« お月さん | Main | 海外と贈与 »

October 22, 2005

アロマテラピー

昨日、アロマテラピーの講習会に行ってきました。申し込んだ時はこんなに忙しくなるとは夢にも思わず、仕事が忙しい中、ちょっと贅沢に時間を過ごしてきました。

私にとってのアロマテラピーは、香りを嗅いでリラックスして、アロマを使ったマッサージに行けば寝てしまい、一滴のラベンダーで爆睡できる程度の認識だったのですが、実は奥が深いことを、再認識いたしました。

たとえば・・・アロマオイルはそのまま肌につけるとぴりぴりと痛くなり良くない、必ず植物性スクワランなどの媒体を使うこと。柑橘系のアロマは日光にあたると皮膚がシミになるので夜しか使わないこと、効果は1、2滴で充分だということ、粒子が細かいのですぐに肌に浸透すること、(ちょっと前、お風呂にラベンダーのボトル一本いれて入って救急車で運ばれた人もいるとか。普通のお風呂にはラベンダーで五滴、柑橘系は3滴が限度だそうです。)、ローズの精油一滴にはバラの花約100個が使われていること、などなど意外と扱いはデリケートなんだと知りました。今までテキトーに使っていたのを反省。。。

あと、匂いの好き嫌いはその人の体質が反映されるそうで、ラベンダー系が好きな人にあまり低血圧の人はいないとか、活性化効果があるとされるローズマリーで、リラックスできる人もいて、要は好きな匂いがその人にとって一番効果があるそうです。

風邪にはユーカリ、ティトリー、ラバンサラがそれぞれ喉の炎症などを抑えるそう。殺菌作用もあるそうで、家の戸口にティッシュに数滴たらしたものを貼ると、風邪よけにもいいそうです。魔よけになるかな・・・どっかの事務所の所○室入り口に貼るとか・・・

前半は以上のような講義、後半はアロマを使った保湿クリーム作り。みつろうやスクワラン、シアバター、パーム乳化ワックス、ローズウォーターを合わせて暖めて、あとはひたすら15分かき混ぜて、途中ローズ精油を2滴いれて、いい香りのなめらかクリームが出来ました。なにせ、バラ200個分、これで、あと少し仕事の後半戦乗り切るか・・・(--;)

今回アロマの教室になったのは、雑貨屋さんの中。今年はモノクロのクリスマスがテーマだそうで、こんなオーナメントも売っていました。s-PA220021 猫です。ベルギー製のガラス細工で手書きだそう。

そうそう、肝心のグレープフルーツの効用、先生に聞くと、やはり香りで脂肪分解の効果はあるそうですが、柑橘系の香りは食用増進の効果もあるそうです。。。。ご注意を(--;) 食欲を抑えるのは「パチュリ」がいいそうです。

|

« お月さん | Main | 海外と贈与 »

Comments

あれれ、一滴のラベンダーで爆睡できるのですかぁ。おいらはアロマテラピーのカプセルの中に入っても全然眠れませんけど。根性悪いからかな。

Posted by: 半島の脆理士 | October 22, 2005 at 03:34 PM

いやいや、お疲れ度が高いんでしょう(^^;)

もしかしたら香りが合っていないのかもしれません。その手のショップに行っていろいろと匂いを試して、一番好きなものでやると爆睡できるかもしれませんよ。

そんな根性って・・・私もかなり曲がってます・・・最近忙しくて事務所でも毒吐きまくってます。

Posted by: 山の猫 | October 23, 2005 at 12:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/6508490

Listed below are links to weblogs that reference アロマテラピー:

« お月さん | Main | 海外と贈与 »