« かろうじて | Main | 尾道日帰り その2 »

May 22, 2005

尾道日帰り その1

昨日土曜に行ってきました尾道。今回は日帰り旅、スーパー晴れ女「うちのおかん」同行のおかげで天気は晴。夕方からは雲がかかってきて海に沈みゆく夕日は見られませんでしたが、台風遭遇旅よりかはね(^^;)。今回はJR西日本の「春の一日 瀬戸の旅」を申し込みました。個人で行くより電車代が安くしかも昼食代込み。しかし、申し込んだ時にはあんな事故が起こるとは夢にも思わんかったが。

朝は新幹線で福山へ。ちょうど駅前の花壇にはバラが咲いていていい香り。ここはバラでも有名なところのようです。そこから鞆の浦までバスで30分。途中の川がゆったり広くて護岸工事もされておらず、でなんだかとっても懐かしい。着いた港はのどかな小さな港。向かいには仙酔島という島があり「仙人でも酔ってしまうほどの美しさ」から名付けられたとか。史跡めぐりもあるそうで、ゆっくり町並みなど観光したいのですが、今回ここにきた目的は「尾道までのクルージング」なので11時の船にて尾道へ。次はじっくりこの町を観光してみたいと思いました。温泉もあるみたいだし。s-P5210014 写真左は鞆の浦を船から眺めたところ。いい天気でしょ~!!(自慢) 右は船のデッキから後方を写したもの。

s-P5210023

瀬戸内海の島々を長めながらの45分の快適なクルージングはあっという間。いや~最高でしたね。ただデッキに出るとエンジンの排気の臭いが気になりますが・・・それを我慢してでもずっとみたい景色でした。

尾道港に着いたら、まずは昼食。尾道駅から好きっぷバスに乗って魚信さんへ。このバスもかわいい~。さすが観光に力をいれるている町です。魚信さんは老舗割烹旅館ということで選んでみたのですが、すんごい古くからの旅館らしく、聞くと「創業は明治からです。お部屋は継ぎ足し継ぎ足ししたみたいですけれど」。ひぇ~。大林監督の映画ロケにも使われたそうで、時代を感じさせる宿です。で、肝心の食事は・・・勝手な判断ですが老舗旅館ってこんなもんなのかなぁ・・・とりあえず全部味が濃くってしんどかったです。使っている素材はよさげなぶん、もったいない気がしました。あとすんごい古いので夜中トイレが怖そう(^^;) でもお部屋からみる尾道水道はのどかでのんびり静かでいい感じ。窓の目下は海で、覗くとぼらやさよりがのーんびり泳いでいるのが見えました。さよりのお造りって美味しいんだよね~今が旬。

|

« かろうじて | Main | 尾道日帰り その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/4230931

Listed below are links to weblogs that reference 尾道日帰り その1:

» 飲酒運転 [尾道blog。]
山の猫さんみたいに海から尾道に来る人もいるんですね 鞆の浦からのクルージング!いいですね〜。ワタシはせいぜい向島までのクルージングしかしたことないです でも、老舗旅館の食事は残念でしたね。でも撮影されたってだけで、いきつけって訳じゃないんでしょうか それ... [Read More]

Tracked on May 23, 2005 at 08:37 AM

« かろうじて | Main | 尾道日帰り その2 »