« あおさぎ | Main | はまちゃん »

September 28, 2006

魂はあっち

身はまだコッチですが、すでに魂はあっちに行っている山の猫です。

というか沖縄病のそもそもの発症原因は、旅行で訪れたときについうっかり自分の魂を沖縄に落としてしまい、その落とした魂が常に「こっちに来い・こっちに来い」と呼ぶ現象なのだそう。

で、落とした自分の魂を拾うため再度沖縄に訪れることになるのですが、結果はミイラ取りがミイラ、取りに行けば行くほど、拾うはずがますます魂を現地に落としてくる、というスパイラルに陥り、結果コチラの生活はもぬけの殻になるという非常に恐ろしい病。

なので、上記最初の表現は誤り。すでにあっちに落とした魂が、こっちにわずかに残っている魂まで引っ張られている、というのが正しい表現です。

あぁ、何個あっちに落としてきたことか!(で、一人の人間の魂っていつあるの?どっかで7個って聞いたことあるけど)

昨夜、軽い気持ちでちょこっと荷作りしてみたら、寝れなくなったのでした。小学校の遠足以来。 ぐふふふ♪(中村玉緒 調)

ただ今回は台風が凄かったので、復興のお邪魔はしないよーにこそーっと行ってこようと思ってます。浜辺のゴミでも拾ってこよう。

そういえば「YS-11」今月末で引退ですね。結局乗らずじまい。(実はプロペラ機は怖いので・・・屋久島の時は怖かった)

国の飛行機くらい自前で作らなくてどうする!ニッポン!

|

« あおさぎ | Main | はまちゃん »

Comments

YS-11、伊丹~(長崎)大村(当時、大村空港ゆうてたはず)間で往復乗ったことあります。確か全日空やったはず。32年前です(昔・・笑)飛ぶ高度低くて遊覧飛行みたいで、しかも半分の確率で窓側に座れるから良かったですよ。高度が低い分、乱気流も多くてよく揺れて恐怖感はありましたけどね(^^ゞ
でも、エンジントラブル時の危険性では、プロペラ機の方がグライダー滑空出来る分、ジェット機よりも安全と聞いたことありますけどね(昔の情報で、未確認ですけど)
世界でも有数の自動車大国の日本が自家製旅客機を作れないはずがないと思いますけどね(^.^)

Posted by: かんころ | September 29, 2006 at 07:53 AM

魂を落としてきたのなら、さっさと沖縄税理士会石垣支部に移りましょう。一歳でも若いうちの方がいいです。

Posted by: おじん堂 | September 29, 2006 at 08:43 PM

>かんころさん
揺れるのは苦手ですわ~自動車より事故の確立は低いとわかってはいるんだが。。。

>自家製旅客機を作れないはずがない
ようは商売ベースの問題なんでしょうねぇ。レーダに映らないステルスの塗装も日本が開発したと聞きますし。家で「飛行機くらい自国で作らななぁ」って発言したら「既に原子爆弾くらい作ってるで、内緒で」と言われた(--)


>おじん堂さん
>一歳でも若いうちの方がいいです。
ホンマにそうですね。人生いくつまでかは誰にもわからんし。
あっちいってこの仕事か。。。うーん、ナゼか考えてしまう。
路線価ってあるのかな(あっちに失礼すぎ?)

Posted by: 山の猫 | September 30, 2006 at 10:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/12074720

Listed below are links to weblogs that reference 魂はあっち:

« あおさぎ | Main | はまちゃん »