« 裏には。。。 | Main | 叫び »

September 01, 2006

不信のとき

なにげなーくテレビつけたら、なんやらえらく込み入った話らしきドラマが・・・有吉佐和子原作の「不信のとき」。昨日はいよいよ正妻と愛人の「ごたいめーんシーン」でした。

原作が1967年というから、かなり昔。しかも、当時の日経新聞に連載だったんですね。日経ってそういう新聞だったんだと改めて認識。思わず本屋でさっき文庫本買いました(^^;)

昨日の記事も、このドラマの影響もあって、そういえば・・・と思い出した研修会の話だったのですが、ホンマにねぇ。。。

ドラマ「不信のとき」の主人公も、裏のバイトで自由になる金を持っているし、そうじゃなければ、事業の・・・ 。そりゃ、女性を囲うとなるとなにかしら必要ですけどね。

うちの母親がよく言ってました。

「男に金を持たせたらロクなことがない」

まだまだおこちゃまの私には、真実の程はわかりませんが。

|

« 裏には。。。 | Main | 叫び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/11718984

Listed below are links to weblogs that reference 不信のとき:

« 裏には。。。 | Main | 叫び »