« クリスマスの足音 | Main | 紅葉狩in京都 その1 »

November 03, 2005

善峯寺

今日は、「そうだ京都に行こう」今年のJRの宣伝に使われている「善峯寺」に行きました。

このあたりって「善峯寺」と、あとはちょい近くの「十輪寺」「光明寺」「大原野神社」「勝持寺」・・・はっきり言って寺・神社だけ。あとはのどかな西山の麓、田んぼと畑と・・・。

京都には数回来ているので今度はひなびたところに、といった人にはいいところかもしれません。のどかな田舎が楽しめます、ってそれだけ?(^^;)

なのでJRさん、なんで今年はこの寺なんだろ~って思いました。CMで行き尽くしたから?

途中道すがらには、無人売店があって地の野菜やら果物も売っているので、そういうのは楽しいかもしれません。今夜の鍋用の新鮮な白菜や春菊、デザートの柿なんかがゲットできます。

ところで、この寺の手前には「松方弘樹」の家があって結構有名だったんですが、表札が「松方」から他の名前に変わっていました。あれ?離婚とともに売ってしまったの?カジキマグロのレプリカはまだ庭に残ってましたが。

JRの宣伝のおかげか、善峯寺についた時は駐車場も路線バスもいっぱい、観光バスもきてて、にぎわってました。でも、雨が降り出して、あっという間に閑散とした雰囲気。でも西山に降る雨の音を聞きながらの拝観はそれはそれでオツなもの。

バス駐車場からは急な坂道を一気に登って山門に行きます。自家用車だと山門すぐのところに駐車場があるのですが、そこが一杯だと下の駐車場から急な坂を登って行きます。これが結構きつい・・・山門についた途端ペットボトルのお茶を買って飲みました。s-P1010034

さて山門をはいって(拝観料:大人500円)右にいくと、CMにも出てくる「天然記念物 五葉松」があります。樹齢600年、全長39㍍ほど。いつも「どこが根やねん」と思いつつ見てます。s-P1010035

このあたりから雨が降り始めたため、ここから見渡せる京都や宇治あたりもぼーっとかすんでました。晴れていると市街が見下ろせてなかなかの絶景なのですが。

ここは四季折々に花が楽しめる寺でもあり、4月の桜にはじまり、5月はぼたん・しゃくやく 6月のあじさい、9月10月は秋明菊、そして紅葉と続きます。秋明菊のピーク頃はかなりの花が咲き誇っていたようで、今もあちこちに花が残っていました。

s-P1010036 s-P1010037 s-P1010038

ここは、寺の中はもとより、外の山肌の紅葉も綺麗で、その山肌に見とれることしばし。今日は残念ながら雨模様だったので、もう一つですが、晴れた日には赤や黄色が輝きます。

今一度こうやって写真を見ると、やっぱり赤いですね~、現地では「まだ、もひとつやな~と思ってたのだけど。

西山三山とは「善峯寺・光明寺・楊谷寺」をいうらしく、いずれもうちから原チャリで走れる範囲。調子のって走ってたら、帰りに一旦停止でキップきられました・・・くぅ~(#--;) 事故にあうよりはマシとは思うが、くやし~。

|

« クリスマスの足音 | Main | 紅葉狩in京都 その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/6878722

Listed below are links to weblogs that reference 善峯寺:

« クリスマスの足音 | Main | 紅葉狩in京都 その1 »