« 旅のおさらい | Main | 国勢調査の結果 »

December 26, 2005

行く年来る年

この一年を振り返って。。。

まず一番気になるのは、児童殺害事件の多発。以前も書きましたが、その昔欧米では親が子供を学校に送り迎えしなければ、犯罪に巻き込まれるというのを他人事のように聞いていました。が、今の日本では現実。その昔、夕暮れまで遊んだ少年時代、今の子供達には体験できないことのひとつになってしまったようです。

尼崎のJRの事故も悲惨でした。顧客競争という名のもとに突っ走った結果。いまだに事件後の現地は痛々しいです。

そして今話題の耐震偽装問題。見つからなければ、今が良ければ・・・というのは少し前からの日本の風潮だったような気がします。アスベスト問題もちょっと前の薬害エイズ問題も、問題があることがわかっていながら、止められなかったというのは、官と民の違いだけで、構造は同じような気がします。

心休まったのは黒田清子さんのご結婚。お式では親子の愛情がにじみ出ていました。

社会主義が事実上崩壊し、資本主義が残りましたけど、その資本主義もそろそろ限界にきているような気もします。さりとて次は何になるのかは想像もつきませんが。

来年はおだやかないい年になりますよう。。。。

|

« 旅のおさらい | Main | 国勢調査の結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/7852846

Listed below are links to weblogs that reference 行く年来る年:

» 最近 気になること―エリートの自覚 [ISO休戦]
05.12.27. 総務大臣が 盛んに民放テレビ番組に出演なさっているのが目に付く。それも どちらかと言うと “オチャラケ番組”。そして、景気の回復を ご自分の手柄のように高らかに謳い上げる。 民放への許認可権限を持つ大臣が このようにオチャラケ出演して良いのだろうか。 それに 景気回復の“お手柄”にも拘らず、金融のタズナを引き締めようとする日銀を 牽制する 勢力には ダンマリ。インフレへの意図を隠してのダンマリか?好都合にも 担当・所管�... [Read More]

Tracked on December 27, 2005 at 01:13 AM

« 旅のおさらい | Main | 国勢調査の結果 »