« 三度目八重山 竹富島へ  2 | Main | 三度目八重山 竹富最終日 »

June 29, 2006

三度目八重山 竹富島へ  3

いつもは12月に行ったので、お風呂も「バスタブないとイヤだ~疲れとれないじゃん」なんて思ってたんだけど・・・

この暑さ、絶対バスタブなんて浸かりたくない!ぬるーいお湯(ほとんど水)でシャワー。こちらバスタブない家が多い理由を実感・体感いたしました。

シャワー浴びたら、さてメシ・メシ・お楽しみな「めし」ですぅ~というのもここ仲盛荘のご飯も美味しいんですよ。ま、旅行前、宿選定におけるリサーチで「食事が美味しいか否か」というのをいつもゃんとチェックしてるんですけどね。2年前に泊まったときも美味しかったから、今回も期待大!

ちなみに島には素泊まりの宿ってのもあります。旅に来て自分で自炊するところもありますが・・・なんで旅にきてまで自炊せなあかんねん、といつもおばちゃんは思うのでした。若いときで節約旅行するにはいいシステムですけど、作ってもらってほうがおいしいわ~

Sp6250162 ということで今晩のご飯。お刺身が少なく見えるのは2切れほど食べて、前の方が写真撮っているのを見て「あっ、とらなきゃ」と気づいたためです。

みそ汁はこちらの白いしじみ汁です。上の蛍光灯が反射しちゃってますね。

「ハルちゃん今日は何人?」「6人」 あらら、みんな日曜の今日帰ってしまったのね。と、ハルちゃんがそそくさともう一膳用意しはじめた。

「あれ?7人?」「そう、数え間違えたぁ」「23人と24人間違うとかならわかるけど、6人と7人を間違うかなぁ???」 ご愛嬌。この日は7人、うち一人旅は5人!なんかすげ~

食事がおわったら、西桟橋へ。夕日を見るためです。行ってみると桟橋にはもう人がいっぱいで、夕日の方向には座れませんでした。で、ちゃんとレジャーシート持って行ったのでそれで浜に座りました。えらいな~ でもサングラス忘れた(;-;)

Sp6250164 この日も水平線に薄雲がかかっていて、赤い太陽が海にジュッと沈むのは見られませんでしたが、それでも夕焼けが綺麗です(^o^)

Sp6250169 雲のなかに沈んじゃった。。。

西桟橋から帰るときは、宿にいた一人旅うち女性3人で一緒にお話しながら帰りました。

「何回こちらに来てるんですか」「通算11回!」  人生掛けてるね~「あなたはどこから?」「北海道です。乗換三回しないと帰れません」 ひぇ~遠い~

宿に帰って、みんなはゆんたくしてたけど、西桟橋まで歩いたせいで私は汗だく。再度シャワーを浴びて、出てみると、表から三線の音が!!! 

やった~!おじぃの三線やっと聴ける!! ここのおじぃは三線の名手で有名なんです。あわてて飛び出たので・・・部屋にカメラ忘れました。取りに帰るのももったいなくて、そのまま聴き続けることに。

昨年、西表で聴いた時はなんだかさっぱりわかんなかったけど、ここのおじぃのひく三線はとってもわかりやすくて、ちゃんと歌詞の解説もしてくれるし、とっても楽しかったです。ま、この一年の間に沖縄民謡を聴いてきたというのもあるけどね。

おじぃが安土屋ユンタの歌詞の解説中「要は愛人になってください、ということだ」と何度も小指たてて説明してるのがおかしかった~

「もしもし亀よ亀さんよ~」のおじぃの踊りでゆんたく終了。観客4人のために有り難うございました~

そのあとはまた三人で星空をみに近所まで出かけました。雲があって満天というわけにはいかないけど、流れ星2つみました。あぁ、明日はあの関西に帰るのね。。。ぐすん。

ところで、今回泊まった仲盛荘さんでは6畳の新築部屋でした。お客さんは6人だったので、当然相部屋はなし。相部屋でもいいかと覚悟していたのに、結局今回の旅はどこでも一人部屋でした。ま、みのる荘では三畳一間だったけどね。。。

 Sp6250170

で、どちらの宿にも共通していたこと。それは・・・

畳に隙間があいてる!!

普通、畳をひくときは部屋のサイズを測って、そのサイズにあわせて畳を注文し、部屋にぴったり収まるように畳をひくんですが、ここはどうもそういうことをしていないみたいです。

なので畳の隙間から下の板が見えています。。。うーん、おおらか・・・

|

« 三度目八重山 竹富島へ  2 | Main | 三度目八重山 竹富最終日 »

Comments

この一連の日記がたんに業務妨害としか
思えないのは私が狭量だからでしょうか。

それだけとは思えない・・

Posted by: いしだ | June 29, 2006 at 09:49 PM

そりゃあ業務妨害です。
・・・で、誰の何の業務を妨害しているのかな?

Posted by: おじん堂 | June 30, 2006 at 05:37 PM

畳に隙間があいてる!!・・・と驚いている人をみて、そんなことを気にする人がいる!!・・・と驚くでしょうな。(←八重山の人)
こういう人種が行う税務申告の内容というのは、多分・・・本来の人間としての税務申告だと思う。ぜひ移住して税理士業をやって下され。楽しいだろうなぁ。

Posted by: おじん堂 | June 30, 2006 at 05:42 PM

>業務妨害としか思えない
おやっ?私は少しでも綺麗な景色の写真で、お仕事お疲れのところを癒させて頂こうと。。。な~んてこれっぽっちも思ってないよん♪

ただ単に、みんなに「いいだろ~」って自慢しているだけですんで、あしからず。
m(--)m
なのでいしださんの感覚は正解です(^o^)

>本来の人間としての税務申告だと思う。
そうですよね~こまかいこといちいちやってらんね~、それよか泡盛で宴会だ!って感じになると思います。あの暑さじゃ。

>ぜひ移住して税理士業をやって
ホンマ楽しいだろうなぁ。(真に受けるなってか?)その前にあちらみんな申告なんかしてるのかな。。。

Posted by: 山の猫 | July 01, 2006 at 12:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/10725349

Listed below are links to weblogs that reference 三度目八重山 竹富島へ  3:

« 三度目八重山 竹富島へ  2 | Main | 三度目八重山 竹富最終日 »