« まっちゃん? | Main | ショパンのエチュード »

May 31, 2005

たまには

たまには真面目に考えてみました。最近気になった判決から3つ。1つは諫早湾干拓事業に関する一連の判決、2つめはもんじゅの最高裁判決、3つめは金沢地裁の住基ネットの判決。

諫早湾については今後厳密な因果関係の有無が今後問われるようです。ふつーの感覚では干潟を埋めるということだけで、魚だの貝だの近隣の沿岸にも一定の因果関係は多分にありそうですが、厳密な因果関係を立証せよ、というのははかなり難しそうです。折りしも知床が世界自然遺産に登録されたように、貴重な干潟の自然体系を地球に残すという観点からも今後の行方が気になります。

もんじゅについて最高裁は「安全基準が違法ではなかった」としただけで「もんじゅが安全」と言っているわけではないですが、なんとなく後者のニュアンスで再開にむけて動きだすのではないかという気がしてなりません。所詮人間がつくるもの、絶対に安全はあり得ないし、高村薫さんの「神の火」のようなテロの標的になるような事態なんて想定していないでしょうし。

最後は金沢地裁の住基ネット判決。いや~、この3つのなかでは、これが一番庶民感覚に近い判決なんじゃないでしょうか。お上が勝手に決めて「やんなさい」と言ったことに対して「違憲」としたわけで(ものすごく勝手に解釈して書いてますが ^^;)、各地で同様の裁判が行われているはず、名古屋ではわずか1日差で原告の請求を棄却とされたみたいですが、今後の行方がとても気になります。これも高裁に行ったらどうなるか・・・

というわけでまじめなネタはたったこんなけ書くのにも時間かかりました。日頃いかに何も考えてないかですね(^^;)

|

« まっちゃん? | Main | ショパンのエチュード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/4357244

Listed below are links to weblogs that reference たまには:

» 「神の火」 [独善的な読前書評]
 首都圏にお住いの方は、毎週木曜日にリクルートが発行している『R25』というフリ [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 02:48 AM

« まっちゃん? | Main | ショパンのエチュード »