« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

September 29, 2005

阪神優勝

美容院に行きました。そこの店に行くのは久々なのだけど、ブロー担当の店員さんに「久しぶりですね~雰囲気変わりましたね~」と言われました。うーん、実はこの店員さん覚えていない。。。ごめんなさい。

阪神優勝しましたね。ここ何年間も野球も見なくなってしまい、私の頭の中は今だ「キャッチャー木戸」あたりで止まっています。。。たまに見ると、知ってた選手がコーチなんかになってたりしてびっくり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2005

逃避行

褒められた話ではないのですが・・・昨日の事務所帰り間際、ちょっとふらふらしてて、「とりあえず体調悪いんで明日休むわ」と言い残し、今朝ちょっとゆっくり目覚めたら・・・おや、いい天気。。。

なので、体調不良による欠勤なのに出かけてしまいました。ちょっとしばらく一人でいたかったというのもあったので、気晴らしも兼ねて。。。

一つ前の投稿は「淡路島に行く途中の景色」でした。JR舞子から高速バスに乗り込み、途中の明石海峡大橋走行中に撮ったもの。この時は雲は多かったけどまだ晴れてました。

バスは「淡路夢舞台」で降りて、温室を見る。さすが連休明けの平日でがーらがら。しかも、展示入れ替え作業中。出口では「入替作業はご迷惑をおかけしました。展示後の花ですが、毎年花は咲きますので一人一鉢無料で持って帰って下さい」とあったので、ミニバラ一鉢頂きました。s-P1010084

そうこうするうちにお昼。がーらがらの店でイタリアンランチ。がらがらなだけに一人でも落ち着く。味はまぁまぁかな。。。s-P1010085

食事のあとは今回の目的「一人でぼーっと海を見る」。公園にはいって海のみえるベンチでぼーっと・・・でもここの公園ってちょっと海が遠いかな~そういえば日本ってどんどん砂浜がなくなっているそう。やっぱこーゆー時のために砂浜のある公園がほしい。

s-P1010088

遠くに漁船?がみえます。そういえば原油高なんだよな。。。

s-P1010089

コスモス咲き乱れてもひとりじめ~ そういえば「せきをしてもひとり」とかってのがありましたっけ・・・そんな感じです。ベンチでぼーっとしていると、ごくたまーにアベックがとおるくらい。

夢舞台を目指してきたものの、予想より海が遠く、ちょっとここは違ったかな~ということで、前から気になっていた日帰り温泉施設「松帆の郷」に行くことに。ちょっと贅沢にここからタクシーで行きました。予想より高かった(--;)

s-P1010095 お風呂の写真は撮れないんで、写真は併設レストランからベランダに出たところからの眺め。ま、この景色が露天風呂から見えるという造りです。夜はライトアップで綺麗そう。でもこの頃になると雲が立ちこめて、海はちょっと灰色。

温泉はまぁ・・・循環だし・・・よって景色が一番のウリです。この景色はたしかに「いいところに建てたね」って感じでした。

あとは一時間に一本ある路線バスに乗って岩屋まで出て、高速船で明石まで戻りました。ホントは「たこフェリー」で明石海峡大橋を下から眺めるつもりだったんですが、めんどくさくなってしまって、子午線ラインにしてしまいました。

さて・・・明日からがんばるか。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いろいろあって

今ここを渡っています。どこかはまた後で!050927_1026.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2005

夜は眠るときです

山本夏彦さんのエッセーから、気になった話をば。

とある南の、電気も水道も電話もない島の話。その島から西洋に勉強しに行ったら人はまず帰ってこないのに、一人勉強した人が帰ってきて、その島の大臣になった。するとどっかの小さな国の商社マンがやってきて、大臣に言ったそう。「この島に道路を作りましょう」。以下会話。

「なぜ道ぶしんをなさる」 「トラックを通すためです」 「トラックを通して何なさる」 「発電所を作ります」 「発電所を作って何なさる」 「夜を明るくするためです」 「夜を明るくして何になさる」 「働くためです」

「夜も働くのか、働くのは昼間だけで充分」と大臣が言うと、あわてて「働くためだけではない、学んだり遊んだりするためです」と言う。大臣は笑って「夜は眠るときです」と言って商社マンの申し出を断ったそう。(山本夏彦著 「良心的」より抜粋)

昨年訪れた八重山には、私たちが子供の頃にはあったはずの「漆黒の闇」がそこにはありました。(もちろん八重山に電気はありますけど)。あの闇をもう一度体験したく、さて、明日は旅行会社に電話しよ~っと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 24, 2005

クルージング

本日は連休中日、以前から予約してあった神戸港クルージング「コンチェルト」のランチクルーズに行ってきました。このクルージングチケット、実はもらったものです。でないとちょっとこの金額払うのには勇気がいるわ~

船から眺める海はお天気できらきらと輝き、遠くには明石海峡大橋、それを見ながらの食事。なんと贅沢な。。。

最初105分のクルージングと書いてあったので、一時間くらい食事して、あとはデッキで潮風に吹かれるのかな、と思いきやずーっと105分間食事しました。びっくり。

s-P1010067 写真は、よくわからずに最初に頼んだ「お茶」。なんとグラスの中に花が咲いてます!!お湯を注いで花が開いたら飲み頃なんだとか。こんなお茶あるんですね。味は・・・うーん・・・薄いウーロン茶?でも綺麗なのでおめでたい席とかに喜ばれそうです。

まずは前菜。いや~鯛です~ 超まいう~ タレをかけて混ぜて頂きます。s-P1010069

そのあとお料理が続きます。うーん、どれも美味~

s-P1010070   s-P1010071s-P1010072

ここまで食したところで明石海峡大橋が窓から見えます。ここで折り返し。s-P1010074

 

s-P1010075s-P1010076デザートの前にチャーハンがあったのですが、見た目普通だったので写真に撮りませんでした。が、明石だこ入りチャーハンは美味しかった~

デザートを食べ終わる頃にはモザイクの観覧車あたり。あとは降りるだけ。。。。ホンマに一時間以上食べ続けてました。

s-P1010078 s-P1010080

船おりたあと、船上ではブライダルフェアをしていたようで、模擬ブライダルをやってました。最後にバルーンが空に放たれて、なかなか、青空にすいこまれるバルーンが綺麗でした。

夜ご飯は当然はいらず冷や奴とお茶漬けだけで終了!バブリーな食事続きの二日間でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

連休初日

9月の後半三連休の初日9/23はちょっと仕事で大阪は南のほうへ行ってきました。予定では曇で降水確率40%のはずが、昼からは晴天。暑かった~

夕方には仕事が終わり、夜はそのお仕事先の方に肉をご馳走になりました。かなり有名な焼き肉屋さんだそうで、わざわざ遠くからでも食べにいらっしゃるとか。

タンは肉厚なのにやわらかく、次は木の桶いっぱいにはいった一枚肉を焼いて頂き、半生状態が超やわらかでジューシー、その後は焼いたロースなどの上に「揚げたニンニクのみじん切り」のみをふりかけのようにかけて頂き、「超まいう~」。

普通の焼き肉はタレが甘いので量が食べられなくなるそうですが、ここのはタレなしでも美味しくたくさん頂けてしまい、とうとうお肉だけでお腹一杯になって野菜も米もはいりませんでした。仕事の関係なのでお肉の写真はとりていませんが、その代わり仕事中に撮った秋の風景をどうぞ(^^;)s-P1010033 s-P1010039 s-P1010040

御陰様で翌日は超臭い~。にんにくのあの臭さは、食べた口からの臭いもさることながら、血液に吸収されて毛穴からも出るそう。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2005

本日のメニュー

本日、久々に受験時代一緒に勉強していた友達に会いました。

その日、たまたま私が授業のテキストを忘れてしまい、「すいません見せて下さい」と後ろの席に座っていた彼女にお願いしたのがはじまり。その出会いからはや9年・・・ひぇ~

また、前回会った時からそんなに間があいているような気がしなかったんですが、よくよく考えると、3年ぶり!あらま。

彼女は相変わらずすらっと綺麗で、ウォーキング習ったり、TOEIC受けたり、大学院に行きたくて調べているなど、ずーっと勉強を続けていて頭の下がる思い。「まいう~」のブログばっかり書いている人とえらい違いでした。

今日はたまたまみつけたイタリアンの店で食事したのですが・・・写真撮ってくるの忘れました。気づいたら食べ終わった後(^^;) なので頂いたメニューだけ書いておきます。

  • タイ(スズキだっけ?)のカルパッチョ
  • 温泉卵と野菜のサラダ
  • 海老とホタテのパスタ (オーロラソース)
  • 鮮魚「ほうぼう」のアクアパッツァ

お腹一杯(^o^)

p.s 飛行機にムカデっているのねぇ・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 21, 2005

遊ぶヤツほどよくできる

タイトルは大前研一さんの本のタイトル。ちょっと気になって本屋に行ったのですが、そこには置いてませんでした。残念。注文してまで買うほどでもなさそう・・・かな。

タイトルは忘れましたが、以前読んだ大前研一さんのエッセーのなかで、確か次のようなことが書かれていました。

「仕事を辞めたら、リタイアしたら、悠々自適で何々をしたい」という社長を私はまわりでたくさん見てきたが、実際仕事をリタイアして常々言っていた「やりたいこと」をやった社長はほとんどいない。たいてい死ぬまで仕事しているか、病気するかのどちらかである。(こんな内容だったと思う)

よって、「やりたいことはやりたい時にやりなさい」というのが彼の結論だったかと。

著書の紹介みたら「B型」と書かれていてなーんとなくわかったような気が。(別に血液型性格を信じているわけではないけど、なーんか共通点がある気がしたもので ^^; ←me B型)

別に大前研一を読まなくても、私の持論はこのブログの通り「したいことをする!」。さて、来月は熊野古道とタラソピアと・・・年末には八重山でふ~♪

しかし、「食べたいものを食べれるだけ食べている」、と老後食べたいものがたべれなくなる恐れが・・・。友人の管理栄養士曰く

「塩辛い物が好きな人は塩辛い物が食べれなくなり、甘い物が好きな人は甘い物が食べれなくなり、酒の好きな人は酒が飲めなくなんねん、病気で」

はぁ・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 20, 2005

一元管理はいかが?

先日、仕事で必要になったので、とある市役所にお伺いに行く。都市整備Gというところに行って「すいません、この道路は市道でしょうか、私道でしょうか。また2号道路でしょうか」と聞くと、だだっ広い地図を広げて教えてくれた。

「ところでこの道は下水道通ってますか?それとも引き込み可状態でしょうか」と聞くと、「下水道は隣の課で、上水道課は下の階にありますのでそちらでお聞き下さい」。えっ、たった上下水道の状況聞くだけで二箇所も移動するんかい。

で下水課にいくと、これまたでかい地図を広げて教えてくれた。上水道課に行くと担当者はパソコン画面をみながら教えてくれた。

一昔前ならそれぞれにでかい地図も必要だったでしょうが、そろそろ道路もパソコンで都市整備と上下水道くらい一元管理したらどないでっしゃろ?そのほうが道路工事も効率よくできそうな気がします。やはり、あきんどで出来ることはあきんどにまかしたほうが・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 19, 2005

ようやく真夏の暑さも通り過ぎ、朝晩は過ごしやすくなってきた感じがします。「暑さ寒さも彼岸まで」と昔の人はよく言ったもので、今年も暑いのはお彼岸までのようです。

ところでヒマつぶしに買った本「女の旅じまん」 著 酒井順子 今や「負け犬の遠吠え」で一躍有名になった方の約10年前のエッセー。まだバブル景気の余韻があった頃らしい文章もありますが、ずばりこの本のテーマは「OLは海外旅行が好き!」。今の時代にも生き続けているテーマ。かくいう私も、もうOLではないですが、未だに大好き。といっても先立つものと時間の関係で年に一度も行けてませんが・・・

OLにとっての海外旅行とは日常をリセットする「セラピータイム」と書かれていて、「まさにその通り!」。とりあえず私の場合、国内外とわず、これ(旅行)がないとやってらんないわ!といったところ。

エッセーはさすが東京の方らしく、旅慣れた自分を演出するため、パスポートはカバーしないだの、ガイド本は現地で開けないとか、持って行く化粧品のセレクト、機内食の頼み方の工夫、はてはシルクのパジャマの話まで、ま~旅行ひとつ行くのにも色々気を遣って大変~という感じ。

そのエッセーの中での記述。私たち関西人は、関東の方がパリのカフェで色々と空想に浸りながら、気分はすっかりパリジェンヌでカフェオレを楽しんでいる人の後ろで、「ここで茶でもしばこかぁ~」「そうやなぁ~」などと関西弁でしゃべることにより、そのパリジェンヌ気分をぶち壊しているそう。

また、団体旅行者がショッピングで鉢合わせになった時、関西のグループはどんどん店に進出し「これ負からんの?」「安しときーや」と言ってショッピングを楽しんでいる傍ら、東京のグループはどんどん店の片隅においやられて小さくなっているそう。

関西人がすべて「そう」とは思わないけど・・・ちょっとは気を付けよう・・・と思ったのでした。(うちの「おかん」は、「そんなん気にする方が負けや」と言い放つに違いないが・・・)

旅行万歳!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 18, 2005

夕日

昨日、昔の会社の方から「はがき」が届きました。東京に引越たという内容で、そういえばあの会社、もう辞めて10年になるっけなぁ、と思いつつ「あ~明日は事務所に携帯を忘れたのと仕事で事務所にちょっくら行かなきゃ」と思ってふつーに就寝。

すると明け方、必死でプログラムを組んだものの、まだデバックもウォークスルーもせなあかんのに、朝がきてしまった夢を見ました。目覚めのめっちゃ悪いこと・・・ホンマに徹夜したかのごとく体が重く、それは何かの病気の前兆かと思うくらい・・・(--;)

事務所に仕事にでて、そのあとふらふらとしてました。おかげでこーんな夕日が見られました!思わず頭の中は日曜洋画劇場のテーマ曲が鳴りました。でも所詮、場所は大阪なんだけどね。十五夜の今夜は晴天、お月様もご機嫌なご様子。05-09-18_17-33

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2005

調味料

なぜこんなに調味料バトンが気になるのか・・・きっと「他人はもっと美味しい食べ方をしているのに違いない」という私のいじましい発想からのような気がとってもしてきました。

では本日の結果! 

ちなみに色別は男性関西男性Q州女性関西女性北陸となってます

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません

目玉焼き  → 塩コショウ しお  しょうゆ。これ以外は日本人ではない!許せない 醤油 塩

納豆     →食べれません 附属のタレ しょうゆ。からし。これ以外は日本人ではない。でも食べないけど(笑) 梅干しの汁とすりごまが我が家の最近の定番だが、マヨネーズも 醤油

冷や奴   醤油 しょうゆ又は何も無し しょうゆ。かつおぶし。きざみねぎ。定番だね しょうゆ、しょうがかみょうが、かつおぶしかな。ぽん酢はびっくり 醤油 
 
餃子     →餃子のタレ ポン酢・餃子のタレ なにもつけないことも多いが普通はついてくるんじゃないの じょうゆかぽん酢にラー油 ポン酢

カレーライス →なし 何も無し 何かを入れるなんてカレーの王子様が泣く ソースかけるひといるけどうちはあまり… なし

ナポリタン  →なし 食べない・食べるとしたらかけない 何を入れるんだ?何を(笑)出されたものは感謝して食べましょう タバスコ!! 粉チーズ(薬味?)

ピザ     → なし タバスコ 赤い奴を入れる人は、舌がしびれてピザの斜塔から落ちてください タバスコ!! なし

生キャベツ  → 焼き肉時に焼き肉のタレ 何も無し又はサラダドレッシング ピエトロのドレッシング。生でそのまま食べるのは兎に任しておきます。居酒屋では九州定番のあの半透明の奴 なしかな。あればソース&ケチャップがうまい マヨネーズ

トマト    →なしもしくは塩 何も無し そのまま。ただし冷やしてないトマトはとまとじゃねぇ。固くないトマトは腐ってるとみなす。冷やしたトマトは、果物の仲間に入ると個人的には思ってる。 基本的にかけないけど、かけるならしょうゆ なし

サラダ    → ポン酢 サラダドレッシング ピエトロのドレッシング。もともと人は生野菜を食べるようには出来ていない。
自分で作るドレッシング ドレッシング

カキフライ  → タルタルソース レモンとマヨネーズ レモンか、卵とマヨネーズとパセリの組み合わせのタルタルソースに決まってる しょうゆ。えーと言わず食べてみて。なんぼでも食べれそう なし

メンチカツ  → なしもしくは自家製ソース(注 奥さんが作るソースでケチャップやウスターソース他混ぜた物らしい) 
とんかつソース・ソース又は何も無し そのまま!たまにウイスターかける奴見るがメンチの味を壊す。だがアジのフライにはウイスターソースをかけるべき。 しょうゆ なし

コロッケ   → なしもしくは自家製ソース(注 奥さんが作るソースでケチャップやウスターソース他混ぜた物らしい)  とんかつソース・ソース又は何も無し コロッケは肉を入れるな。肉じゃがを食べたいのではない。コロッケとはポテトだけ入ったものがコロッケであって、いろいろまざったもんはクロッケと呼べ!コロッケには何もかけない。 何もかけない。かけないとたべれないようなんはたべたくない なし

天ぷら    → 天つゆ・塩 天つゆ 天然の塩か、家では子供の頃は、ウイスターソース。今では何もかけない。意外と弁当に入れてくたっとなったやつがうまいのだ。 具材によるけど、抹茶塩とか好き てんつゆ、大根

とんかつ   → なしもしくはソース ソース又は何も無し とんかつソースにからしを入れたい。だがまぜてはいけない。豚カツソースの甘みと不意にくるからしのびびっとな辛さに目を白黒して食べよう ぽん酢に大根おろし とんかつソース

ご飯(おかず無しの時)→  おかずをさがす のりたま。学生の頃、どんぶり飯にマヨネーズだけをかけて数杯、食べたやつがいたが絶交した。(嘘)その晩、それは俺が食べたことになって怒られる。 うまいごはんならそのまま、そうでなければ明太子かふりかけこんぶか納豆 おかずなしでご飯は食べない。

【Q2】 周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?

 かやくごはんのお茶漬け
 細いうどんとそうめんのミックスかなあ
 海老フライにしょうゆ、かな

【Q3】 それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?

・目玉焼きにしょうゆ(一般的かな)・ナポリタンに粉チーズ(一般的かな)
・苦手なのはところてんに黒蜜。(食べられますが。)三杯酢派で
す。でも寒天に黒蜜(みつ豆など)はOK。気分の問題のようです…。
・九州では芥子めんたいこをご飯にかけたり、高菜をつまみに食べるけど
辛いのはたべられないぐらいかな
・コロッケにソース。そこまでするなら食うなって感じ
あとところてんに黒密はぜ~ったい無理。気持ち悪い

考察

 その1 どうやらおかずなしの時はおかずを探す、というのが関西の思考らしい・・・

 その2 納豆の「梅干しの汁」には驚き!!あと生卵って人もいました。その人卵嫌いなハズなんだけど

 その3 ところてんについては小さいときの食生活ではなく、大人になって三杯酢をはじめて経験し、以後黒蜜がダメになった人が。うーん・・・

その4 やはり九州にはキャベツ用のおいしいタレがあるらしい・・・食べてみたい

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 15, 2005

パン(幸福)か自由(精神)か

「生きることも死ぬこともイヤな人のための本」を本日購入。本当は日本企業の中国進出にあたっての参考になる本を探しに行ったんですが、ナゼかこちらの本をお買いあげ~。

タイトルだけをもって「そうなんよね~生きているってホント面倒くさいよね~わかるわかる~」とすごい共感を持って買ったのですが、読み始めるとどうも中身は・・・哲学的で内容の深いものでした。「生きてるのも面倒くさい!」というものぐさな人間とはほど遠い内容。ふっ。

まだ全部は読んでないのですが、途中「パン(幸福)と自由(より高い精神の探求)」というのがあって、パンより自由を求める方が大変だ、とか何とか。

短絡的な私にとっては、精神的な探求よりパンのほうが大切。だって食べないと死んじゃうし、同じ食べるのなら美味しいほうがいいじゃん・・・なんて世俗的・・・

ということでパンへの探求心から「調味料バトン」いまだ気になってます。今日もパスタにタバスコとチーズかけながら考えていたこと。

「生の蛋白質に塩をかけて食べることはあるか」

「動物は調味料を使うか」

刺身なんかはたいてい醤油、生肉も他の調味料と混ぜて塩を使うことはあるけど、塩だけで生のタンパク質を食べることってあるのかなぁ・・・その逆で蛋白質に火を通すとかぜん塩が美味しくなる気がします。ステーキも美味しいのは塩こしょうだけでいいし、天ぷらに粗塩・焼き魚も下味には塩が一番、うで卵も塩が美味しい。あ。寿司では紫の変わりに塩ってのもあったような・・・柚子胡椒だっけ?

たぶん人間だけでしょう、調味料かけて食べ物をより美味しくして食べるのは。動物では沿岸部のサルが芋を海で洗って食べるというくらい?サルあたりだと教えてあげたら使うかもね。。。

ということで、他人が使う絵調味料に関してもっと知りたくて、実は知り合いに調味料バトンの質問事項をメールしまくりました。もしメールきてなくて協力してもいいよ、という方はぜひ!

p.s 柚子胡椒とは柚子の皮・塩・青唐辛子を成熟させたもの だそう

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 14, 2005

調味料バトン 続き

どうもナットクいかない点がひとつ。

天ぷらにカレー粉って普通なんでしょうか。天ぷら屋さんにはあまり行かない人なので、もしかしたら日本全国ふつーに調味料として置いてあるものなのか、はたまた地域性のものなのか・・・じぇーりっさんのコメントからはふつーに店に置いてあると読めるんですが。

あとテーブルにカレー粉がおいてある、ってもしかして「二度漬け禁止?」なわけないね。きっと塩なんかと同じくボトルですね(^^;)

この調味料バトン、統計とったら地域性が出ておもしろそう!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 13, 2005

調味料バトン

バトンをどうやって受け取るんだかわかんないけど、とりあえず面白そうだったので勝手に受け取って書きます。んでもって勝手にバトンもらった「じぇーりっさん」の回答も残しておきます。(ピンクの部文字がし゜ぇーりっさん)。さて、関西(青文字)とQ州(ピンク文字)では違いがでるかな~

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。

目玉焼き  → ソース。しょうゆと七味


納豆     → ダシ汁?(← 買ったら一緒に入ってるタレ) 嫌いなので・・・どうしてもって時は一緒に入っている「だししょうゆ」のみ

冷や奴   → なぜかじぇーりっさんのバトンにはなかったので付け加えました。味ぽんとおかか。ちなみに湯豆腐は味ぽんと七味とおかか

餃子     → ゆずポン酢(ゆず胡椒も合うけど、これは薬味かな) 
          市販餃子のタレと七味
カレーライス → 何もかけません。
          かけたら辛くなる粉(ハウスとかがだしてるやつ。カレー 粉?
ナポリタン  → 粉チーズ。
          粉チーズ できればパルメザンで~
ピザ     → 何もかけません。
          タバスコ 辛みのないピザなんて・・・
生キャベツ  → キャベツのうまたれ。
          塩もしくはマヨネーズ でもトンカツの時はウスターソース。「きゃべつのうまたれ」っつーのは知らなんだ。今度博多で探そーっと
トマト    → 何もかけません。
         何もなし
サラダ    → ゆずポン酢。
          ノンオイル青じそドレッシング(ダイエットのからみで・・・)でもポテト系はマ ヨネーズで。

カキフライ  → レモン汁。
          塩とレモン
メンチカツ  → ソース。
          トンカツソース
コロッケ   → 何もかけません。
          ウスターソー
天ぷら    → 天つゆorカレー粉or塩。
          野菜系は天つゆ。魚系(海老含む)には塩(えっ!カレー粉?)
とんかつ   → とんかつソース。
          トンカツソース
ご飯(おかず無しの時)→ 辛子高菜。
          ねこまんま(鰹節と醤油) 今時の猫って贅沢してて喰わんのやろなぁ・・・
 
【Q2】 周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
 子どもがにぎり寿司のエビだけ食べて、シャリだけ食べ残したものの上に、ガリ(甘酢しょ うが)を乗せて「ガリにぎり~!」とパクリ。
 旨そう!今度回転でやろーっと
 インスタントラーメンを食べた後、スープが残ったドンブリにご飯を入れておじやに。
 調味料の話になってない?すんまっせん! 
 ラーメンに七味。って普通だと思うんですが親兄弟は驚く
【Q3】 それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
 目玉焼きにしょうゆ。
 ラーメンやうどんに卵をのせるのは汁が濁るので苦手、って調味料ではないですね。すい
 ません。あ、あったあった、「ところてんに三杯酢」!!これはめちゃ苦手、よう食べませ
 ん。関西人たるもの、ところてんには黒蜜です!!
なんだか高血圧の塩分調査みたいな気分になってきた。。。辛いの大好き人間だけど、こうやってみると意外と普通の食生活だったことに気づきました。バトンはご自由にどうぞ。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

September 12, 2005

バロック

選挙は自民圧勝ですか・・・いいのかな、これで・・・

事務所の人が海外に行くとかで色々調べものをしていた。旅行日程中にやっているオペラの演目は「ドン・ジョバンニ」だったらしく、ちよっと暗いかな~とか何とか。

その調べものしている本人は昨年モーツァルトの生誕地と埋葬地に行っているので、「パンク改めモーツァルトフリークに転校ですか?」と言うと「モーツアルトはクラッシック界のパンクやねん」という話に。確かにバロックというのは「いびつな」という意味だし・・・

たまにはそーゆー高尚な?話も事務所でするのでした。

またこないだの土曜日「へヴィメタさん」見てしまいました。今回のゲストの人、ロックに目覚めたのは「ラウドネス」を聞いてからだったとか。途中「絢爛豪華」といってクィーンのギターソロ部分やってたし、やっぱこの番組のターゲットは年配向けだ。オズボーンの「ランディローズに捧ぐ」持ってましたもん。しかしマーティンって実は日本人なんじゃないの?日本人以上に四字熟語知っているし・・・

あっ、調味料バトンしなきゃ。また明日にでも(^o^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2005

投票行ってきました

投票行ってきました。こーんな田舎の小さな投票所なのに「出口調査」が二人も立っててびっくり!FNNのワッペンつけた人と朝日新聞の人。「朝日新聞ですが・・・」といって出口調査をお願いされました。

調査内容はアンケート形式で、「あなたの年代」「小選挙区でいれた人」「比例で入れた党」「日頃支持している党は」といった項目でそれぞれ○をつけるようになってました。

さて、今夜は投票速報。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨夜の続き

昨夜は久々にずっと前の職場で一緒だった人たちと会食。たまたまネットで見つけたベトナム料理のお店に行って、ヒットだったんですが、デジカメを持って行ったにもかかわらず、気づいた時はお勘定。。。「あっ、ブログ用の料理の写真とるの忘れてた~」

話の展開で今年の八重山は一人旅じゃないかも。。。

ということで阪急百貨店前プロムナードの写真の続き。いや~こんなのがあったんですね。初めてちゃんと見てきました。鳳凰ですかね。この部分は保存されるそう。s-P1010103 s-P1010104

さて、選挙行ってくるか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

阪急百貨店前プロムナード

通りすがりに写真撮ってるかたも多かったです。おしゃれなだけになくなるのは残念。050910_1756.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2005

アリさん続き

さっきの記事書いたあと、ネットみてたら、どうも他の説もあるそう。

  • 働かないアリを集団から抜き取ると、また働かないアリが出るのではなく残りは全員働く。
  • 働くアリを集団から抜き取ると、残った働かないアリはやっぱり働かない。

この説では、働き者はやっぱり働き者、働かんヤツはどうやっても働かんということらしい。事実はともあれ「神は必要なものを造られた(必要でないものは造られなかった)」ということでここはシメときます(^^;)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

鵜飼

10月の連休にまたまたどっか行こうとJRの切符事前予約してたのに・・・結果×。発売初日10時なのに満席ですと。仕方ないので一本前の列車で、しかも!グリーンにしました。(一本前ですらグリーンしかあいてなかった!)やはり景気は回復しているのかしら。しかし所詮は庶民。グリーン席は緊張する・・・カモ。

先日、長良川の鵜飼を見学してきた方からその時の話を聞きました。私はただ単純に、「鵜飼いとは鵜が鮎をくわえて飲み込もうとしたところを鵜匠がクビのロープを「くいくいっ」と引いて食べさせずに人様が横取りする伝統技」と考えていたのですが、実際はもう少し奥が深いようで・・・

鵜にも性格やその日の気分で働きの悪いヤツがでるそう。すると、鵜匠はまず鵜のその日の表情を見ただけで「こいつ、今日はやる気ないな」と判断し(その判断できるのが鵜匠の熟練した技の1つらしい)、そのやる気のないヤツのクビのロープをすこーし緩めるそう。するとそのゆるんだ分だけ小さい鮎を飲み込むことが出来て、その「飲み込める」という事実から、やるきのなかったヤツががぜんやる気を出すそう。

なんかねぇ・・・所詮サラリーマンと一緒やん。。。鵜飼いの話に哀愁を感じたのでした。

アリか蜂かは忘れましたが(たしかアリだったと思う)、働き者の代名詞の彼ら、実は集団のうち約二割は何もせず「働いていない」そう。で、研究者がその集団の中から「その二割の働いていないヤツ」を抜き取ると、残り全員働くかと思いきや、またまた二割働かないヤツが出現するそう。

所詮、人間も動物も(昆虫も!)一緒ということですかね。。。働かないでも後ろ指さされないアリが少々うらやまぴー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2005

総選挙間近

今回の選挙はいつになく関心度が高く、投票率もかなりあがるのではないでしょうか。いろいろ意見はあるものの、「国民に選挙への関心を新たにした」という意味では、今回の論争もまんざら捨てたもんではないのかもしれません。

ところで、衆議院選挙では「ついでに」ではないですが、最高裁裁判官の国民審査があります。本当は最終審判として憲法にそくした判決をなされているか等、国民が関心を持って審査しなければならないのですが、正直よくわからないのが本当のところ。最高裁判所とは「違憲立法審査権を有する裁判所のうちの終審である」。。。よくわからんけどちよっと選挙までにはみてみようかなと思います。

ところで、今度の選挙では「イカンザキ」と書いても無効だとか。かなりインパクト単語だけに書く人も多いのかも。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 06, 2005

台風14号

アメリカを襲ったハリケーン「カトリーナ」なみの台風14号は九州・四国にかなりの被害を残している模様。やはり地球規模で災害が多発している気がします。温暖化が原因の1つなのでしょうか。。。一刻も早い復旧を願ってやみません。

ところでさきほどネット検索していたらこんなHP発見。石垣島の桟橋のライブカメラだそう。見つけたのがさきほどの夜なので、映像は真っ暗。明日の昼間見てみようと思います。あ~八重山病が・・・勃発!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2005

台風

また本土に台風がやってきそうな気配。先だってのハリケーン「カトリーナ」より大きさがでかいそうですが、はたして・・・

映像を見ていて思ったこと、「超大国を誇るアメリカなのになんでこんなに救助が遅いの?」これがワシントン州とか北の方であったなら、また救助の結果は違っていたのでは?

そう考えていた矢先。こんな記事。バングラデシュ毎年大変な被害があるので人ごととは思えないというのがこの100万ドルの支援金のよう。国家予算の大半が他国からの援助金という国ですが・・・

「情けは人の為ならず」。あ、今時は情けを掛けてはいけないという意味でしたっけ(--;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2005

マンマ・ミーア

行ってきました。劇団四季のマンマ・ミーア。その前にチョコレートショップにも行ってチョコをゲット。一口大のチョコが6つでこのお値段。でもやっぱ「まいう~」!!次はこの店のサロンにて紅茶と一緒に頂きたい。

で、マンマ・ミーア。内容を全く知らずに行ったのですが、話はパンフレット買わなくてもよくわかる内容でした。なかなか途中笑える話で、楽しいお話です。音楽はもちろんABBAの往年のヒット曲がちりばめられていて、リアルタイムで聞いていた人にはとても懐かしい・・・自然と体がリズムに乗ってしまいます。舞台衣装も昔「にしきのあきら」「太川陽介」「川崎真世」あたりが来ていた派手派手きらきらパンタロン。

ま、例のごとく歌詞が日本語なので王様のパープル聞く時のような違和感はずっとありますケド・・・(^^;)

ところで、前も書きましたが今日はこの劇団四季のチケットと渋谷O-EASTでのコンサートがバッティング、劇団四季のほうを先に買ってしまっていたので・・・渋谷コンサートはどうだったのでしょうか。気になるところです。

ABBAが青春の入り口、今日の渋谷のは青春まっただ中のバンドでしたからねぇ・・・NOVELA。お願い!関西も来てくれ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2005

ショコラ

今読んでいる小説がジョアン・ハリスの「ショコラ」。たまたまうちの所長室の戸棚に置いてあったので、図書館よろしく借りました。「まだ読んでへんから返してや!」。そういえば一冊借りパチ状態のが・・・(^^;) なんだか読みにくくて途中そのまま。

文庫本なのですが、まず表紙カバーの絵がよろしい。ボンボンなどいろいろなショコラの絵がかいてあって、これだけで幸せな気分になります。また小説の中でも出てくる「アマレット」「ティラミス」「チョコ・エスプレッソ」「クリームたっぷりのホットチョコレート」!!これらが小説の中身をよりファンタジーに仕立て上げています。逆に甘いのが苦手な人には辛い小説かも。

なので、明日は都会に出る用事があるので、ついでにショコラ専門店に行って食べてくるつもりです。ふふっ。

ところでめちゃくちゃ怖い「ここ」のHP。じぇーりっさんのブログで見たのですが・・・うーん、残暑も真っ青なキョーフ。誰が払うんでしょう、日本の借金!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 01, 2005

今年の夏休み その5

いろいろとホテルのことを書いてますが、ここのホテルには秋限定の特別宿泊プランがあり、二名一室だと一人一泊二食付き15,900円で泊まれます。もちろん今回はこのプランを利用しました。上高地という場所を考えると、このプランだと温泉もはいれてかなりお得なのではないでしょうか。

帝国だとなんやかやで一人一泊五万くらいになっちゃうし、私たちにはこれで充分。なにより朝靄の梓川や目の前の山からの日の出がお部屋バルコニーから見れるんです。ちょっと感動しました。s-P1010083

ホテル裏に見える焼岳。今日もいいお天気。

チェックアウトのあとは荷物をホテルに預けて、大正池まで散策。九時前というのに、もう人があちこち歩いています。でも、まだ人が少ないせいか、散策路にはここの住人たちとご対面!この横を歩くのにはちょっと怖かったです。襲ってはこなさそうでしたけど、なるべく目を見ないように・・・s-P1010088

大正池は五年前と相変わらず優雅な雰囲気を醸し出していました。s-P1010094

池の畔でチョコレートでも食べようとカバンからビニール袋を取り出してがさがさしていると、なぜか池の鴨たちが寄ってきて、じーっとこちらを見つめる。。。さてはこいつら、毎日人間のお弁当の残りとか貰ってるな。。。仕方ないので、そーっとクッキーの破片をまくと「あっ」という間に飲み込む。ここ上高地は動物にエサはやってはいけないハズなので、まくのを一回きりで止めたのですが、その後もしばらくは鴨にじーっと睨まれました。鴨にカモられる人間。ここでは人間がネギしょってるのかも。

ホテルの戻る前に最後のお茶。帝国ホテルに寄ってしまいました。あ~、こんな避暑地の優雅な時間も終わりなのね~s-P1010097

あとは上高地12:10発高山行きのバスに一時間半乗って、「特急ひだ」で高山から大阪まで、岐阜で連結切り離しを見て四時間かけて帰ってきました。空は「特急ひだ」に乗り込んだ途端、雨!今回の天気はばっちり!

途中電車内で食べた駅弁「飛騨牛しぐれ煮弁当」はあつあつで「超まいう~」。しかしやっぱ関西から信州は遠いぞ~!!

さて、来年は信州のどこ行こっかな~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年の夏休み その4

「ひっかけばし」じゃなかった河童橋を過ぎてしばらくは森の中をひたすら歩くこと一時間。宿の受付の方が「昼間は日差しがきついので森の道を歩かれて、帰りは景色が楽しめる道で帰ってこられてらいい」ということだったのですが、ホンマにずーっと森の中を一時間くらい歩き、飽きもピークに達した頃ようやく明神館に到着。ここで水分補給をした後、明神橋を渡って明神池へ。さすがにここまでくると、河童橋のような人混みはなく、同じ橋でもえらい違い。

s-P1010065

明神池を見るには、なんと!拝観料が必要でした。知らなかった~神社受付で300円を払った先にあるとは。s-P1010070

なんかねぇ・・・どっかのお寺のお庭の池って感じで、まったく臨場感がない写真ですいません。まだの方、こんな写真に惑わされずぜひ現地に赴いて見てきて下さい。静かなビューティフルな池です。

明神池をみた帰りは梓川沿いの遊歩道を帰ります。河童橋までもどって休憩。五千尺ホテルのティールームでケーキを頂きました。ふふっ、うまうまです。s-P1010077 チーズケーキなんだけど、そんなにチーズーチーズしてなくて、思ったよりケーキのサイズはでかかったけどぺろっと食べちゃいました。時に五時。もうすぐ食事なんだけどな~

上高地温泉ホテルに戻って、いよいよ温泉。ここは7時で男女入れ替えになるので、まずは食事前に梓の湯へ。ちょっと小さめ?というか前日の宿の露天がでかすぎたので・・・そこそこの大きさの露天です。五右衛門風呂みたいな樽湯もあって、なぜかこの樽に入ると落ち着いた気分に。

宿の食事は・・・うーん、前日がよすぎたせいか・・・あんかけにしたりジュレにしたりと凝ってはいるのですが、温度が全部中途半端ですこし味がピンぼけ。そばも温かいのがでてきてびっくり。普通は冷たいのじゃないの?いちじくの天ぷら・・・ちょっと私には難しかったです。べつに凝らなくていいから煮物とか塩焼きとか普通のメニューにして、あと固形燃料で焼き物なんかのあつあつを一品食べられるようにしたらいいのにな、と思いました。

食事のあとは外に出て星空観察。すごい!まだ八時すぎなのにすでに満天の星!しかもあたりは真っ暗。。。久々に夜の暗さを実感しました。

星空観察のあとは「焼の湯」へ。こちらのほうはさっきの梓の湯よりか少し大きめ。露天が気持ちいい~

10時になってもう一度星空を見ようとフロントに降りたら、入り口ドアは夜九時から翌朝六時までclosed。ま、頻繁に外に出られても危ないですしね。あとはすることもないので、とっとと寝ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »