« 三度目八重山 波照間にて 2 | Main | 三度目八重山 竹富島へ  2 »

June 27, 2006

三度目八重山 竹富島へ

6月25日(日) またまたピーカン♪ 竹富島・仲盛荘泊

朝は6時すぎに起床。いや~旅に出るとなんでこんなに早起きなんでしょうか。仕事の時はこんなにすっきりと目覚める朝は。。。(--;)

朝ご飯まで近所のお散歩。Sp6240109

と「みのる荘」さんの庭にこんなコンクリートの塊発見!

なんで郵貯なん?

Sp6250115

Sp6250114

南方増長大王 北方多聞大王 ナンですかね?民家の石垣に貼ってあったんですけど。。。

あとで調べたら仏教の四天王だそう。へぇ。。。知りませんでした。

かの泡波を作っている酒造所。どう地図をみてもココになるんですが、看板等一切ありません。今でもホンマにここやったかは・・・?です。Sp6250117_1

普通のヘーベルハウスみたいな構えなんだけど屋根にはやっぱりシーサー。

もしも~わたしが~いえぇ~を~たてるな~ら~Sp6250118 ♪(← この歌作った方は私の大学の先輩です。他には「ぼよよーん」の姉ちゃんとかもいます。。。)

Sp6250120 有名な最南端の駐在所。日本地図ちゃんと左一番下に赤く波照間が書かれています。

けっしてNHKの全国の天気予報みたく、左上に書かれてません!

朝ご飯をいただいて、そそくさと向かった先は。。。

Sp6250119 8:00から空いている仲底商店のアイスを食べに行きました。悩んだ末、黒糖アイスにしたんですが、やっぱり昨日の泡盛が最高でした。

でも美味しかったよん♪最後の溶けた液体まで美味しく飲んじゃった。

食べてると、同じ宿の、やはり朝一番で石垣に帰る親子二人連れがかき氷を食べに来ていました。考えることは同じですね~

私も朝一番で石垣→竹富の予定だったので、最後のデザート。

朝一番の船に乗るべく港まで宿の人に送ってもらいました。バンから降りるとヘルパーさんのお見送りもなく、あとは勝手に帰ってね、って感じ。

その点、た○しろさんグループは居残る人たちが、出発する人を見送るため桟橋に全員集合、帰る人の乗った船が見えなくなるまでずーっと両手を大きく振ってお見送り。

さすがに「お見送り桟橋から飛び込み」はなかったけど、女の人なんかちょっと涙ぐんでて「なんか、いいなぁ~」って感じでした。

だからといって、た○しろさんに泊まる勇気は。。。うーん(--;)Sp6250123

さようなら波照間。ずーっと来たくて、でもいつも冬で船の欠航が不安で諦めてた波照間。

今回きてよかった~波照間、また来るぜぃ。。。

ところで、ここでマジメな話。

島のあちこちで「ここは土地改良計画地区です」みたいな看板があるのですが、そのうちの一つの看板。Sp6250111

見にくいですが、このあたりの改良に約3億かかったと書いてます。3億ですよ、3億!

田舎の事業は土木しかないからって。。。いいも悪いも日本の姿です。

|

« 三度目八重山 波照間にて 2 | Main | 三度目八重山 竹富島へ  2 »

Comments

(ここでは)はじめまして!ぺこり楽しく拝見しました。波照間島、今はもうカンカン照りで暑いでしょうね。ぶりぶち公園についてはかんころ日記に詳しく書いてますのでよろしければ見てやってください(^^ゞ

Posted by: かんころ | June 28, 2006 at 12:48 PM

こんにちは、いらっしゃいませ。
波照間も竹富もカンカン照りで、まさにジリジリ肌が焼けるのを実感、実際黒い顔になっちゃいました。一昔前のガン黒娘もびっくり(><)

それでも島はやめられまへんなぁ。。。ということで、今後ともヨロシクです。m(--)m

なんで、ぶりぶち公園への道がわかんなかったんだろ。。。

Posted by: 山の猫 | June 29, 2006 at 08:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/10703609

Listed below are links to weblogs that reference 三度目八重山 竹富島へ:

« 三度目八重山 波照間にて 2 | Main | 三度目八重山 竹富島へ  2 »