« 八重山四杯目 四日目 その1 | Main | 八重山四杯目 5日目 »

October 12, 2006

八重山四杯目 四日目 その2

大原港を後にして、驚くほどのエメラルドグリーンの海の上を船は走って、今夜の宿のある石垣島に着いたのが二時半すぎ。

ホテルにチェックインしに行くと「チェックインは15:00からですが既に客室の用意が出来ていますのでご案内します」といって客室に入れてくれました。そう言っておかないと、毎回15:00前に来られても困るからでしょうね。

10階ホテル客室からの景色。なかなかいいやんけ~Pa080153_1

今回のツアーでは基本料金だとスリープインで、別にそこでも充分よかったんですが、ちょっと奮発して2,500円アップのココ、イーストチャイナシーにしたのです。

この景色ずっと見られるんやったら、ま、2,500円出してもいいわ。

(最後の朝に里心がつくけど・・・ ;-;)

どんどんと風と波がおだやかになっていくまがわかります。ちぇっ。

荷物を置いて先ほど着ていた水着他を干して、さて買い物。まずはホテル全日空までタクシーで行き、全日空のみね屋さんで欲しかったものをゲット。(今回、本店まで行く時間がないので)

またまたタクシーでアヤパニモールに戻ってパイン他買って自宅配送。Pa080155

写真は公設市場の2Fカフェの石垣牛ミルクと川平ファームのパッションジュースのソフト。ここオリジナルおすすめ、とあったのですが、うーん微妙なお味。。。

と公設市場にもみね屋発見!前ここにあったったけか?

ふと妹を見ると、またカバン購入思案中。おいおい、さっき全日空で買ったでしょ、体は一つしかないよっ!すると店員さん「全日空でも買って下さったの?ありがとう。あそこしかない色遣いあったでしょ?店によって少しずつ置いているものが違うの」

上手いねぇ。さっき全日空仕様とやらを買っておいてよかったよ。

そうこうしているうちに五時になったので、今回の超お楽しみ「焼き肉 やまもと」さんへ。

予約するのが二週間前と遅く、予約時に「五時から一時間なら」という条件付きだったので、がっつり食べる用意でいざ入店。

入店したとたん、ここのおかみさんがバイトに怒る声。

「五時出勤といったら五時ちょうどにくることと違うよ!10分前に来て用意して五時から仕事することよっ!」

なんだか「五時予約といったら五時ちょぅどにくることと違うよ、10分前に来て食べる用意しておくことよっ」と言われている気分。

その他色々とバイトに怒りながら指図しているのがカウンターから丸見えなので、サービス業として「どないなん?」というのはぬぐえず。

ま、気を取り直して無視して石垣牛を注文♪ハラミはもともと置いてないのか五時開店と同時注文なのにナシと言われ、仕方ないのでまずは上ロースと焼きシャブと塩タンとライスを注文。

Pa080156 きましたきました、石垣牛の焼き肉♪ 写真はここの名物焼きシャブです。

さっとあぶってタマネギスライスを巻いて、ポン酢でいたたきまーす。

Pa080157 写真はあぶっているところ。塩タンも乗ってる。

Pa080159

キターァーーー(2ch風)、生きててヨカッタ、というかたとえ五時から一時間でも迷わず予約してヨカッタ!

焼きシャブのこんなお肉初めてです。いやぁ、また喰いたい。ブログ書いてて思い出しただけでヨダレが(^^;)

最初一人前頼んだのですが、すかさずもう一人前追加。と石垣牛のたたき一人前。たたきはかなりのボリュームがあり。

この焼きシャブ、グルメライターでないのでボキャブラリ貧困のため、上手く表現出来ませんが、適度に歯ごたえがあって、でも、噛むととろけて肉の旨みは口に残したまま、いなくなる感じ。

上ロースもタンも美味しかったのですが、これが一番。あ、ホルモン系は食べていないので、そちらにも一番があるかもしれませんが、とにかくこれはお勧め。一時間と言われても五時からと言われても迷わず行きましょう!ただしおかみさんの起こり声付きですが。

途中、予約電話がよく掛かってきてましたが、既に11月の初めの予約の声も聞きました。すげー。

肉肉肉と食べて二人で7,000円ほど。ただし飲めばもっとかかるので、予算的には大阪で普通の焼き肉屋さんに行ったくらいかな。でも味は!!です。行ってヨカッタ。 

喫茶メームイで食後のコーヒー。すでにチーズケーキは売り切れていましたが、ヨーグルトケーキもかなりgood。ここのケーキはいけてます。(写真とるのは忘れました)

Pa080160 宿に戻ると、最終便(小浜から?6:30くらい)が到着。夕暮れの桟橋をぼーっと椅子に座って眺めました。この頃からそろそろブルーがはいる。

Pa080161

こんな感じで椅子に座ってぼーっと眺める。

Pa080162 どんどん夕暮れていきます。

暗くなるまで眺めて、シャワーを浴びたら、トントンとノックの音。

八時から足マッサージを頼んだのでした。疲れた心身に心地よいマッサージ。

最近はたいていのホテルにアロマなんかのリラクゼーションマッサージのご案内がベッドサイド机に置いてありますね。あれって絶対頼んでしまう。。。今回も誘惑に負けました。

40分してもらって、またまた夜の桟橋を眺めて就寝。

どこからともなく三線の練習している音が風に乗って聞こえてきました。上手な音で、安土屋ユンタ・島唄・竹富島で会いましょうetc 夢の中で歌ってしまう(^o^)

|

« 八重山四杯目 四日目 その1 | Main | 八重山四杯目 5日目 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/12257777

Listed below are links to weblogs that reference 八重山四杯目 四日目 その2:

» THEブーム島歌:真実バージョン。 [どーでも動画【youtube】]
THEブーム「島歌」見終わると、深い悲しみに襲われます。沖縄というと明るく楽しいイメージですが、実は・・。こういう映像は、youtubeも消さないで欲しいものです。 [Read More]

Tracked on November 03, 2006 at 04:43 PM

« 八重山四杯目 四日目 その1 | Main | 八重山四杯目 5日目 »