« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 30, 2005

来年のテーマは島

今年も残すところあと一日半程度となりました。いや~歳くうと月日の過ぎるのが年々早くて。このままだと誰かの名言のとおりになりそう。「このまま行ったら、気ぃついたら棺桶やなぁ。。。」

さて、来年の抱負をそろそろ考えなければなりません。昨年のブログに書いてたかな、と思って見直したけど書いてなかった。ま、三日坊主なんでね。。。

とりあえず今まわりに言ってまわっていること。

「来年のテーマは島!」

八重山はもとより小豆島や竹生島(琵琶湖にある島)、はては屋久島や小笠原まで行けるところを行ってしまえ、というのをテーマにしたいと思います。

さて何島行けるかな、こうご期待。 え?仕事?ぼちぼちしますm(--)m

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 29, 2005

初投資

今日はじめて証券会社の窓口なるものに口座を開きに行ってきました。前回書いていた航空会社の優待券狙いの株保有のため、すべては今後の旅行のため(^^;)

店にはいると、おじさん達が五人くらい座っていて、「待ってはるのかなぁ」と思ったら、ずっと株価のCRTみている人たちでした。「上がったって喜んでも売らんかったら一緒や」とか何とか、なかなか格言めいた発言をしながら、見ていらっしゃって、11時に閉まったと同時にばらばらと店を出て行かれました。毎日の日課なんですね。

しかしなぁ・・・買ったのはいが、実は今月だけでえらい上がっているんだよな。。。。半年で100円以上も上がるのはもう一つの航空会社にみなさん不信感があるせいかしら。ま、7年くらい前の株価に比べたら半額なんだけどもね。さて、どうなることやら。

ここだけの話、その昔吉野屋とマクドナルドの株を買ったすぐあとBSE問題で急下降した人の実体験話も聞くし。。。

帰り際、窓口のお姉さんに「他にも優待のある株がございますので、今後ともよろしく~」と言われてしまいました。すっかりバレバレ(--;)

今年は初投資ということで、国債と株を買ってみました。国債は半年で利息0.7%もついてて、利息額の通知を見たときはびっくり。来年は公定歩合上がるかな?

ということで、しばらくは毎日株価情報をみて楽しめそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2005

国勢調査の結果

国勢調査の結果がでたみたいです。初の人口減少だそうで、首相も「子供は国の宝」とか何とか発言したみたいですが・・・ホンマにそう思ってる?思うだけなら誰でも思いますけどね。今の小学生女児殺害事件とか考えると、これからますます子供を育てるには大変な環境になるんじゃないのかしら。

こないだ医者の待ち時間に週刊誌(AELAだったと思う)読んでたら、今は中学受験があたり前なんだそう。そのために、子供は夕方からお弁当持ちで塾に通うそうで、共稼ぎのお母さんはその用意だけでへとへとだとか。でも、そのお母さんは公立が信用できないから仕方ないと結んでました。それにしても今時の子供も大変やな。

それに関連してかどうかは知りませんが、今度、男女雇用機会均等改正案が出るそう。産休取得や産休での不利益な扱い、セクハラ対策強化が盛り込まれているらしい。しかし、そういうことが法律で決めないといけないほど、この日本はまだまだ未成熟ってことですよね~。

しかも、そういう法律が出来て対応出来るのはほとんど公務員と大手企業。公務員と大手で働き手の何割占めるから、と言われるとそれまでなんですが。。。

で、国勢調査の結果に話は戻して。

全体にまんべんなく人口減だと話はいいんでしょうけれど、かなり格差がありますね。大阪も五年前に比べてプラス0.1%と人口が増えてます。和歌山がマイナス3.2%。世界遺産の効果なかったのかしら。。。むむっ、沖縄県、なんとプラス3.2%! できるなら、私もここにはいりたい・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2005

行く年来る年

この一年を振り返って。。。

まず一番気になるのは、児童殺害事件の多発。以前も書きましたが、その昔欧米では親が子供を学校に送り迎えしなければ、犯罪に巻き込まれるというのを他人事のように聞いていました。が、今の日本では現実。その昔、夕暮れまで遊んだ少年時代、今の子供達には体験できないことのひとつになってしまったようです。

尼崎のJRの事故も悲惨でした。顧客競争という名のもとに突っ走った結果。いまだに事件後の現地は痛々しいです。

そして今話題の耐震偽装問題。見つからなければ、今が良ければ・・・というのは少し前からの日本の風潮だったような気がします。アスベスト問題もちょっと前の薬害エイズ問題も、問題があることがわかっていながら、止められなかったというのは、官と民の違いだけで、構造は同じような気がします。

心休まったのは黒田清子さんのご結婚。お式では親子の愛情がにじみ出ていました。

社会主義が事実上崩壊し、資本主義が残りましたけど、その資本主義もそろそろ限界にきているような気もします。さりとて次は何になるのかは想像もつきませんが。

来年はおだやかないい年になりますよう。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 25, 2005

旅のおさらい

気づけば今年もあと一週間! まだ年賀状も刷っておりません。ということで、今年行った旅のおさらい。昨年に引き続き今年もです。今年はブログ書いてたからしっかりモレなし。

  • 1月~2月 この時期に長期旅行に行ける事務所があったら教えて下さい。
  • 3月  高齢  (だんだんこうなってきてますが^^;) 恒例 いつものメンツ五人組で確定申告お疲れ様旅行。加賀温泉の葉渡利さんで贅沢しました。
  • 4月 鹿児島は指宿へ。砂蒸温泉よかった~自然のサウナ。行きは飛行機・帰りは寝台特急「なは」。「なは」なくなるかもという予測で乗ったのですが、彗星が先になくなりました。高千穂の鉄道も廃線予定らしく、先に宮崎方面にしとけばよかったかも。。。
  • 5月 尾道日帰り 予想以上に楽しい街でした。次は一泊していろんな島にも行きたい。カキオコも食べてみたいぞ!
  • 6月 久々の海外旅行スイス ハイジごっこしてきました。チーズがパンが超まいう~
  • 7月 毎年この月は超多忙で動けません
  • 8月 奥飛騨温泉と上高地 奥飛騨温泉はめっちゃよすぎて・・・また、行きたいけど関西から信州は遠いぞ~
  • 9月 なぜか旅行ナシ めずらし~
  • 10月 立山に行く予定が仕事がはいったため没。仕方なく、富山一泊で飲んだくれ(たべまくり)ました。「とこなつ」はオールサマーではなく、万葉集からの花の名前、和菓子です。
  • 11月 熊野古道 凛とした空気がステキ 次はつぼ湯にはいりたい 番外編で慰安旅行のカニツアー。うまかった~
  • 12月 八重山りたーんず 今回は二人旅で西表に再上陸 後半は金沢で友人の結婚式二次回に行くも大雪。雨女は雪女なり~ 深谷温泉最高

といって感じでした。こんなに遊んでたら金も貯まらんわな。。。来年ももっとぶいぶい、あちこち行きます、乞うご期待!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2005

さて、いくら?

全日本選手権、ずっと見てしまいました。いや~、すごい選手層ですね。いつのまにか日本のフィギュアってこんなにレベルが凄くなっているんですね。明日のフリーも目が離せません。

下世話な話、朝のバラエティーで「フィギュアスケートにはいくらかかるか」というのをやってました。レッスン代や衣装代、貸切リンク代や振り付け他すべて含むと、その番組の試算ですが、一年間でなんと400万~600万かかるそう。。。。

簡単に「習いたい」とは言えないですね。

メリークリスマス!05-12-24_18-11

帰りに百貨店に寄ると、ケーキ売り場は大混雑。最初、買う気はなかったのに、思わず並んで買ってしまったキースマンハッタンのケーキ。

クリスマスは恋人と過ごすのが日本的ですが、家族で静かに過ごすのが諸外国のよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2005

祝!一周年!

祝!一周年 

御陰様でブログ開設一周年を迎えることが出来ましたm(--)m

昨年同日のブログを見ると、明日24日は出勤したそうで、同じく今年も明日は出勤でございます。きっと、昨年と同様ケーキを持ったお父様達と一緒に家路に急ぐことでしょう。。。この業界の宿命なんで仕方ございません。このまま3月にはいり、そのまま5月までは忙しいかと。

さきほど、いつも行く百貨店の中の服屋さんに行き、よさげなパンツを購入しお直しをお願いするのに名前を記入したところ、店員さんが名前を覚えていてまれて、「お急ぎでなくていいのなら、お取り置きでバーゲン価格に出来ます」とのこと。

お得意さん用のバーゲンが一週間後からあり、いつも買っていただいているので、そこまでおいときますよ、ということ。

もちろんそのパンツをお取り置きにした他、追加でセーターもお取り置きにしたのでした。顔なじみになっているとこういうことも出来るんですね。

株主優待で航空券の半額券をゲットしようかと模索中。。。こないだ行った居酒屋で、となりの席の女の人の話をなにげに聞いていると、最近航空会社の株主になったらしく、「新聞沙汰になると、株主止めて欲しくないのか知らないけれど、優待券など何かしら送ってくるの」だとか。

ますます、八重山が近くなることを期待して!(^o^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2005

御陰様で仲良く・・・

数日前のニュースから。。。

京都にある全国的に超有名なカバン屋さんのお家の相続騒動。父親とその三男で経営していたが、父親が他界。遺言書には父親が持っていた過半数の自社株式を長男と四男に渡すように書かれていたことから、二人で過半数の株式を握った長男と四男は臨時株主総会を開いて三男を追い出したという話。

なぜ一緒に経営していた三男に株を譲らなかったのか、譲るつもりで遺言の書きかえをしようとして出来なかったのか・・・うーん、なぜかはわかりませんが、もう少しなんとかならんかったんでしょうか。

商売柄、相続は争続というのは身に染みております。なまじ一杯財産を持っていると争う元。もちろんいっぱい持っていても争わず淡々と分割協議する家族もあり、いちがいには言えませんが・・・

争う財産もなく家族仲良くしております、ウチの家の話。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 21, 2005

検査結果

前回の税制改正大綱のなかに、災害で消費税の簡易課税を変更する必要があるときは・・・ってのがありました。もっと前からあっていいんじゃないの?とは思いますが、これには一票いれてもいいかも。57頁あたりです。

と、税制の話をいれておいて、本題。← 税制が本題と違うんかいな

11月の健康診断にて、「なんで健康診断に体重測定があるんだろ?」とそこばかり気にしていたら、診断結果はなんと「肝数値異常」で要再検査、かかりつけ医に行けとな。丁寧に紹介状みたいなもんまではいってました。(間違って紹介状も封を開けてしまいました。)

でも、ちょぅど八重山旅行もせまってたので、とりあえず旅行に行ってから(入院とかになって行けなくなったらイヤだったんで・・・)近所の医者に行きました。肝数値異常はずいぶんと前に心当たりがあるのでおそるおそる・・・

今日夕方、結果が出たので聞きに行くと、γ-GTPをはじめすべて正常値に戻ってました。ハテナ??「南の島で静養一ヶ月を要す」という診断書の夢はもろく崩れ去り・・・いやいや、何はともあれ健康が一番!。良かった良かった。

どうも体質的にストレスが溜まると、肝数値があがる傾向があるようで・・・遊び以外のストレスは与えないでね。(^O^)

医者が早く終わったので、その帰りに足つぼマッサージを受けてきました。1時間後、こんなに軽くていいんかい、と言うくらい足取りかるく、スキップしたくなるくらい足が軽くなったのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 20, 2005

ホンマかな~?

今日は先日西表に行ったときのカヌーのガイドの話からひとつ。

ガイドさんには現在地元の小学生似通う子供さんがいるそうで、その子供さんの学校行事として、村ぐるみでバザーを開こうということになったそう。(何でバザーになったのかは忘れました。)

で、バザーの出し物について、その昔西表はカモ料理が有名だったそうで、それなら子供達に伝えるのにもちょうどいい、ということでカモ料理を出すことになったそう。

ますばカモを捕まえる作業から。親御さんたちに「それぞれバケツ一杯カエルを取ってくるように」とのこと。ガイドさんは言われるままにカエルをとって持って行ったそう。

すると次は川に行って、そのカエルにヒモを付けてカモをつってこい、という。なんとものどかなカモ狩り。。。(そんな方法でカモがホントにつれるそう)

でつったカモはどうするのかというと、工事の赤いコーンの先っぽ数十㌢切ったものにカモの頭を突っ込み、地元のおばあがギコギコとカモの頭を落としていったそう!校庭は真っ赤っか。。。

で、バザーに無事カモ料理が並んだそうです。ホンマなんかな~。たとえば、これを関西でやったら即ニュースものですね。

でも子供たちにホントの意味での「食物とは」を教えるにはこういうのが実は一番大切なのかもしれません。生き物の命から私たちは命を頂いているということを。

カップヌードルのCMで少年兵が銃を持って見張りをしているシーン、CMとしてふさわしくないと放送中止になったそう。でも、世界にはあどけない少年兵はたくさんいる事実。ちょっと意味は違いますが、事実を伝えるという意味では、見たくないけれどホントは見なければいけないことはたくさんあると思われます。

といいつつ、今となっては実は単にガイドに担がれただけという気も。。。してます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 19, 2005

今年もあと12日!

帰りにふと改札前を見ると、年賀状を売っていた。プラカードには「今年もあと12日」と書かれていた。えっ、あと12日!? まだ年賀状も書いていないのに。。。

気になる記事。石垣に新空港の許可が下りたようです。白保の珊瑚礁近くを埋め立ててジェットが発着できるようにするそうですが。。。うーん。正直ものすごくフクザツな気持ちです。

確かにジェットが飛べば、夏など予約がとれないことが多いので、旅行には行きやすくなりますが、あの驚異的な青い海を埋め立てて珊瑚に影響が出ないとは素人の頭でも思わない。必ず影響は出てくるはず。。。

こないだのカヌーのガイドの話だと、大型リゾートホテル開発で、水の供給問題で西表の川上流にダムを造る話もあるそう。リゾートホテルのプールは飲み水を使うため、一番水を必要とし、近隣の島では貯水量がないため、西表から供給しようとしているそう。

ダムが出来て水流が変わると、ヒルギ類をはじめ川の生態系はほぼ変わってしまうでしょう。ただでさえヒルギ類はデリケートで川にモーター船がはいると途端に後退してしまうそう。現在の浦内川や仲間川の河口が広いのは、もともと広かったのではなく観光としてモーター船を通した結果だそうです。

観光が大事な産業というのは、ものすごくよくわかりますし、だからお客をもっと呼ぼう、という発想もわかります。また、産業がないため、どうしても土木工事に頼る構造も致し方ない部分はあるのでしょう。

私が先日西表に行ったときも、ちょうど観光シーズンが終わったということからか、道路工事があちこちでされていました。一部では道路下にトンネルをつくってました。ヤマネコが道路を渡る時によく車に轢かれるので、ヤマネコに道路下のトンネルを通って貰おう、ということだそうです。自然のものがトンネル通るのかなぁ。。。私、山の猫ならとおりませんが。。。(--;)

資本主義、貨幣経済の下では、お金がないと暮らしてはいけませんし、よりよい暮らしを求めるのはどこも同じ。観光客はこのままの島でいて欲しいと思うけれど、そこにいる人たちの暮らしはまた別のこと。

難しすぎて、猫には良いチエが浮かばないのですが、ただ観光する人と地元の人とで何か協力して出来る案はないものか、とはいつも思っています。

ところで石垣島では人口増加問題がまだ続いているみたいで、若い人が住民票だけ移してやってくるそうです。ジェット機がとんだら、こういう人たちにも影響あるのかしら。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2005

二次会 in 金沢 その後

夜中、横なぶりの白い雪。これが暴風雪っていうものなんですね。北陸の友達が「見たらブルーになるから」と言うのを押し切って、何度の窓の外を見てました。だって大阪じゃ見られない光景ですし。

翌朝起きてみると、とりあえず雪は止んだ模様。これから深谷温泉に行くんですが・・・路面が心配。ホテルの裏道もこんなんでしたし。s-P1010020

でも北陸の子はふつーに運転してました。恐るべし。

途中で朝ごはんにとミスドに寄りました。道はあちこち中央から水が出てきます。歩くとちょっと濡れるんですが、雪の山を踏み分けるよりははるかにいいです。s-P1010021 写真はミスドの店前のもの。

深谷温泉に近づくに連れて道はうっすら白。ついたところ「石亭」はすっかり雪でした。

s-P1010023 着いたらまずは温泉。

ここの温泉はなんとコーヒー色。はいるとちょっとぬるっとします。何の成分がコーヒー色になるんでしょうか。またまた手タレの登場。s-P1010030

しんしんと雪が降る中、露天風呂にもはいりました。さすがに屋根がついていて、雪の中の露天、ではありませんが、横の開いたところから雪が舞い降りるのをみながら入ります。うーん、いいんでないの~。

風呂上がり、お昼ご飯までのお写真はあまりにも・・・なのでカット(^^;)

でようやく昼ご飯。いや~ここが予想よりはるかに美味しくて大ヒット!!いつもいいプラン考えてくれてありがとうね~

s-P1010035 s-P1010036

カニはもちろん、ブリのお刺身はほんのり甘くて「まいう~」。右写真はレンコンと海老のすり身のあんかけと治部煮。これがまた薄味でめちゃ美味。

ふと前を見ると治部煮を少し残している。中居さんが下げようとすると「まだおいといて~。これ、最後の白ご飯と一緒に食べようと思って~」

しまった!美味しくて一度に全部食べてしまった。あさはかなり~

食べ終わってまたお風呂にはいりました。極楽じゃね~。えっと、今回何しに来たんだっけ、そうそう、旨いものくって、この温泉にはいりに来たんですよね~

かなり後ろ髪をひかれつつ、戻った金沢駅では電車が大幅に遅れているみたいで、もう三時なのに掲示板は、また1時台の電車が表示されている。

夕方にむけて少しずつ解消されてはいったみたいですが、私たちのサンダーバードも20分遅れの出発、大阪着約1時間の遅れでした。s-P1010037

途中ありえないくらいの積もった雪をみて、s-P1010041 夕ご飯にすべく、駅弁を購入して帰ったのでした。

今回は夕方からの入りだったので、滞在時間が少しでしたが、今度はゆっくり行きたいですね。。。って今回は何で行ったんでしたっけ?(ひどい。。。)

s-P1010043 s-P1010044

| | Comments (2) | TrackBack (0)

二次会 in 金沢 

二次会の会場についてみると。。。なんとそこはライブハウス!ここのハウスのマスターはサザンの桑田と同期か何かで、地元の人にはかなり有名なライブハウスだそう。確かに入り口にはサザンの他、有名どころでは野村のよっちゃんやデビ夫人(?なんで?)、チャーと写っている写真が貼ってありました。

さすが、彼の趣味でこの店なんですね。しかし、ライブハウスに入るなんてかれこれ10年ぶりくらいじゃないかしらん。

この大雪のため新郎新婦は遅れて到着。新郎のバンドメンバーで新婦が一曲歌ったあとは、新郎とバンドメンバーのセッション、他はゲーム大会など、なかなか新郎が忙しい二次会でした。また、今回ウッドベースの弦をはじいてリズム出しながらベース音も鳴らすという奏法ははじめてみました。ウッドベースのチョッパーっていうのかしら。なかなかノリいい弾き方。

新郎の最後の挨拶で「(嫁の友人に対して)取ってしまってごめんなさい。でも、○×(嫁の名前)は僕の嫁になりましたから、渡しません」と言い切ったあたり、いいですねぇ。。。幸せそうで。。。。言われてみたいもんですわ。

私の高校の時のなりたい夢はギタ-を弾く彼(ジョン・レノン)の横でぷかーっとタバコふかしているオノヨーコだったんですから。。。

s-P1010017

二次会が終わって外にでたらやっぱりこんな景色。写真は片町公園です。

ホテルに帰る途中に酒とつまみを買って、遅くまでいつものメンツで飲み語りました。しかし毎日終電って・・・よく持ってますね、そのお体。魑魅魍魎がついているから持っている、とのウワサも聞きましケド。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二次会 in 金沢 その前に

この冬一番の、しかもひと冬に一度くるかこないかの大寒波の中行ってきました、北陸は金沢。今回は友人の結婚式二次会に出席するために。(もちろん目的はこれだけではない。なにせ冬の北陸といえば・・・温泉と新鮮な魚介類!)

電車は動くのかいな・・・という心配からこの旅は始まりまりました。

数日前から雪による倒木などで北陸線が一部運休するなどしていたのですが、この17日は昨夜からの大雪のため七尾線は除雪作業が進まず15時まで運休。和倉温泉行きサンダーバードも富山行きに行き先を変更したり、途中徐行運転をするなどして20分遅れで金沢駅に到着。

友達が無理言って四時半に開けてもらうよう店に予約をしていてくれたのですが、ホテルはいって身支度をしたら結局五時半になってしまいました。その遅刻の理由は私がサロン・ド・J(一緒に行く友達)に化粧をお願いした為(^^;)

いや~センスある人にしてもらうと化粧ひとつで「しょぼい顔」もこんなに変わるんかというくらい、20分ほどでおめめもぱっちり、顔もシャープに別人みたいになってました。うーん、日頃もう少し勉強せな。。。と深く反省。

行った店は「ゼンジロウ」ちがう「ケンタロウ」じゃなく・・・そうそう「ケンシロウ」の店。なかなかオシャレな店構えで、値段そこそこ「まいう~」な店。「白海老とかりかりポテトのサラダ」旨かった。。。二次会の前に軽くひっかけて・・・という名目なので量は控えめに。

s-P1010005 お店の感じ。いちばん右写真が白海老~サラダ。あと刺身と小フグ唐揚げと能登牛のたたき。

s-P1010007 s-P1010008 s-P1010010 s-P1010011

みんな手タレデビューしたがってます(真ん中写真)

店の外に目をやるとヒューンと白いものがいっぱい飛んでいて、ときおり雷が。現地では「ブリおこし」といってこういう雷の日にぶりがよく獲れるそう。これからのブリが旨いんだそうで。。。うらやましい。

軽く1時間ほどひっかけて、結婚式二次会の店へ。店の外の様子はこんなん。大阪ではありえね~

s-P1010002

そうそう、一緒に行ったみなさん。お忘れでしょうが、この私「雨女」。これが冬になると当然雪女~ふふっ♪

最近は高いモンベルのカッパを買ったお陰で、そのカッパを持って行った旅行ではカッパを雨で使うことはなく(スイス・大台ヶ原・八重山)、持って行かなかった時は必ず「雨」なんすよ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 17, 2005

きっときみはこない~

きっときみはこない~♪ でおなじみ山下達郎の曲「クリスマス・イブ」

さっきネットでニュースをみていると、1986年にJR東海のCFソングに起用されてから20年ずーっとTOP100にはいっているのだそう。すごいね~

20年前というとシンデレラエクスプレスと言う言葉が流行った頃ですよね。新大阪や東京駅の最終便とかで見られた光景。あの頃から日本はバブルにはいってはじけて・・・と景気は激動でしたが、この曲はずっと変わらず、世にかかっているということです。

ずっとかかっているということもすごいけど、印税もやっぱりすごい?気になります。

明日はサンダーバードに乗ってちょっくら用事しに行ってきます。一年に一度あるかないかの大寒波がくるそうで、数日前も積雪による倒木のため運休になってたりしてたので、ちょっと不安。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2005

税制改正大綱

与党の税制改正大綱が今日の夕方HPに発表されました。ニュースでも、定率減税の廃止やたばこ1本一円増税とか言ってます。

以前、12月になって急に長期譲渡所得の100万円控除がさくっと無くなったのは記憶に新しいところ。今回もチェック要です。といっても今さらチェックしても通っちゃうんだろうなぁ。

どうも住みにくい世の中になるようです。猫にはどうしようも出来ないので誰か住みやすくしてください。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ルミナリエ

行ってきましたルミナリエ。人一杯でしたが、想像したほどは人も多くなく、元町から会場を通り抜けるのに1時間くらいでした。とにかく駅降りてからが寒い~。ホンマに寒かったです。帽子も持って行けばよかった。

でも会場に着くと綺麗。。。寒さを忘れて見とれました。s-P1010237 s-P1010244 s-P1010248

忘れていけないのは、震災の復興を願ったイベントであること。もう10年もたつのですが、まだまだみんなが復興したわけではありません。

そして、今、生きているからこのような綺麗な光も見られると思うと、ちょっと一人でうるうるきてしまいました。バックの音楽もちょっとそれっぽいのも手伝いまして。。。

で、美しいものをみたあとは、美味しいもの、ということで会場を後にして行ってきました。会場では美味しい誘惑(ワンタンスープとか肉まんとかイカ焼きとか・・・ズルッ)がいっぱいだったのですが、胃を意を決して振り切って。。。

振り切ったかいがありました。坂越の焼きがき香味野菜ソース・・・うまいっ!冷えた体にあつあつ「かき」がまいう~s-P1010251

ここはオーストリアワインのお店、そこで「ホイリゲ」を頂きました。早い話がオーストリアのボジョレーヌーボー。でもフルーティーで、私はこっちのほうが好きかも。解禁は11/11だったそう。

ここのお店自慢のセロリのスープ。予約した時はあの青いセロリのスープとばっかり思っていたのですが、出てきたのは!

s-P1010255 セロリの根っこのスープでした。根セロリといって、根を食べるセロリだそうで、ヨーロッパでは普通にたべられているそう。それに対し日本で売られているのは葉セロリなんだそうです。頂くと、味は確かにセロリなんですが、葉セロリよのマイルドかも。

写真、半切りのかぶらみたいなもの(根セロリ半切)の中にスープがはいってます。

本日の大ヒットスープでした。

他、生ハムサラダだのソーセージ盛り合わせだのジャガイモだのお肉と野菜の煮込みだのと二時間くらい店にいて食べてました。さすがにお腹いっぱい。

ダーイエットは明日から~♪

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 13, 2005

研修の前に

本日は昼から研修会。年間36時間の研修を受けて、研修記録を提出しなければならない決まりがあり、年36時間ということは、月3時間、楽勝じゃん、と一瞬思うのですが、これがなかなか。3時間に会場の往復を入れるとほぼ半日仕事です。これが地方だと一日仕事になってしまうことも。。。

どうせ研修に行くなら、ちょっとでも楽しみも入れよう、たいていの研修は昼から。ということで研修の前に食べる「まいう~」なお昼ご飯の店を事前に探したりするわけです。

で、今日の研修の前のお昼ご飯は「ウ・ナ・ギ

事務所の人からの「ここが(研修会場から)近くて美味しい」 という情報で行ってきました。05-12-13_12-15

お店は写真の箸袋に書いてある名前「志寿可」さん。まず、はいってびっくり、店構は想像の通り普通のお店。が、中にはいると、ちょっとレトロな喫茶店風で、大きな木のテーブルと椅子。なかなかおしゃれな感じ。ふるーい振り子時計がいくつもかけてあります。他のお客さんがいたので、店の中の写真は撮れませんでしたが、うなぎ屋と思って行ったのでちょっと驚きました。

で、せっかくなので上うな重 1,700円を頂きました。

江戸流ということで一度蒸してあるのか、かなり身はほろほろ柔らか、タレはよくある秘伝の継ぎ足しタレなんでしょうか、コクはあるけど軽めでかなり「まいう~」なお味。うーん、タレだけで何杯でもいけそう。。。肝吸いはさらさらとおいしいお汁♪

でもただ一つの難点。それは「量が足らん」。男性だと絶対足らないんじゃないかな。

研修から帰って、店情報を教えてくれた人に「どうでした?」と聞かれ、「おいしいけどちょっと量がもの足りなかった」と言うと

「あ、そういえば蕎麦を食べて、あの店はセカンドステージでした。」

恐るべし、フードファイター。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 12, 2005

激寒

寒い寒い~今年はいつになく寒いですね~。関西は明日の朝、予報では軒並み1度以下です。もしかしたらうちの近くは雪がちらつくかも。

猫には明日はぬくたいお布団にずっとはいっていたい朝になりそうです。ちなみに今世いいことをすると、来世は家猫になれるそうです。

猫っていいよね~働かなくてもだらだら寝ているだけでかわいいって言ってもらえるしエサはもらえるし。(事務所の人談)

来世はペンギン!と思ってましたが家猫もよさそうです。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

パイナップル

さきほど、先週西表島は無人販売店で買ってきた秋パイナップルを食べました。夏のパイナップルと違って一回り小さくてちょっと酸っぱい、でも甘くて身が柔らかい。。。しかも1個150円!

私はこの味が大好きで、西表島の宿でも二泊とも夕食のデザートについてたので幸せでした。。。食べながら遠い目をしてしまいました。あぁ、次はいつ里帰りできるんだろうか。(--;)

さきほど、ネットでみてたら、カヌーの時にアカショウビンも見れていたようです。ガイドさんに「あ、カワセミいますね。こっちからはオレンジ色のお腹がみえます」と言われ、カワセミってオレンジ色だったっけ?なんて思ってたのですが・・・写真とっとけばよかったかな。でも私のカメラでは撮れない遠い場所だったような。。。

さて、明日から仕事です。はぁ・・・(ため息) とりあえず今週は沖縄料理の店でも行ってきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 10, 2005

日常の一コマ

遠くの友達が、団体旅行「USJとルミナリエに行く」という旅に参加するけど、自分はUSJには興味ないから、他の人がUSJにいる間(約5時間)、大阪で緒に遊んで~ということで、しばし一緒に遊んできました。

といっても限られた時間。さてどうするべ?

友達がUSJについたのは既に12時前。そこからちょっと電車に乗って頂いて合流したのは12:40。かなりお腹も減っているとのことで、まずはメシ食事に行きました。

051210_13151 ディープな界隈で有名な「羊の家」、洋食屋さんです。少し遅めのせいかすぐに座れました。

頂いたのは、シチューセット。友達はハンバーグと海老フライのセット。なかなかハンバーグもあっさり味で海老フライは自分とこでパン粉つけてここで揚げました、という感じで「まいう~」。

シチューもことこと煮込んでお肉がほろほろさっくり、かなり「まいう~」でした。051210_12571 ま、カロリーのことはおいといて・・・(完食 --;) 

お腹がふくれたところで、お茶しに近くのアフタヌンティールームへ。そこで1時間ほどおしゃべり。この友達も9月に石垣島を旅行したので、話は八重山方面へ。

「(友達)今度は一緒に行こうよ」「うん、行こう行こう、(西表島の)ジャングルは?」・・・何故か退かれました。

ロフトで小物を買い込んで。(ホントは知り合いの結婚の祝い品物を見るはずが、自分たちのもんばっかり購入)

三時から二人で予約していた足つぼマッサージ(猫は肉球マッサージ?)に行きました。初体験だったのですが、痛気持ちいい刺激がなんとも。。。うとうととしているとあっという間に予定の40分終了。終わったあとはマッサージは足しかしてないのに何故か体がホッカホカ。友達と「暑いくらいだね」。

靴をはくと、あれ?来たときはサイズ丁度だったはすが、今は靴の中で足が泳いでカポカポ。。。。恐るべしリフレ。クセになりそうです。

友達は次の予定、ルミナリエに行くべく四時すぎにお別れ。一人電車の中、爆睡して家に帰りました。

帰ったら・・・お通じのオマケまでありました(^^;)

幸せな土曜日、日常の一コマ。そうそう、友達にUSJのポップコーン(キャラメル味)を買ってきて、と頼んで買ってきてもらいました。夕食後頂くと。。。あーん、止まんない~ 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 09, 2005

8.竹富島に上陸

12/5(月) 曇り時々晴れのち曇り 石垣~(竹富)~大阪

いよいよ最後の日です。あぁ、楽しいことはほんとあっという間だわ。朝起きて天気をみるも、どんより曇り空。昨日ほど風はなさそうですが、太陽がないとやはり肌寒い感じ。

安いツアーのため朝食は付いて無いので、ホテルのコンビニで買ったパンとコーヒーで済ませます。そろそろ普通の量にしないとかなりヤバイ。今回は前回より体重増の旅行であることは、体の感覚として間違いなさそう。。。s-P1010215

カップ麺はマルちゃんの沖縄そば、って朝からカップ麺喰うか?

s-P1010216 今年はこのホテルのビーチ桟橋の先まで行くことが出来ました。でも、どんより空は曇っていて海もなんだか寒々しい。昨夜は結局夕日も見れなかったし。。。ま、今回一度も傘をささずにすんだことだけでもヨシとしましょう。

八時半にホテルを出て、近くの唐人墓まで行きました。ここはちょっと悲しい逸話が多いところなので、この曇り空とともに心がしんみりとなりました。1日目に宿のとなりのおじぃが「沖縄では戦争とか悲惨な体験も歌詞にして、三線にのせてアップテンポで明るく陽気に歌うのさ~」って言ってたことを思い出す。s-P1010217 写真は唐人墓そばのウージー(さとうきび)

ところで、今回一緒に行った友達は八重山が初めてということで遠慮していたのか、ホントに行きたいところがないのか、私が「どこ行きたい?」って訪ねても「まったり動きたい」とか訳のわからん反応だったのですが、唯一きっぱりと「ここ、行きたい!」と言ったところ、それは「八重泉酒造」。わかりました、運転させて頂きますっ。

八重泉酒造で試飲して(私は運転のためしてませんが・・・)ちょっと上機嫌になったところで、レンタカーを返しに桟橋へ戻ります。北陸の友人から「月桃の雫、あったら買ってきて」というメールがあったのですが、探してみてもみつからず、そのメールの友人が買ったという全日空ホテルに桟橋に戻る途中で行くしかないかな、と思って車を走らせていたところ、なんと道を間違えて石垣空港に行ってしまい、時間ぎれ。仕方ない、友達には謝るしかない。。。

車を返したあとは船に乗って竹富島へ。目的は「やらぽ」の海老そば。ここ竹富島は車海老の養殖をしていて、その海老をたっぷり使った海老そばが美味しいとのこと。それを目的に10:30の船に乗り込みました。

約10分で竹富島に到着。お昼まで時間があるので、まずは昨年出来なかった水牛での島観光をすることに。いや~まったりのんびり、いいですね~s-P1010218 まさに島時間が流れていきます。花がきれい。

ここは島全体が保存地区となっていて、家を建てるのにも平屋しかダメ、外壁は板で囲うこと、毎朝家の前の砂道をほうきで掃き清めること(年に二回掃除チェックがあり、不合格だとやり直しなんだって!)などなど、島の人たちの並々ならぬ努力でこの景観が保たれているそうです。見習わんとあんかな~大阪。

s-P1010220 水牛観光の途中でみたシーサー。猫のようにノビをしています。その他おもしろい表情のシーサーをこの島ではあちこちでみることが出来ます。

水牛使いの兄々は若い人だったのですが。最後に安里屋ユンタを三線で歌ってくれました。でも爪ではなくギターのピックで、しかも昨夜「薬指では弦は押さえません」と言われたのにふつーに薬指で押さえていた・・・別にいいんですけど。

水牛から降り、自転車を借りて、まずは目的「やらぽ」に向かうも「本日お休みします」うへ~、やっぱり閑散期みたいで、他の店も閉まっているところあり。残念ですが、急遽店を変更して竹の子に向かいました。

竹の子は開いてました。さっそく「ソーキそば」を注文。人気の店だけあって、まったりとしたダシでかなりの「まいう~」! ソーキはとろける口当たりで美味。ここのお出汁はいつまでも飲んでいたい味でした。(でもちょっと濃いから後が大変そう)。最後の昼食に幸せを感じるのでした。s-P1010221 あぁ書いていたらまた食べたくなってきた・・・といっても竹富は遠いぞ!

かなり美味なソーキそば 名物ピーヤシー(島胡椒)をかけてどうぞ。

お腹も満たされたところで、西桟橋に行ってみました。かなりの強風で、水面はさざ波だっていて桟橋を歩いていても飛ばされそう。s-P1010223

八重山の中でも黒島と竹富島は一番寒いそう。なぜなら真っ平な島のため、風をさえぎる丘や山がなく、風が海からそのまま島を抜けるからです。今回実感。太陽がでると途端に暑く感じるんですがね。

s-P1010225 ご存知「なごみの塔」。かなり急な塔の階段なので、登るのを躊躇していると、先に登ってきたおじさんが「登っておきなさい。次きた時は崩れてないかもしれん。」と言われました。 おじさんが前回来たときには何もなかった部分が今回は崩れていたそう。

あまり時間もないので「アイヤル浜」にむけて自転車を走らせます。すぐにいけるだろう、と思っていたら、途中なーんにもない草道を延々と、10分くらいかかって到着。

s-P1010228 天気がよければ本当に綺麗なんだろうなぁ、と思われる浜。遠くに石垣の街がみえます。こののどかさから比べると、あっちは大都会に見えるね。

s-P1010229 郵便局もしゃれた造りになってます。

s-P1010231

ハンサムな猫。竹富島は猫がいっぱいいます。

s-P1010230       茶屋たかにゃさん門前のシーサー。たかにゃさんも本日お休み。

s-P1010232 s-P1010233

昨年お世話になった仲盛荘さん。あれ?最近屋根改修しましたね。しっくいが白くて新しそうでした。

s-P1010234

白い道とハイビスカス他の花々が美しい。ずっとこのままの島であって欲しい、と思うのは観光客の身勝手なのはわかってますが。

s-P1010235 今回はたった三時間ほどの竹富島上陸。10:30にきて1:30には帰ります。でも昨年、台風で出来なかったことが出来たのでちょっと満足。

さようなら、竹富島。美しい青の海。。。

そうそう、昨年は港の売店になかったもの、それは車エビの宅配便。養殖地サービス価格で20匹9,000円ほどから本土に配達できます。今夜の鍋にいかが?

石垣にもどって、公設市場で買い物をすませてます。途中寄った酒屋で月桃の雫発見!これで友達にメンツがたちました。

空港が近づくにつれて無口になる友達。。。明日からまたふつーの日常です。あぁ、ここは天国。。。夜、降り立った大阪は激寒でした。

八重山では強風に逢うものの、外出時にはまったく雨にはあわず「雨女返上」と思いきや、翌日戻った事務所では暴風雨。。。?遊んできたから仕方ない。。。  (おしまい)

| | Comments (6) | TrackBack (1)

7.石垣最後の夜と三線体験

平取崎をあとにして、今度は野底・米原方面に車を走らせます。この日は石垣島を桟橋から反時計回りに廻りました。

米原までの道の車窓は青い海の連続です。。。。車の中だと風がないのでうっとりする青ですが、一歩外にでると「ヒューン」という風で一気に寒さを感じるので、ここはずっと車を走らせるのみ。

途中天然、ヤエマヤシの群生がみられるポイントがあり、駐車場まで行ってみましたが、曇っているせいか、なんかまた妙なものがいるような気配・・・西表のサキスマオウの木の群生の場所と同じく「ものの化」がいそうな、うっそうとした雰囲気です。真夏に来ると違うのかもしれませんが・・・ホンマに「こだま」くらい出てきそうなので、そのまま元の道に戻りました。

すぐ近くでよさげなカフェを見つけたので休憩することに。さすがにペーパーが四時間運転して疲れたので。白い建物のおしゃれなカフェで(名前忘れました)、席からこんな景色が見えました。s-P1010209

私は「マンゴジュース」、友だちは「ココナツミルク」でゆったりまったりしました。ケーキ他はおいてないみたいで、お茶うけに何故か北海道のお菓子がついてきました。。。海青いけど強風で波が白いです。

休憩したあとは、「みね屋」さんへ。このブログの模様にもなっている「ミンサー織」の本店で、ここでは織物体験もできるみたいです。ここでしばしお買い物。自分用にペンケースを買いました。昨年は自分用にここの化粧ポーチを買ったのですが、綺麗な色がもったいなくてまだ使ってなかったりします。

1時間ほどいた後、本日最後の目的地、ホテルに向かって車を走らせます。予定通り4時にフサキリゾートビレッジに到着。今年もここにきちゃいました、最後の夜の贅沢(^o^) だって、最後の夜は石垣島じゃないと、二度と社会復帰できなさそうですものね。

ホテルの売店で買い物を済ませ、着替えなどもう要らない荷物と一緒に宅急便で家に送ります。やっと荷物が軽くなったところで、お食事。レストラン「ゆんたく」で頂きました。シーズンオフなのか、店はがらがら、ゆったり頂けました。

s-P1010210 s-P1010211 s-P1010214

一番左の写真は海ブドウのサラダなのですが、関西で食べる海ぶどうよりまったり濃い味で、ドレッシングがマンゴー・シークワーサー・ハイビスカスの三種。これが見た目以上に美味で大ヒット。真ん中は石垣牛の握り、旨かった~。右はグルクンの唐揚にゴーヤの素揚げをのせたもの。これも白身で美味。s-P1010213

左はラフテー、右はソーキのチーズ焼き。こちらもまいう~でしたが、さすがにこんなに食べるとお腹一杯。でもこの上に黒米ごはんとアーサ汁まで完食したのでした。たぶんもう終わってるね。。。体重。

食事の後は「三線体験」に参加しました。参加者は三名。先生は「ギター侍」にちょい似た方で(年齢もそれくらい?)なかなか陽気な方でした。

先生が言うには八重山の冬は今日のようにどんより曇で風が強くて寒い日が多いのだとか。「冬になるとここ(体験レッスン)には誰もきませんね~」

で、レッスン内容。1時間で「花」をマスターすべく、レッスン速度はかなりのスピード、ついていくのはなかなか大変でした。三線の持ち方から爪の持ち方、弦の音の出し方にはじまり、工工四(くんくんし と読みます)という楽譜の読み方、そしていきなり工工四で書かれた楽譜を見て練習!いや~結局「工工四」を読むのが面倒(ついていけない)ので、頭の中ドレミ換算してなんとか弾いてました。

三線の詳しいことについて、いろいろ発見もあったのですが、かなり長くなりそうなので、また別の機会にこのブログで書くことにします。とれあえずここは旅日記の続きをば。

1時間ちょっと練習してなーんとか花を弾けるようになったところで、次の予定「エステ」になったので、教室を退席。

ゆーったりエステを受けて、八重山最後の夜は爆睡でした。あ~明日は帰るんですね。。。とほほ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

December 08, 2005

6.やっぱり強風のパンナ森林公園

12/4(日) 一日強風 曇りのち雨のち一時晴れのち曇り 黒島~石垣 フサキリゾート泊

朝おきると島の風景は一変、どんよりとした灰色と強風。今日はNAHAマラソンの日ですが、このマラソンの日はたいてい強風なんだそう。そういえば昨年も台風の後の吹き返しの風がすごかった。

朝食を頂いて、9:40の石垣島行きの船に乗るべく港に送って頂きました。港は強風ため、停泊中の船が木の葉のように揺れていて、港に立ってると飛ばされそう・・・大丈夫なんかいな。

まぁまぁ船は揺れて(初めての友達はこの揺れにびっくりしただろうな・・・)石垣に到着。宿の皆さん、および石垣に用事のあるオーナーさんとはここでお別れ。やっぱ島は二泊しないとその良さはわかんないのかも。。。でもそんなに休みはとれませんっ!

強風と曇り空、ここはやっぱりレンタカーしかないでしょう、ということでレンタカーに電話して借りることに。「軽はありますか」「出払っててないです」「じゃあビッツ以下の車でお願いします」。1,300cc以上は運転したことないので・・・(^^;)

出された車は三菱・・・そうか他より代金が安かった理由はこれね。ま、火は噴かないでしょうし、これでレッツ・ゴー

お昼まで時間があったのでパンナ森林公園に行ってみました。強風のため。展望台に長くいることは出来ず写真とってそそくさと退散。去年と一緒だね。。。s-P1010200

11時半にお昼を食べに「たけさん亭」に行く。何故昨年とおなじ店にしたかというと、道がわかっているため運転が楽、それだけの理由です。。。安全第一!

で、ランチを頂きました。やっぱお肉はまいう~。三時間前に朝ご飯食べたばっかですが、胃にはいっちゃうのが不思議。s-P1010201 s-P1010202 あとミニサラダとデザートとコーヒーがついて1,500円(+消費税)でした。

お腹もふくれたところで、いよいよ石垣島一周ドライブ。昨年は原チャリで玉取崎までしか行けませんでしたが、今日は平久保崎まで行きます。石垣島は一周ノンストップで三時間ほどなので、途中休憩してまわったとしても四時にはホテルにつく予定。

玉取崎も強風のため、車おりた途端「さっむーい」。寒いといっても、もちろんコート着るほどではなく、フリースを着込む程度なんですが、とにかく風が強くて体感温度が下がるのです。途中であった原チャリの人も辛そうでした。

s-P1010203 曇っていて天気悪いにもかかわらず、この青さです。ホンマにすごいなぁ・・・ススキと青い海がなぜか不思議。

寒いが故にそそくさと車にもどって、次は石垣島のさきっぽ平久保崎へ。約半時間ほどの行程。崎につくころにはお日様も顔を出し始めて、だんだん暖かくていい感じになってきました。車を止めた場所は・・・絶景かな~絶景かなぁ~s-P1010207 s-P1010206

あまりの綺麗さにうっとり・・・といいたいところですが、実は立っているのもやっとな程の強風で、写真とるのも必死。風がなければホンマいつまでもいたい場所でした。

しかし、写真とかでは知っていたけどここまで綺麗とは。さすが八重山。これだから八重山は止められませんわ。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

5.そして大荒の黒島

宿の食事はすごいボリューム。爆弾みたいな大きなコロッケ・ロールキャベツ2個・八重山そば・お刺身etc(すいません 忘れました ^^;) どれも美味。ただ、郷土食という面には欠けてましたけど、たまたまかな。一緒に食事した人たちは「久々の揚げ物がうれしい」って言ってましたから。

本日の宿泊客は11人。ここ二年ほど、宿泊客同士の食事は4人程度だったので、今回は大人数に感じます。

食事もおわり、友達は宿の蔵書に読みたい本があったらしく、部屋で読書。私はフィギュアNHK杯女子フリーを見るためにダイニングに残ってました。そのうち話がはずんでTVは見ず・・・

ここの宿の人たちはほとんどが仲本海岸のシュノーケリング目当てのようで、色々な魚の話で盛り上がってました。あと新石垣空港問題について宿のオーナーと話合う人も。さすがに社会問題については、猫には難しすぎてわからないので、もっぱら明日の石垣でたべる美味しい焼き肉の店の情報収集とか他の島の話なんかしてました。

「今日散歩してたら、家の中からおばぁに呼び止められて、目が見えないからアンタ年賀状書いて、と頼まれて書いてきました。年明けたら私の字が知らない人のとこにいくんですよ」そんなんアリ?

「本当は今日西表のあけぼの館だったんだけど、ここが楽しくて昨日キャンセルしました」「えっ、もしかして昨日9時にキャンセルの電話掛けました?」「はい」「私、ちょうどその時、あけぼの館にいて、妹さんがキャンセルはいっちゃった、体調が悪いんだって。仕方ないね、って言ってたんだよ~」 なんて島は狭いんだろう・・・

黒島の夜は更けていき、時おり雨がぱらつき、風が強くなってきて部屋にいてても風の音がひゅーひゅー聞こえるように。なんでも明日ここののどかさんは石垣に用事があるとかで民宿自体がお休み、他の宿泊客も天気が悪そうなのでそうそうに島を出るらしい。なぜか翌日に行く予定の島は全員西表、示し合わせたわけでなく、たまたまだそうです。私と逆だね。

ということで今夜は雨の音と風の音の中就寝。うーん、明日の天気が大変心配。船出るのかな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

4.黒島へ初上陸

今回は、いつも拝見させて頂いている離島HPの管理人さんが大絶賛の「黒島」に行きました。なんでも一番離島らしく「なーんにも」なくて、のどかで、ただただ海が綺麗で、魚ウオッチには絶好の天然のプールが干潮時には現れて、そこでは潜らなくてもニモちゃんまで見ることができるそう。

海に潜ったらまた楽しいんだろうなぁ、とは思うのですが、何せB型(猫もABOなの?)、ダイバーの講習行っても人の話を聞かず興味のあることしかしない → たぶん死ぬ(--;) なので自粛しているんです。まだ死ぬには早いですし オヤ モ ソノオヤ モ イマスシ・・・

大原港から一旦石垣の桟橋に戻り、そこから黒島に向けた船に乗り込みます。今日は波もおだやかなようで、波照間行きの最終三時の船も出航していました。明日は大荒れ、船出るかなぁ・・・

いつものこどく旅情を誘う船の甲板。s-P1010195 s-P1010194

今年も日本の豪華客船「飛鳥」が来港してました。昨年も見ましたから、いつもこの時期に来るのかな。

「黒島の港についたらなーんにもなくて途方に暮れるよ(カヌーのガイド)」 とか 「次どこ行くの?あ、くろしま・・・(その沈黙は何!浩美さんっ!)」というなんだか勢いをそがれる発言を聞いてきたのですが、確かに港には牛の模型と看板以外なーんにもない。

あらかじめ電話はしておいたので、宿の人が港まで来てくれていました。今夜の宿は、この9月に出来たての宿「のどか」さんです。娘さんが「のどかちゃん」というらしく、そこからとったそう。

出来たてというだけあって白の建物とダイニングと洗面関係はかなり綺麗。しいていえば、構造的に足音が響くので、夜寝るときに気になる程度です。それより宿泊客には自転車・洗濯・シュノーケリングセットはすべて無料。太っ腹な民宿ですね~

夕食まで時間があったので、自転車を借りて仲本海岸へ。途中の道もこんな感じ。なにもないのがいいっすね。s-P1010196

海側に日が沈むため、夕方に行った私たちは白く光る海しか見えませんでしたが(写真下左)、海から岸をみると、真っ青の空と青々とした木(写真下右)・・・綺麗すぎです。s-P1010197 s-P1010198

明日から大荒れのせいかだんだん雲が厚くなってきて、日没の頃にはまったくお日様はみえない状態。

写真は日没1時間半くらい前のもの。これ以降お日様は見れませんでした。 そのあいだに風呂にはいって、お待ちかねの食事だぁ~s-P1010199

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3.いざ、ペーパーの私!

栃木の小学生の女の子が殺害されてから一週間が経ちました。12/1、西表の夕食の時、広島の事件からあまりにもすぐの同じような事件にニュースでびっくりしたのですが、日本はとても病んでしまっているのかもしれません。

昔、欧米では犯罪が多発しているため、学校への送り向かいは必ず親がする(もしくはスクールバス)、というのを聞いて「大変な社会なんやなぁ」と、そのときは他人事の話だったのですが、いつのまにか日本もそうなってしまったようです。なんでなんかなぁ。。。

12/3(土) 曇り時々晴れ 西表~黒島 民宿のどか泊

朝起きると昨日とはうって変わって海には白い波が立ってます。風も昨晩ほどではないけれど、吹いている。宿で一緒だった一人旅の女の人は今から波照間に行くそう。明日、名古屋に帰るそうで、天気は明日は大荒れ予報・・・船・大丈夫かな。。。

いつのまにか西表の路線バスも一日3本から6本に増えていて、使い勝手はよくなったのですが、もあちこちまわるとなると、やはり不便。「そうだ、ここはレンタカーを借りよう!」「え?免許証持ってきてないの?仕方ない、私が運転します」。こないだ運転したのは4月の鹿児島以来です。。。

近くのレンタカー屋さんに電話して宿まで迎えにきてもらう。あけぼの館さんとはここでお別れです。いや~今年も美味しい夕食と楽しい会話をありがとうございました。今年は三線まで聴けてホントよかったです。天気もよかったしね~

レンタカーの手続きを済ませ、朝九時いざ出発!ここは道路も貸切状態。楽勝~。実は昨年きた時に「これならほぼペーパー私でも運転できるな」と読んでいたのです。読み通り道はがらがら。ただし天然記念物轢かないようにスピードは控えめでね。

西表島を半周(道路がないため半周しかできない)すべく、まずは片方の道の終点白浜に向けて車を走らせます。だんだんお日様も顔をのぞかせ、白浜についた時はいいお天気で、海が真っ青!ホンマにどこ見ても海はどこまでも青くて綺麗やね。s-P1010180

海の青に感動したところで、今度は由布島に向けて出発。途中、ピナイサーラの滝の見えるポイントで休憩。今は雨が少ない時期のため、ほそーい滝となってて、はっきりと写真には写らない状態で、撮るのは断念。

時折広大な青い海やマングローブの林の景色を楽しみながら、10時半に由布島に到着。ここから水牛に乗って島に渡ります。でも。。。やっぱ三線弾ける人の車は団体さん用みたいで、今年もお話だけの車でした。

ただ、この時の水牛くん、ものすごく働くのがイヤな子らしく、何故か大回りしたりゆっくり歩いたり、今日まだ一回目の牽引なのにすでに疲れた様子満載!係の人の話によると、この歳のオスだと16人乗りの車を一日三往復轢かせても大丈夫のはず、なのにこのシンくんはまだ8人乗り三往復がやっとなんですと。由布島につくと水牛舎に直行しようとしてました。帰りたくて仕方ないみたい。

どこの世界にもいるんだね~。その君の気持ち、今の私にはよくわかるぞ。

ついた由布島はやっぱりただの植物園。でも今回は友達が初めてなので、一緒にきました。やっぱ何もないけど、一回は話のネタにもきておいていいところだとは思います。植物園ぬけた浜は小浜島がよくみえて綺麗でした。s-P1010184

そそくさと帰りの水牛車に乗り込み、次ぎに目指すは南風見田の浜、もう片方の道路の終点です。しかし、ホントに車少なくて快適なドライブ。ソーラーカーだん吉を見ると「いいなぁ、気持ちよさそうで」と思ってたけど、今まさにその状態。あのロケ実は楽しいやろなぁ。。。

本日のドライブ最終目的地、南風見田の浜は・・・絶句するほど綺麗でした。いゃ~わたしゃずっとここ(西表島)にいたい!って山の猫の故郷でしたね(^^;)s-P1010190 s-P1010189

浜でカニさん発見。

時間もせまっているので仕方なく(泣く泣く)レンタカーを返しに大原港へ。上原から大原の乗り捨てだったので、レンタカー代かちょーっと高かったけど私は大満足。でも、友達には悪かったかな。。。とちょっと反省。

二時の船で西表島をあとにしたのでした。

またくるぜ!じゃなかった、また帰ってきます、このジャングルに!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2005

2.一年ぶりのカヌー体験 その2

食事が終わったあとは片づけて、またカヌーで川を下ります。

以下ガイドとの会話。ガイドの話はこの色

以前反抗的な高校生が親と来てね。あまりに腹立ったんで、親の見ていないところでカヌーひっくり返してやったんだ。

このいい天気は明日くらいまでで、あさってからは天気は荒れるみたいです。ちょうどキャンプツアーが明日からはじまるんだけど、強風でテント飛ばされるかもしれない。お客さんのは飛んでも、僕のテントだけは意地でも飛ばさんようにしとこ。

ものすごくいい性格しているんですね。。。あっぱれ。

そうこう話しているうちに、1羽の鳥が木の上に。あっ、かんむりわし!すかさずカメラを向けるもちょっと遠いなぁ。。。 家帰ってパソコンで見ると、こっち向いてますね!ちょっと嬉しい写真。s-P1010163

帰りはあっという間にマイラ川の河口に到着してカヌー終了。ガイドさんが車を取りに行っている間、近くの古見のサキシマスオウの木の群生を見に行きましたが、ものすごくうっそうとしていて、なんかヤバい感じ。ものの化ってこーゆーところにいるのかしら。なんだか気味悪くて、すぐに出てきたら、友達が「カメラのカバー落としてきた」といってまた戻っていった。どうも何かが呼んでいた?

ここから宿まで送ってもらいました。やっぱいつ漕いでもジャングルは良すぎて、漕ぎ足らないです。ま、真夏の炎天下、暑すぎて泣きながら漕ぐお客さんとか、雨の日は何の会話しても「お通夜」のように盛り上がらないこともあるのだとか。

この日はホントにいいお天気で、暑くもなく寒くもなく、ホンマにカヌー日よりでした。もしかしたら雨女脱出したかも!(というのはちょっと甘かったことを、その後黒島で知るのです)

四時に宿について、川で濡れた服を着替えて、またまた宿の裏庭の海へ。ビーチサンダルで海にはいって波と戯れました。s-P1010171 晴れている打ちに楽しんでおかないとねっ!

すごい静かな波で、いいお天気に海も青い!s-P1010174 遙か彼方には、珊瑚のかけらだけで出来たバラス島も白く輝いて見えます(写真右 クリックして見てね)

この日の宿の宿泊客も四人。夜の食事は黒米、赤いか(だったと思う、すごいでかいイカ)のフライと長命草のかきあげ、裏の海でとれたタコの酢の物、みそ汁、あと何品かあったと思いますが忘れました(^^;) とにかくこの日も美味で完食。友人はまたまたロックで泡盛を心ゆくまで飲んでました。

夜も更けてくると、だんだん風が強くなってきて、外の様子を見に行った男の子が「電線から火花が出てますけど?」

みると強風にあおられた電線が電柱柱のところでジジッと鳴って火花が出ている。ショートしている?こんなん関西で見たことないですが、宿の人は「また、気が向いたら言っとくわ。わざわざ言うこともないし」 ・・・ナンカ スゴスギ デス (--;)

ところで、ツアー終了後に友人に聞いたところによると、どうもこの日のカヌーツアー中、前夜の酒が残っていたらしい。そういえば「誰か止めて~」とか言いながら飲んでたもんなぁ。「泡盛は残ってても岩場をトレッキングすることがわかりました。泡盛は足にこないです。」と断言。あぁ、下戸に酒飲みの気持ちは一生わかんない~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2.一年ぶりのカヌー体験 その1

体は5日に帰ってきましたが、ようやく魂は関西近くまで戻ってきました・・・あぁ、この現世(事務所)は何と色々あることか!ま、旅行行ってその後定時に帰ろうっつーのが間違いですけど(^^;)

12/2 西表島 晴れ時々曇り あけぼの館泊

ちょうど一年前の12/2、初めてカヌーに乗ってピナイサーラの滝まで行き、そのジャングルの中を漕ぐまったり感がとーっても良かったので、今年はカヌー一日コースに参加しました。事前に「ジャングルをまったり漕いで色々な生き物をみたい」とリクエストすると、シイラ川・マイラ川のあたりがいいのでは、ということで、そこにお願いすることに。

今回お世話になったのは「うみあっちゃー」さん。ガイドさんはなかなかコアというか過激というか・・・とにかくも私の周りには存在しないタイプのガイドさん。ま、その話はおいおいと。

8時半にお迎えがきて、ツアーのワゴン車に乗り込み、半時間でシイラ川の下流に到着。そこでカヌーのレクチャーを受けてライフジャケット等を身につけて出発。s-P1010151

写真は出発地点です。

ここから海に向かって漕いでいくのですが、今日は大潮の日、みるみるまに潮が引いていき、「あれ?水が浅くてカヌーの底が地面についちゃってますケド・・・進みませーん!」当然、カヌーは水に浮かばないと進みません。あちこち浅くないところを探しもって漕いだのですが、進むスピードより潮の引くスピードのほうが速くなってきて、このままでは干上がってしまう、ということで結局ガイドさんに牽引してもらって、ようやくマイラ川の河口に到着。

河口の橋げた下の砂地も既に干上がっていて、なんか木の芽みたいなのが点々とずーっと続いている。ガイド曰く「ミナミコメツキガニ(兵隊ガニ)がいますね~」。え、この砂地ずーっと点々と木の芽みたいなのぜーんぶカニなの?でも、近づくとすぐに砂の中にもぐってしまい、なかなか捕まえるどころか、写真すら撮れません。ようやく一匹どんくさいのを見つけて手に取って観察。s-P1010154

このカニの大群は、いつも見られる訳ではなく、前日の天気とか潮の加減によるので、ガイドでもいつ現れるのかわからないそうで、ガイドも「今日久々に見ました」とのこと。ラッキーだったんですね。

s-P1010155 ちなみに黄色い二人乗りが私たちの漕いだカヌーです。いいでしょ~。開高健の世界。

マイラ川をずーっと漕いで登ります。といっても追い風なのでほとんど漕がなくて進むので、漕いではまったりとあたりを観察。ときおり水面をばしゃばしゃと跳ねる魚あり、ちょうちょうもいっぱい飛んでいて、風もなくおだやかな晴天。いいっすねぇ・・・s-P1010156 s-P1010157

以下漕ぎながらのガイドとの会話。ガイドの話はこの色です

「いつまでいるんですか」「5日に帰ります」「それくらいがちょうどいいです。それ以上いると(本土に)帰れなくなりますから。帰れなくなるよ、と行っても帰らなくてとうとういついた人いますからねぇ」

「なんで大阪や東京の人ってあんなに働くんでしょうかね。ま、ああやって仕事命ってやってくれているから、僕らは遊んで暮らせるんですけどね」

「沖縄は何回目ですか?」「(友人)沖縄本土に行って今回ここです」「二回目がここですか。もう次ないですよ」(それどーゆー意味? → 友人は最終日にこの意味を悟ったようです)

漕いでいくうちにだんだん川は狭くなり、とうとうせせらぎのような石ばっかりのところへ。そこからは少し歩いて上流を目指します。途中、「トイレ行きたいですか。では、あっちで。僕は先に行って待ってます」・・・もちろん自然の中です。

ところで、このあたりの石はものすごく滑りやすくて、気を付けないとズルッと行きそう。でもガイドはさっさと行くし、ついていかないと、どこに足ついていいのかがわかんない。必死でついていくと、「はやいですね~慣れてるんですか」。違うっつーに。

怖い石の上を歩いてようやくお昼ご飯の場所に到着。ようは、この川はここしか平らなところがないんですと。s-P1010159 s-P1010160

ガイドさんが携帯コンロ他を取り出して、手際よくお昼ご飯を作ってくれます。さすがすごい慣れた手つき。おみごと。あっていう間にトマトソースのパスタとタマネギスープが出来ました。おみごと。写真はパスタ茹でてるところと、トマトソース作っているところ。で、肝心の出来上がったのは・・・すいません、いつものごとく食べるのに必死で撮るのを忘れました(^^;)

ところでこわい岩場を、機材や食料品等の荷物いっぱい持って(しかも私たちの荷物も持って)歩かれるガイドの姿はちょっと格好よく見えました。日本の未婚率を減らすには、もっと男の人がこういった魅せる場(錯覚の場)を作らないとダメなんだろうなぁ、と大自然の中で思ったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2005

1.一年ぶりの八重山 

12/1(木) 曇り時々晴れ 伊丹~西表島 あけぼの館泊

この一年間、待ちに待った八重山へ。朝5時に起きて空港に向かいます。早朝にもかかわらず、めちゃめちゃご機嫌の山の猫です(^o^)

飛行機の搭乗口に行くと、あれれ?高校生が一杯。なんでも修学旅行とかで、今から同じ飛行機なんですと。いいなぁ、修学旅行で八重山かぁ・・・でも、高校生で八重山って、やはり楽しいだろうけど、たぶん私たち社会人の楽しさとはずいぶん違うだろうなぁ。

飛行機が離陸した途端「キャーキャー」喜ぶ高校生。うらやましい。しかし、修学旅行のお陰で座席は満席。う~窮屈。。。ちなみに高校生たちは扇町高校。ご近所。

石垣島に近づくと、あのエメラルドグリーンの海が窓一杯に広がり、どうやらお天気の様子。やったね!昨年も書いたけど、飛行機は右窓側がお得。景色がとってもいいので。今回も右側でした。

空港降りると風はあるものの日差しが暑い!いいんでないの~。

今回は一人旅ではなく二人旅。数年前に辞めた会社で同じ課だった人です。何故かその人とは今でも交流あり。で、その人は船に乗るまでに着替え2回してました。確かに、関西とは10度くらいは温度が違いますからね。今日は半袖一枚で充分。私は最初から半袖を一番下に着込んでいて、あとは現地でタケノコのように脱いでいくだけにしてたので楽勝。

アニパヤモールで簡単にお昼ご飯。ゴーヤチャンプル定食と豆腐チャンプル定食。うーん、旨いんでないの~s-P1010134

12:40分の船で西表島は上原港へ。途中ちょっと揺れましたけど、ほとんど揺れなしで到着。宿に電話して迎えに来て貰いました。

一年ぶりのあけぼの館さん、裏庭とか手入れさたみたいで、昨年よりかなり庭は綺麗になってました。s-P1010147 ハイビスカスと青い海。あぁ、それだけで幸せ。

今、親川スーパーさんとこはレンタサイクルをしていない、ということで宿のチャリンコを借りて、散策に出発。まずはヒナイ川のところまで行ってマングローブの見学。途中坂道を何度か越えて到着。s-P1010135 相変わらず広大な風景です。

途中には牧場もあって牛さんが草をはみはみしてました。s-P1010137

月が浜に行きました。相変わらず例の「ホテル反対」の看板があります。浜にはだーれもいなくて貸切状態。今回はちゃんとビーチサンダルを石垣の桟橋で購入してきたので、足を入れてみます。泳ぐには冷たいですが、チャリンコで少し汗かいたあとなので、とっても気持ちいい。s-P1010139

だーれもいない月が浜。砂が細かくてさらさら、綺麗な浜です。

三時も過ぎたのでお茶しに星砂の浜に行って、そこのレストランでお茶をしました。チーズケーキとマンゴーアイスとアイスティー。これで1,000円しないんだから安いね~(確か850円)s-P1010141 お茶したあとは、星砂の浜でしばし波と戯れます。こないだ「鉄腕DASH」で国分くんが泳いでいたところです。

ところで星砂減りました?去年、感動するほど星があった気がするんですが・・・このあたりから、お天気は晴れてきました。s-P1010145 海が青い!

4時も過ぎてきたので、途中ビール買ってお宿に帰ります。

s-P1010150 この日の宿泊客は4人。やはり閑散期。

宿のご飯は相変わらずとっても美味。ミミガーの酢の物、きび餅のはいったご飯、裏の海でとれた魚のお刺身、ジーマミー豆腐、この写真には載ってないけどアーサ汁とこれまた裏の海でとれた焼き魚もついて、満足なご飯でした。

八時頃、となりの家のおじさん(親戚の方)が「雷花ライカ」ちゃんというミニチュアダックスフンド犬と漁師の三郎さんという方を連れてきて、三線を聞かせて下さいました。方言が全くわからなかったですが、おじさんの声も三線の音もいい音色。

一緒に来られた三郎さんは既にほろ酔いで何言ってるのかわかんなかったけど、私の連れが適当に相づち打って話盛り上がってました。さすが酒飲み同士、通じ合うものがあるらしい。

この日は新月、屋上に上がってみると満天の星空。あれ?雲がかかってる?あのあたりなんかもやもやしてますケド・・・えっ、天の川なの!初めて天の川を見ました。。。感動。。。

明日は一日カヌーなので早めに就寝。波の音が子守歌です。おや、となりの方は消灯後5分で寝てしまったようです。。。八重山初心者には1日目から刺激が強すぎた?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

今日から仕事

今日から仕事、今から出勤・・・旅行してきたので疲れたとか言えないし、午後からお客さんは来るし、とりあえず一日黙って仕事してきます ムコウハ テンゴク ダッタ (--;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

帰ってきました

八重山から無事帰ってきました

12/1~3はとってもおだやかで、お日さんの下では半袖で充分なお天気だったのですが、4日から急変、強風で肌寒い日となりました。

今回もいろいろチャレンジしてとーっても楽しかったんですが、それはまた明日からぼちぼちと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 01, 2005

桟橋

うらやましいひと いっぱいいるはず!051201_1222.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »