼女たちは何杯のんだのでしょう。。。さんざん飲んで食べて一人5,000円(泡盛一杯サービス券付)。ビバ!沖縄!

飲んだ後は向かいのホテルで一泊。そう、なんと泊まりがけ宴会。飲んでそのまま寝れるっていいねぇ。翌朝は岩盤浴で酒抜いて帰りました。私は飲んでないけど。

あ、参加者の写真とるのすっかり忘れてもた(^^;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 14, 2006

パイン

先週の今頃は故郷にいたんだなぁ、と思いつつ朝から食べました、パイン。

いや旨いっすよねぇ。あっちのパイン。今回6個も買ってしまいました。(もちろん現地から送った)Pa140170 うち2つは事務所に行ったけど。

6月の時のは芯まで美味しく柔らかかったけど、今回のはちょっと芯がありました。

それでもこの濃厚な黄色♪切ったときの汁の濃度の高さ♪

また来年の6月末にはマンゴーも食べたいものです。でも今回の台風13号の被害が大きかったみたいなので、あまり出回らなくなってしまったかも。

そういえばパッションフルーツも今回は全く見かけませんでした。暴風で飛んでしまったのかもね(;-;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2006

嫌われ松子の一生

Dr.コトー始まりましたね。今度行く身としては見ておかないと、と思ってTVつけたんですが・・・

ダメでした。なんか画面が内容が白々しく思えてしまい、流血シーンがダメってのもあるけど、最後まで持ちませんでした。

瑠璃の島でも同じような感覚で途中で観るのを止めてしまいました。

なんででしょうね。

感覚が、向こうにいる時は非日常でこっちいる時は日常だからでしょうか。それとも、もともと私の感覚は冷めているのか、年とともに純情でなくなったのか?(両方とも言えるけど ^^;)

そういえばいつもの宿にいた常連さんたちは圧倒的に男性が多い気がしました。感覚が違うのかも。。。って思いました。

今回旅して、やはりあっちには住めないな、と実感した旅でした。別に嫌なこととかあったわけじゃなく、逆に非常に楽しかったんですが。

ところで今、「嫌われ松子の一生」を読んでます。なかなか怖い。人生、一歩間違えると、そして誰にでもその間違いへの分岐点があるというのを、実感させられます。

たまたま、今の人生は間違いへの分岐点で右へ曲がっているだけ、何時左へ行くのかは。。。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 12, 2006

八重山四杯目 5日目

10月9日(月) 晴れ 風波ともおだやか

あぁ、最終日、しかも飛行機はなんと9:35発 最低やね。夕方便は那覇経由でも全て満席。連休最後やしね。次はもっと早く予約しよっと。

6時過ぎに起床。さっそオープン・ザ・カーテンPa090163

夜明け前の月が出ていました。下弦の月っていうんでしたっけ?

こーゆーところでは自然が近くに感じられます。

Pa090165 朝ご飯をたべるために部屋を出ます。

今日もいい天気になりそうやなぁ。

カヌー屋のガイドが言うとった「ちょうど帰るときに無風のお天気の八重山を飛行機から見れそうですねぇ。。。」

Pa090166 ここの朝食は和洋バイキングでテラスでは高速船を見ながら頂けます。バイキング内容は普通ですが、パインはさすがに美味しかった。

8:35にタクシーに乗って飛行場へ。JTA側土産店にはまたもや「みね屋」がはいってました。前はたしかなかったぞ~

那覇につくと、なんとハンティングが免税2割引で売ってました。しかも前から欲しかったTトート型のバックが!!都会に近づくにつれ、物欲がもくもくとわき出てきて。

しまった~知らなかったからみね屋で使ってしまった。。。12月のこともあるのでここはぐっと我慢・我慢。。。(;-;) 今回の旅 唯一の心の傷。。。

神戸空港に1時過ぎに到着。人が多くて酔いそうになった。

切符を買おうとすると、あれ?自販機に札がはいらない??よく見ると夏目漱石の旧札。島ではまだ使われていたみたいです。

ということで、また12月♪

今度は今夜から始まったドラマの舞台の島。ちょっと見てたんですが、どうも医者物は・・・やっぱりダメ。主人公もどうしても北の国から、に見えてしまいます。島の風景はきれいやね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八重山四杯目 四日目 その2

大原港を後にして、驚くほどのエメラルドグリーンの海の上を船は走って、今夜の宿のある石垣島に着いたのが二時半すぎ。

ホテルにチェックインしに行くと「チェックインは15:00からですが既に客室の用意が出来ていますのでご案内します」といって客室に入れてくれました。そう言っておかないと、毎回15:00前に来られても困るからでしょうね。

10階ホテル客室からの景色。なかなかいいやんけ~Pa080153_1

今回のツアーでは基本料金だとスリープインで、別にそこでも充分よかったんですが、ちょっと奮発して2,500円アップのココ、イーストチャイナシーにしたのです。

この景色ずっと見られるんやったら、ま、2,500円出してもいいわ。

(最後の朝に里心がつくけど・・・ ;-;)

どんどんと風と波がおだやかになっていくまがわかります。ちぇっ。

荷物を置いて先ほど着ていた水着他を干して、さて買い物。まずはホテル全日空までタクシーで行き、全日空のみね屋さんで欲しかったものをゲット。(今回、本店まで行く時間がないので)

またまたタクシーでアヤパニモールに戻ってパイン他買って自宅配送。Pa080155

写真は公設市場の2Fカフェの石垣牛ミルクと川平ファームのパッションジュースのソフト。ここオリジナルおすすめ、とあったのですが、うーん微妙なお味。。。

と公設市場にもみね屋発見!前ここにあったったけか?

ふと妹を見ると、またカバン購入思案中。おいおい、さっき全日空で買ったでしょ、体は一つしかないよっ!すると店員さん「全日空でも買って下さったの?ありがとう。あそこしかない色遣いあったでしょ?店によって少しずつ置いているものが違うの」

上手いねぇ。さっき全日空仕様とやらを買っておいてよかったよ。

そうこうしているうちに五時になったので、今回の超お楽しみ「焼き肉 やまもと」さんへ。

予約するのが二週間前と遅く、予約時に「五時から一時間なら」という条件付きだったので、がっつり食べる用意でいざ入店。

入店したとたん、ここのおかみさんがバイトに怒る声。

「五時出勤といったら五時ちょうどにくることと違うよ!10分前に来て用意して五時から仕事することよっ!」

なんだか「五時予約といったら五時ちょぅどにくることと違うよ、10分前に来て食べる用意しておくことよっ」と言われている気分。

その他色々とバイトに怒りながら指図しているのがカウンターから丸見えなので、サービス業として「どないなん?」というのはぬぐえず。

ま、気を取り直して無視して石垣牛を注文♪ハラミはもともと置いてないのか五時開店と同時注文なのにナシと言われ、仕方ないのでまずは上ロースと焼きシャブと塩タンとライスを注文。

Pa080156 きましたきました、石垣牛の焼き肉♪ 写真はここの名物焼きシャブです。

さっとあぶってタマネギスライスを巻いて、ポン酢でいたたきまーす。

Pa080157 写真はあぶっているところ。塩タンも乗ってる。

Pa080159

キターァーーー(2ch風)、生きててヨカッタ、というかたとえ五時から一時間でも迷わず予約してヨカッタ!

焼きシャブのこんなお肉初めてです。いやぁ、また喰いたい。ブログ書いてて思い出しただけでヨダレが(^^;)

最初一人前頼んだのですが、すかさずもう一人前追加。と石垣牛のたたき一人前。たたきはかなりのボリュームがあり。

この焼きシャブ、グルメライターでないのでボキャブラリ貧困のため、上手く表現出来ませんが、適度に歯ごたえがあって、でも、噛むととろけて肉の旨みは口に残したまま、いなくなる感じ。

上ロースもタンも美味しかったのですが、これが一番。あ、ホルモン系は食べていないので、そちらにも一番があるかもしれませんが、とにかくこれはお勧め。一時間と言われても五時からと言われても迷わず行きましょう!ただしおかみさんの起こり声付きですが。

途中、予約電話がよく掛かってきてましたが、既に11月の初めの予約の声も聞きました。すげー。

肉肉肉と食べて二人で7,000円ほど。ただし飲めばもっとかかるので、予算的には大阪で普通の焼き肉屋さんに行ったくらいかな。でも味は!!です。行ってヨカッタ。 

喫茶メームイで食後のコーヒー。すでにチーズケーキは売り切れていましたが、ヨーグルトケーキもかなりgood。ここのケーキはいけてます。(写真とるのは忘れました)

Pa080160 宿に戻ると、最終便(小浜から?6:30くらい)が到着。夕暮れの桟橋をぼーっと椅子に座って眺めました。この頃からそろそろブルーがはいる。

Pa080161

こんな感じで椅子に座ってぼーっと眺める。

Pa080162 どんどん夕暮れていきます。

暗くなるまで眺めて、シャワーを浴びたら、トントンとノックの音。

八時から足マッサージを頼んだのでした。疲れた心身に心地よいマッサージ。

最近はたいていのホテルにアロマなんかのリラクゼーションマッサージのご案内がベッドサイド机に置いてありますね。あれって絶対頼んでしまう。。。今回も誘惑に負けました。

40分してもらって、またまた夜の桟橋を眺めて就寝。

どこからともなく三線の練習している音が風に乗って聞こえてきました。上手な音で、安土屋ユンタ・島唄・竹富島で会いましょうetc 夢の中で歌ってしまう(^o^)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 11, 2006

八重山四杯目 四日目 その1

10月8日(日) 晴れ 北風・波ともにだんだん弱まる

本日も6時に起床。不思議と6時前には目が開く。玄関まで出てみると、お月さんが出ていました。Pa080129 夜明け前の月。

西表でみる月はこれが、さい~ごね~と~♪(注 なごり雪の節で)

いやいや、今年は最後かもしれんが来年はまたきまっせ~

帰るのは明日なんですが、明日の飛行機は朝早い便のため、実質遊べるのは今日が最後。しかもまだ「土産」なるものも買ってない。日本人の旅にはこれがあるからなぁ~

ということで今日もがんがん遊びまっせ~

いつも「八重山いったらゆっくりまったりしよ~」と思うのですが、気が付いたらがんがん行ってしまってます。

昨夜、常連さん一人に「いつもここでは何してるの?」と聞いたところ、「なーんにもしない。なーんもしてないところに「たことりに行くよ~」って言われれば「はーい」って行くって感じ」

はやそこまで到達したいもんですけど、そこまで行くにはあと何十回来ないといけないんだろ(^^;)

Pa080130 お宿最後の朝食もがっつり2杯お代わりしました。家ではぜーったいこんなに入らない。食パン一枚とコーヒーがやっとなんですが。

そうそう、納豆に「コーレグース」入れると旨いことを発見。常連さんがしているのを見てやってみたら旨かった。あと刺身の醤油にも垂らしていました。何にでも合うのね~

Pa080132 宿で黒紫米を購入。米三合にスプーン一杯程度を混ぜて普通に炊くそうです。わたしゃこれ全部一度に炊いているのかと思った。今まで食べたのは、それくらい色が濃かったので。

朝食のあとは今日の朝便で帰る人を上原港までお見送り、そして私たちはそのまま星砂の浜まで送ってもらって浜遊び。今日はようやく上原便が出るみたいです。

上原港についたら、前に大型バスが泊まっていて、旅行者がぞろぞろと降りていました。バスのロゴを見ると「ニライカナイ」。ユニマットが作った大型リゾートホテルで色々といわくのあるホテル。(お化けが出るとかじゃないよ)

車の中で帰るお兄ちゃんがぽつり。「やっぱり、なんかちゃうな~とおもた」。すかさず浩美さん「うちの客とどこが違うのよ~」 どうみても違うやろ、格好から醸し出す雰囲気が(^^;)

星砂の浜に到着。浜の上の売店で星砂等を売っているおばぁが声をかけてきた。

  • 「あけぼの館さん泊まりか」
  • 「そう、でも今日の昼に帰るの」
  • 「あそこは上等、食事は美味しいし、浩美さんも上等。さっきニラカナイのバスがきてぎょぅさんの観光客がきとった」←なにや後半に含みある言葉
  • 「これ食べて」とさとうきびの剥いたやつを頬張らせてもらいました。うっすら黒糖の甘さ。まいう~

売店でシュノーケリングを借りて、二人で海をのぞき見る。海中の写真はございませんが、だんだんと潮がひいてきて、たくさんの魚をみることが出来ました。

Pa080138

この青い浜も今日でお別れ。一時間半ほどたっぷりと遊びました。

浜からは徒歩で宿まで帰ります。

Pa080144_1 道途中から中野海岸沿いで宿に向かいました。

台風後でも緑と青のコントラストが残っていて嬉しい。

Pa080140 台風後に咲く貴重な花。あかばなーは一日でしぼんでしまいます。

一期一会の花です。

宿に戻ったら予定どおり11時半。帰ったと同時に宿のおかあさんが、「上原便 10:30から欠航になった」

えーっ!!上原便と思って今まで遊んでたのに。大原廻りだとプラス一時間余分にかかるじゃん。

大急ぎでシャワー浴びて水着脱水して・・・12時過ぎに宿を出ました。宿のお客さんたちにちゃんとさよなら言えなかったのが心残り。

デンサー食堂で前回食べられなかった「野菜ソーキソバ」を注文。きてみたら「でかい!」Pa080149

ゆうに二玉ははいっていたと思う。でも二人とも「多いな」と言いつつしっかり完食。なんでだろ~♪

Pa080150 前回上原港で来たときはただのコンクリート岸壁のみだったのに、今回はちゃんとターミナルが出来ていました。その名もデンサーターミナル。鳩間経由ができたからかな。

ここからバスに乗って大原まわり。バスの中では八重山商業の試合がラジオで鳴っていました。秋季全国選抜大会だそう。

Pa080152 さよ~なら~ 西表。でもまた来ます!!えぇ絶対来ます!なにがなんでもまた来ます!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2006

八重山四杯目 三日目

10月7日(土) 晴れ時々曇り 北風つよし

今朝も六時に起床、宿の屋上にあがり朝日を待つが・・・やっぱり海上は雲が厚くて日の出は拝めそうになし。

でも風は昨日より少しマシになっているみたいで、昨日は屋上に立っているだけで寒かったんですが、今朝はそれほど寒くない。

Pa070094 朝ご飯まで庭で景色を堪能していると・・・

Pa070095 太陽が差してきました。今日もいい天気になるかな~

Pa070097 今日は一日カヌーの日、がっつり朝ご飯を頂いてカヌーの支度。8:15にカヌーショップのお迎えがきて出発。

宿の人たちには「この格好でカヌーってなめてるよな~」と言われつつ。

カヌー屋さん曰く「寒くなりましたねぇ~」 いや、コチラ毎日充分暑いんですけど。あの殺人的な夏の太陽を経験すると、10月は寒いのかも。さすがに寝るときはクーラーいらないし、室内では汗もかかない。

6月の波照間では室内でもクーラーないと汗がどーっとしたたってたしね。

今回のカヌー屋さんは、前回と同じ海あっちゃ~さん。前回とてもコアな話の内容から、絶対うちの妹は食いつくはずだと踏んで、再度ここにしました。

コンディションがよければ「ナカラ川」の予定だったのですが、北風がまだまだ強くてナカラ川行ったら、帰りは八時過ぎてしまう、ということで「マイラ川」へ。前回と同じ川なので私はちょっと不満なのですが、妹が初めてだからいいか。

Pa070099 ちょろっと海側にでたら風でカヌーが進まない!ということでそそさと川に避難して、川の上流を目指します。

この頃になるとお日様も出てきて、めちゃ暑くもなくいい感じで漕いでいきました。

相変わらず、「他では絶対聞かれへんで」という目が溶ける奇病にかかった話とか、数年前に旅行者が集団で原因不明の病で倒れたこととかの話が続く。「ここは毒の島ですからねぇ」という彼独特のブラックな表現の会話で上流に到着。

また、いつものところでお昼ご飯になりました。

Pa070104

Pa070105 本日のお昼は「八重山そば」

今回のツアーは、ガイドに「社会人のオーラが全くないですねぇ」といわれた西表でキャンプしている青年たち(会社員らしい)4人と私たち。

となると、当然昼食は取り合い。私たちが一杯食べている間に彼等は二杯目完食。私たちが二杯目を食べているときには四杯目完食。そしてガイドを見ると彼もがっつり四杯食べてました。

おいおい、もう具がないやんけ!

Pa070109

とかげ発見。

Pa070110 木の間からソテツのようなものが生えてます。

Pa070111 川を下って干潟に出ると、ミナミコメツキガニが大量に出ていました。水が苦手なようで、水に追い込んで「がさっ」と土ごと掬うと、こんなにも獲れました。

唐揚げにしたら旨いんかな。

ということで妹は初体験でかなり楽しかったみたいですが、私は場所も二回目なのでさっくりカヌーの記事はこれで終了。

Pa070117 ほどよく疲れたところで、宿のご飯。今夜は海老の天ぷらです♪

シーマミー豆腐と海草のきんぴらとミミガーとセロリのおひたし。椀物は昨日のガザミからとったスープでときたま汁・・・オリオンビールまいう~

Pa070119 7:00過ぎくらいの裏庭からの月明かりの光景。今日の日もさよ~なら~

Pa070127 部屋からお茶をもらいに食堂に行くと、常連さんたちが「ゆんたく」してました。

「これ食べてみる?」と出されたのは「しし肉」の生。こちらでは12月からいのしし猟が解禁なので、まだ冷凍してあった肉なのですが、宿の人がいうには、冷凍だと菌が死ぬから生でも大丈夫だそう。

ただ、あたることがあるので、保健所の指導でレストランなどでは生で出さないそうです。

あと聞いた話では、西表の人は代々しし肉を生で食べているからならないけど、内地の人が食べると肝炎になるとか。

でもものはためし、醤油にお酢をたっぷりかけたのに漬けていただきまーす。

ん、牛肉より臭くないし脂身もさらっとしてて、固くないしさっぱりしておいしい!さすが島の珍味、島の人たちが大好きなのがよくわかりました。

いのししは野生だと肉に臭いはないけれど、人間の食べ物をたべたイノシシは養豚肉と同じで臭く、脂身が玉になってしつこいのだそうです。

一人の常連さんとしばし会話。

  • 「西表何回目なんですか」
  • 「うーんかれこれ15年くらい」
  • 「え~っ、そんなに!最初ここの宿に来たきっかけは?」
  • 「あそこに座っている人に連れてきてもらって、それから毎年、年に三回かな」
  • 「あの夫婦も東京から二週間に一度ここにきているよ」

どうも、今回一緒になった人たちはこんな「つわもの」の方々ばかりだったみたいです。これでは確かになかなか予約とれないよな~。常連さんたちは一年先も仮予約していくみたいだし。

しかしそんなに年に何度もきて生活大丈夫なのかしらん。カヌー屋も「あけぼの館さんは誰が宿の人で誰が客かわからん」と言っているとおり、ふつーに送迎や配膳、庭掃除しているのが実はお客さんだったりします。

彦さんに「結婚したときには「とぅらばーま」唄ってあげるから頑張りなさい」と言われちゃいました。いや。。。はい、頑張ります。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2006

八重山四杯目 二日目その2

もときた道に戻り、浦内川のマングローブを見る。Pa060074

途中の山は塩害でこんな色になっちゃってました。関西の冬山です。

Pa060076 でもマングローブはもともと河口近くにいるせいか、塩には強く風にもめげなかったようで、相変わらず青々とした緑の原を作っていました。

そして、星砂の浜へ。浜まで行ってみたものの、更衣室がないため、一度宿に戻って水着に着替えて再度出発。

Pa060078 シュノーケリングで海中を覗いてみると、うわっ、いきなり足下にルリスズメダイが一杯!まだ背のたつ所なのに。ここ、やばくない?

いつもはシーズンオフで海にはいることもなかったのですが、さすが八重山、海の中はいろとりどりの魚で一杯でした。

デジカメが水中使用でないため写真はありません。ま、引き潮とはいえあの波の揺れの中じゃとても撮れないでしょうけど。

ということで一時間すっかり時間を忘れて海中を覗いてました。

あとは西表島温泉で汗を流して・・・あ、しまった水着忘れた!

一人1,500円で(高い←忘れるアンタが悪い)内風呂にはいって汗を流し、途中の海中道路で夕方の風景を撮り、上原でレンタカーを返却して帰りました。

さすがに帰りは宿まで送迎ありました。というか「送って~」って言ってみたら送ってくれました。離島は言うてみるもんですね。

Pa060081

沈みゆく太陽。今日も終わりなのね~

Pa060085 今夜のご飯は洋風、チキンと台風かぼちゃ(台風で落ちたらしい)のトマト煮。ぎょうざ、麩チャンプルーともずの親玉みたいな海草サラダ。

この海草、たぶん6月に石垣の浜でおじさんが採っていたやつと同じだと思う。上にシーチキンが乗ってました。

特別メニューで一人3匹ずつ、Pa060086 あじの子みたいな魚の唐揚げ。おいしかったです!

Pa060087 そして今朝のガザミ!もうみんな食べちゃってなくなったと思っていたんですが、一匹残してくれていました。ありがと~

美味しく頂きました。ちょっとズワイガニの味に似ているかな、甘くて足の部分もかなり美味しかったです。

部屋でくつろいでいると、どっからともなく三線の音が。どうも隣の家の縁側からみたい。覗いていると「こっちきていいよ~」

やった!三線聴きながらのゆんたく。

おつまみは色々とあったけど、朴葉味噌の竹の子焼がありました。これって・・・高山じゃ?でも美味しかったです。

Pa060088後ろに写っているのはホッピー。泡盛を入れると美味しいのだそう。下戸なのでホッピーだけ飲んでました。

月ぬ美しゃを演奏して解説して下さいました。

月は15夜より14が一番美しい、娘は18,19が一番美しい。。。。すんませんなぁ。。。

そして、やはりこの時期は「とぅばらーま」。これだけ唄うコンテストもあり、島の人たちがとても大切にしている唄だそうです。しっとりと聴かせてくださいました。

Pa060093 夜も更けてきて琉琉(るる)もおねむ状態。私たちも明日朝が早いので、10時過ぎには失礼しました。

他の人たちは何時までやってたんでしょうねぇ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

八重山四杯目 二日目その1

10月6日(金) 晴れ

今日も朝から上原便は欠航。天気予報でも「晴れ」だけど波の高さは4mで波浪注意報。八重山の天気はお日様だけでなく風と波も重要なアイテム。これが揃わないと海のレジャーは難しいのです。

Pa060041 ここあけぼの館は日の出がすばらしいことから付けられたのですが、写真の通り雲がかかっていてご来光は拝めず。それでも朝の景色はすがすがしい。が、風が強くて寒かった~(--;)

しかしなんで旅に出るとこんなに早起きできるんですかね~時に6時過ぎです。

屋上では今日帰るという女性が屋上で一人座って黄昏ていました。その気持ちとてもよくわかります。

Pa060044 裏庭にいるチビ。とそこに何やら仕掛を持ってこちらにこられる方々が。

となりのおじさんたちでした。仕掛の中は?

Pa060050

おぉ、これが噂にきくガザミではないですか。

「今日食べさしてあげるからね~」 やったぁ!!

Pa060049 仕掛から出してすぐに氷水につけると動きがなくなります。

Pa060052 そうなったらもう持っても大丈夫。

雄と雌はひっくり返したらわかるとのこと。卵の袋があるほうがメスです。

Pa060054 (右がメスです) 

朝ご飯を頂いて、宿の方に上原港まで送ってもらう。送ってもらおうと食堂に行ったら、さっきのガザミを調理中。今日帰る人が食べられるように準備されてました。

みんなに「食べていかないの?」と言われて・・・時間がなくて残念(;-;)

  • 私「ツアーでレンタカー頼んだら上原港まで自力で来いと言われたんですよ」
  • 宿の客「え~そんなのあり得ない。普通は送迎付きだよね~」
  • 妹「しかもツアーの人にここから上原まで歩けるって言われたんですよ」
  • 客全員口揃えて「あり得な~い!!」

ということで、上原まで送ってもらいました。送ってもらう途中も「えーっ、7,500円?そんな高いの久しぶりに聞いたわ。そかも送迎なしでしょ~」「軽自動車が出払って6,000円と言われても、そこをなんとか5,000円で頼むわ~っていつも言って5,000円にしてもらうのよ~」と宿の人に言われ・・・今度から現地調達しようと心に誓ったのでした。

8:30に営業所に到着。手続きを済ませていざ出陣。まずは由布島へ。Pa060055

着いたのが9:00ちょっと前。まだ準備中で、牛さんたちが出勤途中でした。

Pa060057 9:15に個人便が出発。朝一番にしたのは、潮がまだ満ちている間に乗りたかったから。

といったも私は三回目なので、妹に潮のあるウチに・・・ということです。

ついた植物園はなーんにもなくて殺伐とした雰囲気。そりゃあんな台風のあとで花がいっぱい、というのもおかしな話で、根こそぎ倒れたんだろうなぁ・・・と思うような木が一箇所にかためて置いてあり、職員さんたちは植え替え作業をされていました。

Pa060058 まえに来たときは蝶々の小屋も蝶がいっぱい飛んでいたんですが、今回はまばら。

職員さんの話だと、風が下から上に吹き上げたため、ビニールが全部めくれ上がり、蝶々が「風とともに去りぬ」だったそう。(風とともに去りぬ、は職員さんの言葉)

写真はおおごまだら、日本で最大の蝶だそうです。毒があり、さなぎは警戒色で金色でした。

Pa060060 それでもハイビスカスは数個は咲いてました。が、ブーゲンビリアは全くなし。貴重なハイビスカスを写真に納めて、島を後にしました。

帰りの水牛車は個人客4人のために、なんと三線付き!過去二回来たけど、三線の車は団体さんに行ってしまい、個人はいつも話だけでした。

個人でも聴けるときがあるのね。

Pa060063 ずどーんと半周道路の先っぽまでいって「南風見田の浜」。南というだけあってここは波と風はおだやか。

あとは道路を北に北上。マナの店でパンを買い、途中「西表野生生物保護センター」をちらっと覗いて、その後、道路沿いの東屋でパンを食す。メロンパンが素朴でおいしい!Pa060064

東屋からの景色。

Pa060065

色はきれいですが、強風のため、ゆっくり出来ずそそさと退散。

Pa060068

せっかくなので、東屋と今回の車を撮りました。

そして道路を北上。

Pa060070 12時も過ぎたので、前から気になっていたキッチンinabaさんで昼食。「ぐるくん唐揚げ定食」を食す。関西で食べると身が薄くて、あまり魚の味がしないんですが、こちらはしっかり肉厚で味もしっかり食べ応えあり。他の刺身(アオブダイ)も「もずく」も黒紫米もすべて「まいう~」 美味しかった~

Pa060073 半周道路の北の端「白浜」で写真をパチリ。風は相変わらず強いけど、海は最高の色ですね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八重山四杯目 初日その2

船は桟橋出た直後に右左に大きく揺れたのですが、その後はふつーに進んで大原港到着。どうやら最初揺れたのは大きな船が通ったか何かの横波を受けた模様でした。

そこから送迎バスにゆられて、今回の(も?)「あけぼの館」さんへ。

ついてびっくり、あれ?こんなにさっぱりとした外観でしたっけ?Pa050022

ここのHPの写真と比べてもらうとわかるように、さっぱりと刈り込まれています。

宿の方の話だと、台風13号のせいでほとんどの木々が折れてしまい、さっぱり刈り込んだということでした。なんか違う宿みたいや~

でも裏庭はやっぱりステキ。Pa050023 Pa050025 浜辺は塩害で木々が茶色くなってしまってました。

宿帳書いて、まだ時間があったので自転車借りてふらふらと散歩。Pa050026

ここのパインジュースは絶品。ちゃんとミキサーで作ってくれてました。店の名前は・・・えーと、スーパー親川さんから月ケ浜行くまでの道沿いでパインとかが置いてある無人販売所の奥の店です。

Pa050028 その奥の牧場まで行って引き返し、月ケ浜まで行ってみたんですが北風がすごくて、波も凄かったので早々に退散。

星砂の浜まで行く元気もなかったので、宿に引き返しました。

Pa050032 食事まで裏庭でまったり。Pa050034 風つよて長袖きてないと寒い。

やどかりくん発見。

Pa050037 おまちかねのご飯!やっぱのここの食事はかなりおいしい。メインはフエフキダイの酒蒸し。裏の庭(海)で泳いでいたやつかな。

ジーマミー豆腐もパパイヤのきんぴらもまいう~。もずくは汁まで飲んでしまいました。

Pa050038 デザートはドラコンフルーツです。

Pa080131 見た目はこんなのです。

他のお客さんはゆっくり飲んでしゃべってましたが、私たちは朝早かったのと、明日も一日遊ぶ予定があったので、早々に切り上げました。

Pa050036 ここの宿は泡盛飲み放題です。が、二人とも下戸なのでそこはメリットなし。

ちなみに写真は「おもと」ですが中身は「せいふく」でした。

Pa050039 宿の屋上に上がってみました。今夜は14夜。とても綺麗だったので写真を撮ってみました。ちゃんと丸く写ったらいいんだけどね。

月夜に輝く海も幻想的で綺麗でした。Pa050040

右は宿の屋上から鳩間島を見たところ。

かなり風が強かったのでだんだん寒くなり、ここも早々に引き上げました。

宿の方達は12時くらいまで飲んでたみたいですが、私たちは明日に備えてお休みなさいZzzz。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

八重山四杯目 初日その1

はやいもので(?)八重山の旅もなんと今回で四度目。いや~何度もきちまってるぜ、もう常連だがや、と思っていたら、実はまだまだ初級クラスなのを実感した旅でありました。

理由はのちほど・・・

10月5日(木) 関西は雨 石垣晴れ

雨模様の中五時に起床。簡単にパンとコーヒーで朝食を済ませて、タクシーで最寄り駅へ。途中の駅で妹と待ち合わせ、駅にあるスタバで関西空港まで行く電車中で飲むコーヒーと宿への土産としてコーヒー豆を購入。

関西空港に8時ちょっと前に到着。チェックインした際に「二人並んで座れる席はもうないのですが・・・」と言われちょっとがっかり。仕方ないので前後で座る。今回はANAスカイホリデー使ったんですが、やはり座席指定は早めにしておくべきでした。

いつも思うんですけど、あの小さい飛行機、座席は3-3ではなく2-1-2ではダメっすかね?ちなみに機種はスーパードルフィン、11月から運休路線となる関空~石垣は満席でした。連休前々日だしね。修学前の子供ずれ家族も多かったです。

飛行機飛び立った途端、泣きやまない赤ちゃん一人。耳痛いんだろうねぇ。。。

右手に珊瑚礁の青い海が見えて、無事石垣到着。天気はピーカン。いや~台風どこいっちゃったんでしょうねぇ。16号と17号ダブル発生してたんですが、今回ノー天気晴れ女の妹連れてきたお陰で、逸れたみたいです。

桟橋までタクシーで。道から見る光景は前回の13号のせいでサトウキビは茶色、椰子の葉も茶色、ところどころ落ちた赤瓦の屋根の家、青いビニールシートの屋根。。。全体的に茶色い印象で、関西でいうと、冬の箕面の山みたいな枯れ山の色。

それでも新芽がではじめた木々もあり、自然の力強さを感じる光景でした。

「何度目?妹さん初めてなら川平湾は?」という運転手さんの営業トークを聞き流してまずは西表への船確認。

予想どおり風が強くて上原便は欠航。仕方ないので13時の大原便にして、まずは昼ご飯にと「ゆうぬくみ」さんへ。

と、タッチの差で家族連れが先に店には行って満席御礼。あ~ぁ。船の時間上、席があくのを待っている時間もないので、毎度おなじみの公設市場の上の食堂へ。

Pa050015

Pa050016

今回こそゆうぬくみさんで・・・と思っていただけに残念でしたが、それはそれ、これはこれ、がっつり美味しく頂きました。

フーチャンプル定食とカレイ唐揚定食です。波荒れているのにこんなに食べて船大丈夫か?

Pa050017 市場周辺の100円カットフルーツ買って乗船まで桟橋で頂く。やっぱここで飲むさんぴん茶は旨いね~フルーツはパインとドラゴンフルーツ。

風が強くて、写真とった後、フルーツがカラごと飛ばされそうになりました。

Pa050018

波は高かろうが風は強かろうが海は青い!

この桟橋も今年中には新桟橋に移るみたいです。といっても新桟橋、見た感じでは、工事はまだまだかかりそうな気配やったけど。

13時10分前に乗船し、いよいよ故郷の西表へ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

核実験

北朝鮮が核実験を行った模様。

八重山で俗世からはなれていた分、インパクト強すぎニュースでした。

いったいあの国は何処にいくのか・・・そして周辺諸国への影響は?

八重山気分がかなり抜けてしまったニュースでした。

でも八重山旅日記、いよいよはじまるよん♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

着いちゃった

着いちゃった

神戸空港(ΘoΘ;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おはようございます

おはようございます

もう最終日、帰りは朝早い便なので…(ToT)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 05, 2006

桟橋

桟橋

また来てしまいました というか里帰り途中です いい天気ですがめっさ暑いし風がきつい 西表は上原は朝から止まってるので大原まわりです 1時の船で出発 揺れるぞ〜きっと

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 04, 2006

とりあえず

とりあえず本日のブログに一文

しばらく里に帰らせて頂きます!

えーと、波予報は・・・4m・・・とりあえずシュノーケリングセット、カバンの底に押し込んでと・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2006

台風にプリン

八重山までいよいよカウントダウン!

どうやら直撃は逸れるものの、波が高く風も強いらしい。うーん、マリンレジャーは今回はダメっぽい気がします。カヌーツアーも頼んであんのになぁ。

ま、台風が逸れただけでもOKとせにゃいけんのでしょうがね。

仕事してたら、私の席を通りすがりの人に「ここだけ南国ムード漂ってるなぁ」と言われました。んなことないよぉ♪

台風16号「バビンカ」って、マカオの言葉で「プリン」なんだそう。台風にプリン?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2006

あぁ気になる

あぁ気になる天気予報。

今夜あたりに台風になるんだって!

http://weathernews.jp/story/

逸れてくれ~!!

え?仕事?してますよ~ 今日電話があって、「来週連休明けに見解言うから署に来てね」って通称「小池さん」から言われました・・・はぁ・・・帰って来れなかったらゴメンねぇ~

| | Comments (5) | TrackBack (0)

October 01, 2006

だまーって「じみ~」に数日間

なんか近づいているような気もするけど・・・うーん、どうなるんだろ、この雲の塊。

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/images/satellite.html?c=jp_2

やっぱ「かんころ」さんブログ中の「台風遭遇時の心得」読んどかんといかんかね。

とりあえず、明日の月曜からまた仕事。ここは、だまーって「じみ~」に数日間を職場で過ごすことを決意。でないと、「八重山」と聞いただけで、口が「にま~っ」となって最後べらべらしゃべりそうなんで・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »