« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

April 30, 2005

なは乗車

寝台なはに乗り込みました せまっ!けど寝台初体験、きょろきょろ興味深々ヾ(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨上がり

只今天文館着 いまから白熊くんに行きます さっき食べたラーメンがきついです

| | Comments (2) | TrackBack (0)

桜島

桜島

今桜島行きフェリ―です。まもなく上陸、小雨模様

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おはようございます

おはようございます

指宿二日目です。宿からの風景です。まだ雨は降っていません。今日は雨女かなあ…今から朝風呂です

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 29, 2005

いい景色!

いい景色!

フラワーパーク鹿児島にいます。日頃の行いのせいで晴れました!めちゃ綺麗な海です

| | Comments (1) | TrackBack (0)

鹿児島に着きました

只今バスで鹿児島市内に移動中。さて旨いもん探すぞ〜天気は雲り。やはり雨女なのか、雲行きが…桜島もけぶってる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2005

GW開始!

いよいよ明日からゴールデンウィーク、今年はお客さんとこも「2と6は休みです」というところが多く、世間全般に長いみたいです。今日も事務所はすっかりGW気分。電話は少ないし、仕事も「では休みあけに・・・」と言われるし、職員のうち一人は今日ギリシャに旅立っていったし、ほんと今日はのほほんとに暇・・・おっと、これうちの事務所ヘッドもたまに覗いているんでした。いゃ~忙しくてねぇ~(って昼間様子見てりゃわかるわな ^^;)

GWなんですが、尼崎の事故をはじめトレーラーと衝突だのバスの事故だの、なんだか事故が続いています。GW中は何もなければいいのですが。さて、GWにむけて美味しいものを探さなくては!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2005

有線にもどった

新聞ネタから。映画で有名になったニモちゃん(かくれくまのみ)は両性だそうで、群にメスがいなくなると、突然オスがメスになるそう。かたつむりも両性で二匹が袋をそれぞれ交換するそうですが、殻の巻き方が逆のヤツとは恋(交換・生殖器官が左右逆になるため)できないらしい。でもって、「かがんぼ(かとんぼ)」はオスがメスにプレゼントして「して頂く」ところ、大きなプレゼントをしたオスほどして頂く時間が長いそう。。。。なんかわかりやす~!

JR事故はまだ死亡者数が増えている模様。今日も環状線かどこかでオーバーランがあったそう。人的エラーは出してはいけないことですが、出るものとしてのシステム対策はして頂きたいものです。

ところで今日、NTTにパソコンのおいてある部屋に電話ケーブルを引いてもらい、ほぼ一年ぶり無線LANから有線に戻りました。回線工事の人が言うには近所で同じ周波数の無線LANを使い出したのでは?とのこと。周波数を変えることも出来るそうですが、そのまま有線にしてもらいました。やっぱ早いわ~。今までストレス我慢してましたけど、これからは我慢しなくていいので嬉しい。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 26, 2005

その後

JRの大事故から一夜あけても、まだまだ惨事の情報は続きます。今日、JRで通勤してきた人の話によると大阪環状線はいつもより遅れていたそう。「いつも乗る電車に遅れて駅についたはずなのに、その電車がきた」とか、あと一両目はがらがらだったとか、いろいろ影響は出ているようです。それにしても大惨事だと何度あの映像をみても「ぞっ」とします。

事務所のボスは今日からフィットネス再開だとか。ふーん、いつまで続くかなぁ~。それよか急にこの休み前にしだしたところをみると「何かGWにいい予定」があるのでは?と勘ぐってしまいます(^o^)。ま、大人だからね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2005

大事故!

お昼にネットみてびっくり、JR尼崎付近で大事故ではないですか。しかも車両が折れてぺっしゃんこになってマンションに貼り付いてる!つい2日前宝塚歌劇を見るために尼崎から宝塚まであの路線に乗ったところで、あの尼崎からの急カーブを「すごいカーブやなぁ」と思ったところだったので、よけいに「ぞっ」としました。

そんな素人でもわかる急カーブであったにもかかわらず、東京日比谷線の事故での教訓の1つ「脱線防止措置」をしていなかったようですし、自動停止装置も制限速度以上だとブレーキがかかる新型ではなく依然旧型だったそうで、もしこれらがきちんとされておれば、たとえ運転手が時速オーバーしていたとしても、惨事はもう少し緩和されていたのではないでしょうか。幸いに知り合いには事故に遭遇した人はいなかったのですが、事故に遭われた方は恐怖とJRに対する怒りで一杯だと思います。心からお見舞い申し上げます。

事故には遭遇していませんが、この事故で家に帰れなくなった事務所の人約一名。いままで「地震難民」は考えたことあったけど「事故難民」は考えたことがなく、今回ちょっと考えました。。。。遠距離通勤は辛い。。。

ところで、いつも私のブログを見てくれてはる「とある人」から一言。「よほど食べ物に執着あるねんなぁ・・・」。そうでもないと思うけれど?今日、家帰ると「みずは北川」さんのわらび餅がありました。なんでも知り合いから頂いたそう。ここのは少し大きめにカットされていて、もちもち感がうまうまです。きなこも少し黒っぽいところをみると丹波の黒大豆ではないのかしらん。ここの生麩まんじゅうも美味しいんですよ~。つこてはる水がいいんでしょうね。やめられません。(みずはさんのHP探したのですがみつからなかったので、興味のある人は「みずは北川」で探してみてね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2005

モブログテスト

モブログテスト

次の旅行に備えて写真付投稿の練習っす。写真は宇治でまいう〜に出て来た伊藤さんとこの抹茶パフェ。昨年秋、わざわざそれだけ食べに行きました。まいう〜です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の成果

本日はとってもいいお天気でした。が、いい天気の中、一日家にいました。一回ちょこっと食品を買いに出た気くらいです。で、久々にケーキなんぞこさえました。ホントは前のブログに書いたようにアーモンドケーキを作って「アーモンドの焦げる臭い」を実際に確かめたかったんですが、気分がどうも「焼き菓子」を求めていなかったので、イチゴロールにしました。結果写真のようにどでかいのが出来ました。が、今現在05-04-24_17-26 あと一切れ(上のイチゴ一つ分)しか残ってません。明日のお楽しみです(^o^)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 23, 2005

清く正しく美しく~

タイトルのところに行ってきました。はい、宝塚歌劇です。数ヶ月前にVISA貸切公演に申し込んだら、A席が2枚とれたのでとりあえず行ってきました。「とりあえず」、というのは、私はファンではないのですが、世の中には親子三代ではまっている方もいるとか、せっかく関西にいるなら、そういうのも観ておこうと思ったからです。なので、今回のブログは熱心なファンからすると許せない内容になっちゃったかも(^^;)

本日は花組、「マラケシュ・紅の墓標」「エンター・ザ・レビュー」。マラケシュは、ストーリーを全く知らずに観て「???」、終わってからプログラムを買って読んでやっとストーリーがわかりました。最初にあらすじを見ておくのは大切ですね(^^;)。「パリで新しい朝をあなたと・・・」と知り合った男に言ってた奥さんが、ダンナが無事とわかった途端、旦那と「これからが新しい一歩・・・」と言っていたのには「??」、いいのか?なんかさっきと言うてることちゃうやん。レビューは91期生のお披露目公演ということでラインダンスも多い数で行われていたみたいです。

全体の感想は・・・女性の理想の男性を描いているということでしょうか。「すらっ」と背が伸びて「スーツ」姿もとっても似合っていて格好いいのですが・・・ふと「女性」と思うと、ちょっと醒めてしまって、私にははいりきれない世界でした。男役さんの声も、どうしてもマンガの「パタリロ」の「マライヒ」が思い出されてしまって。。。

ただ舞台はというと、まとまりがすごかったです。数ヶ月前に「十戒」のミュージカルをみた時は、バックのダンサー達の踊りがいまいちぴったりと合ってなくて、ちょっと間延びしたようにも見えたのですが、宝塚の場合は二階席からみてもダンサーの動きがぴたっと合っていて、舞台全体が引き締まってみえました。それだけ合わせる練習しているんだろうなぁ~。舞台全体の華やかさはかなり堪能出来ました。いい冥土のみやげが出来ました。

今日の美味しいもの・・・今日はそういう目的はなかったので特になかったなぁ。ということで本日はスミレ色。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2005

コスメティック

今年のGW、ANAとJALの予約状況が前年比約7%UPらしい。そういう私もGWは国内ですが空を飛ぶのですが・・・ただ、JAL大丈夫かしら・・・ここんとこ色々あるし経費節減のしすぎなんとちがうのかしら。

昨日はこのブログにもanegoで検索してきた方がかなりいらっしゃるようで、あのドラマの反響のすごさが窺えます。かく言う私はオープニングの「QUEEN」が流れるところだけみておしまい。ドラマをみる習慣がないので(^^;) で、その後は林真理子さんの小説「コスメティック」を読みました。うーん、バブリーな華やかな舞台とは対照的に、働く女性のホンネがあちこちに。さすが林先生という感じ。

すごーい昔に「アグネス論争」というのがありました。アグネス・チャンが「子供は母親の元が一番」という理由で職場にまで子連れで出勤してきた際、世の中が賛否両論となり、当時子連れ反対論の代表のようになっていたのが林真理子でした。「大人の真剣勝負の場に子供がいるとは何事か」と。当時「子供がいない人にはわからない」という非難でおわっていたように思います。(今調べてみると、どうも背景はちょっと違っていたみたいですね。論争詳細はここ

数十年たった今でも誰も子連れ出勤なんぞしていないところをみると、やはり当時の林さんの意見が正しかったということなのでしょうか。今の少子化の一因とも言われているみたいですが、あえて私自身の意見とすれば、やはり仕事場に子供は勘弁してほしいのが正直なところ。こう言うと「女子供は黙っていろ」「弱者に配慮しない傲慢さ」に繋がるというお叱りがくるのでしょうけれど。

論争さておき、今だ林さんの小説も売れているご様子、一体いくら稼いではるのやら。「コスメティック」の中にも見つけてしまいました。「アーモンドの焦げた臭い・・・」ものすごく気になる・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2005

辛いのぉ~

ここんところの中国の反日デモについて、中国は自国向けに「両国の利益のためにも・・・」というデモ自粛コメントを発表しているそうですが、どうやら今回のことについて日本に謝罪する気は全くないらしい。「不買運動をすると自国の利益損失につながる」と言っているそうです。共産党圏でありながらお金(資本)は欲しいというのがわかります。どうやら「資本主義=金儲け」と思っているみたいですが・・・あれ?資本主義ってそもそも何?

封建制度の後を継ぐ人類社会の生産様式.商品生産が支配的な生産形態となっており,あらゆる生産手段と生活資料とを資本として所有する有産階級(資本家階級)が,自己の労働力以外に売るものをもたない無産階級(労働者階級)から労働力を商品として買い,それの価値とそれを使用して生産した商品の価値との差額(剰余価値)を利潤として手にいれるような経済組織.

ということらしい。なんか・・辛いのぉ・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 19, 2005

八重山ブーム

昨年八重山に行ってすっかり八重山病にかかってしまったうちの一人なのですが、やはり私ですら八重山病にかかってしまったというこの八重山ブーム。現在、石垣島の人口増加問題にまで発展しているそうな。四万人強の島人口で昨年だけで3,000人も異動届を出したとか。ブームにのり安易に島に行ったはいいが、仕事もなく本土に帰る気力すらなくして放浪している若者も多いらしい。

人間というのは「贅沢」に出来ているみたいで。ひとつ前の世代は「不便な生活」から抜け出したくて、「密度の濃い親戚づきあい」がわずらわしくて、都会の「便利」で「ドライな人づきあい」をしに出てきたというのに、今になって「不便でも豊かな自然」「暖かい人との触れ合い」を求めてわざわざ田舎に行くというのですから。

といいつつ、今日の仕事場での会話。「そや、税理士法人にしたらここの支店だせんねんなぁ」「ヤマネコ会計事務所・西表島支店っつーのはどぉ?」「既にありそうな名前ですけどねぇ~」。やっぱ都会は疲れた人が多い・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2005

おんも~

事務所のメンツのうち約二名は、お昼にお弁当を食べた後、外のドトール系茶店へコーヒーを飲みに行く習慣があり、私もたまにご一緒させて頂くのですが、その時の話。

今日は外でコーヒーの気分だったので、いつも外に出るメンツの一人に、今日もコーヒーしに外に出るか?と聞くために「今日おんも行く?」と聞くと「ん?」とものすごーく不思議な顔をされてしまった。「何ですかおんもって?」「え~使わんのぉ~?春よこいっていう童謡に出てくるやん」

はーるよこい、はーやくこい、歩き始めたみよちゃんが、あーかい鼻緒のべべはいて、おんもへ出たいと待っている~

と歌ったんですが、あとで調べてみると、間違ってました。(赤い鼻緒のべべ はないわなぁ ^^;)正しくは

春よ来い 早く来い あるきはじめた みいちゃんが赤い鼻緒の じょじょはいておんもへ出たいと 待っている

だいぶ前、幼児語について、子供がせっかく覚えてもまた正しい言葉を覚えないといけないから、幼児語は使わないようにしたほうがいい、みたいな話をどこかで聞いたんですが、小さい子が「たっち~」とか「ぶーぶー」と言っているのはかわいいんだけど。。。今でも使うのかしら。でも子育てしている筈のメンツの一人が知らなかったということは、今時は使わないのかな。少子化ということは幼児語もなくなる?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2005

anego

読んでみました。今話題になっている来週からはじまるドラマ「anego」の原作。常々ドラマは見ないし興味がほとんどないのですが、今回は原作が「林真理子」。林さんの凄さは、たぶん女性なら皆持っているであろうホンネを「ずばっ」と文章で表現できるという凄さであるし、今回本を買って読んでも、きっと「無駄」と思わないだろうなぁ、ということで金曜に本屋に行ってさっそく読んでみました。

期待どおりの林ワールド。テーマはここんところを賑わせている「負け犬」、林ワールドにかかるとより実態のある女性のホンネに近づく、当然、安易なハッピーエンドで終わらせない。確かにそんな都合のいい男なんていないわなぁ、と自分も何故か反省。「結局、私たちって頭悪いんですよね」と言わせるところあり。そうなんだよなぁ・・・前回の加賀温泉の宴会でも話題になったんだけれど、要領悪くてどうしても「さとう珠緒」にはなれない、というかなろうとしないんだよなぁ・・・しかも「アホらしくてそんなんなれるか~」と居直ってるし(^^;)

ところで本の中に出てくる表現「アーモンドをこがしたような臭い」・・・?そんなのにあたったことないけどなぁ・・・ドラマ主題歌はナント!QUEENなんですね!「プライド」と同様、始まりだけ見るかも(^^;)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

無線LAN繋がらず

何故だか金曜の夜から無線LANが繋がらなくなった。とりあえず本体の電源を入れ直してパソ側から「修復」かけると繋がるのだけれど、そこから数時間たつと、また繋がらない状態。繋がっていない時はわけのわからないネットワークが表示されたり、いつのまにか2つ以上あるとか言われたり・・・うーん、さっぱりわからん~

十年くらい前は我が家にパソコンなんて存在せず、当然ネットやメールもなかったのだけれど、いつのまにパソコン(通信)がないとこんなにも不便な生活になっちゃったんだろ?しかも通信できないと不便、といっても「これっ」といって生活に絶対必要なことはしていない気がするのだが・・・?

昨日「鳩間島」をテーマにしたドラマをつい見てしまった。西表島の港も写っていて「八重山行きたい病」再発。何もないのに何かが濃くてどこを見ても絵になる島々。。。そういえば西表の宿の人が、宿向かいに見えた鳩間島について「里親対策している」と言ってらした記憶があるので、ある程度の事実に基づいてのフィクションなのかな。

ちなみにこのブログのプロフィール上にある写真、水平線に「うすーく」写っている山陰らしきものが今回のドラマの舞台の鳩間島。あ~行きたい~

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 16, 2005

宇治でまいう~

本日のお散歩。まずは京は西山の勝持寺へ。別名「花の寺」ともいい、その名の由来は西行が一株の桜をここに植えたことからとか。昨年、近辺の桜が散りかけのころ、ここに満開になる桜があり大変きれいでしたので、今年も行ってみることに。s まずは山門(左写真)、このひなびた感じがいいですよね~。ここから少し500mほど上り坂が続きます。それを登り切ると勝持寺。拝観料を払い、まずははいってすぐ(右下写真)のところでちょっと休憩。なぜなら今の坂道と昨日のボーリングでちょい足付け根が痛いので・・・(^^;)s ぼーっと座っていると、ほかほかの太陽と鳥の声と山の空気でなかなかの癒し空間。

西行の桜は「山桜」なのでしょうか。葉と花が一緒に出るタイプで、ソメイヨシノなどに比べるとかなり質素な感じです。s-P1010169 1140年に西行が植えたかどうかはもちろん「?」ですが、素朴な感じがそれらしい桜でした。で、お目当ての場所は予想どおり満開の桜(右下写真)。s-P1010159 今年も見られてホントよかった~。

ここで40分ほどすごしたあとは、ちょっと思うところがありここから宇治まで原チャリ約一時間。宇治はさすがに街中の桜とおなじ、ほとんど散ってしまってましたが、山と川の美しい景色は変わりません。みんなそれぞれ散歩したりおしゃべりしたり。観光地でいいお天気ですからにぎやかな人出です。s s-P1010173 宇治といえば美味しい「お茶」。当然、抹茶ソフトはくっついてこなければならず?、写真の景色みながら頂きました。甘さほどほど、すこーし抹茶の苦みが「まいう~」

で、何故一時間も原チャリを走らせて宇治まで行ったかというと、これこれ、伊藤久右ヱ門さんの「抹茶大福」を買いたかったから。昨年12月所用で事務所にて「お取り寄せ」したところ大変美味だったんですよ~。なんで気候がよくなったら絶対原チャリで買いに行こうと思っていたのです花より団子「宇治でまいう~」な一日でした。昨日のボーリングと原チャリ乗りすぎて(往復二時間)足の付け根がいたた~(^^;)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ボーリング5位

今日は支部のクラブ活動で「ボーリング部」の部活に行ってきました。先週の木曜にボーリングに行ったのは、今日の大会の為の練習だったのです。結果は・・・17人中5位!ふふふっ、練習の成果があったというもの。ただし、これはハンデいっぱいもらっているからであって、ハンデなかったら・・・1ゲーム「116」。自分としちゃいいほうなんですがねぇ。。。

昨日から何故か無線LANの調子が悪い。パソの電源を落として、次パソの電源を入れると無線LANが繋がらない。今まではパソの電源がはいると、自動的に繋がっていたのに。で、無線LAN側の電源を入れ直すと繋がるのですが、毎回電源入れ直すのもなぁ・・・ホントよくわからん!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2005

関西と関東

本日は身内ネタ。

数年前、信州は諏訪のほうに母と行った時のこと。JR上諏訪駅にある「足湯」コーナーにて二人でぼーっと足湯していると、大学生らしき娘とその両親の三人が足湯コーナーにはいってきた。三人はあまりしゃべらず足湯をしたあと、お母さんらしき人が父親らしき人に「そこの荷物とってくださる?」。渡された荷物からタオルを取り出し、身支度を調えて三人はコーナーから出て行かれた。

しばらくして私たちも足湯コーナーから出たのであるが、その後の母と私の会話。(母)「さっきのは再婚で連れ子なんかな?」(私)「は?」(母)「だって、荷物とってくださる?とか夫婦なのに言葉遣いがよそよそしいし、あんまりしゃべってへんかったしぃ・・・」(私 絶句!)

どうやら、関西からあまり出たことがなく、関西以外に友人もいない母にとって、東京弁のインパクトは強烈、母の中では橋田壽賀子のドラマの言い回しはあくまで「ドラマの世界」であって、まさか日常会話で普通に夫婦が「それとってくださる?」「~してくださる?」というのは、かなり信じがたいことであったらしい。

確かに関西での夫婦の会話は「喧嘩」みたい。頼むときも「それ取って」「~しといて」。東京から来た知り合いは、最初「そんな嫌いやったら一緒にいなければいいのに・・・」と真剣に考えてたそう。そのうち「馴れ合い」ということがわかったそうですが。

今年、結婚して東京に行った人に言わすと、「関西はけなしの文化」「関東は褒め殺しの文化」、表裏一体だそう。うーん、なかなか難しいぞ~

とりあえず信州に旅行に行くと「関東弁」が多いことが気になる・・・のは私だけ?北陸に行くと関西弁は違和感ないけどね。話は違うけど、私の中で九州は美味しいイメージがいっぱい(^o^)本日「さすが南九州格付けガイド」本、買ってしまいました。ふふっ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 13, 2005

夢の中

昨夜の夢から。私はどうやら「鹿児島」に旅行していて、泊まったホテルの目の前が海で、浜辺にでてみると、その海に注ぐ川には数十羽もの「アヒル」がいて、わさわさと川上へ泳いでいた・・・何かの暗示かしら?そういえば昔「会社辞めてこの業界に行くぞ」と決心した日の夜、夢に白くてでかい「くじら」が出てきて、その手の本によると「新しい出来事のはじまり」とあった。今回も白いんですが関係ありかな?

それより昨晩の夢は旅行なのに「美味しいもの」が出てこなかった。今夜はその続きで鹿児島の美味しいものを夢で食さなければいけません。(^^;)

事務所の人が本日有給をとって愛知万博に行ってます。明日帰ってきたら、万博に「美味しいもの」があったかどうか確かめなければ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 12, 2005

つれづれに

NHK教育、スーパーピアノレッスン二回目。相変わらず「こうも違うものか」と感嘆させられ通しの先生の軽やかなパッセージ。うーん、若いときはあの枯れ方がわからず、年いったら「指がまわらん!」というところでしょうか、一般の人では(でなく、私だけか^^;)。この歳で学生時代くらい指がまわったら、学生時代よりかはマシなモーツァルトが弾けるかも?

ここんところの中国の反日デモ。テレビでみると激しいですが、実際の現地では一部の地域での事件、中国全土が反日デモをやっている訳ではなさそう。また、映像からは若い人が多く、反日は単なる名目、何か欲求のはけ口で騒ぎたいだけのようにも見えたのですが。。。架空であれ実像であれ、何かしら「敵」を作らないと体制が保てない状態なのかもしれません。

ここ二、三日、朝の通勤時に近所の山を眺めると、山の緑の中に所々「ピンク」のところがあり、そこに桜が咲いていることが窺えます。そんな山の中、だーれも通らないし、だーれも見にこないのに、毎年そこで咲き続けることに不思議を感じる光景。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2005

また揺れていますね

昨日の関西は初夏の陽気で暑かったものだから、タンスの衣替えなんぞをしても今朝は薄着で出かけたら、う~寒かった~。この時期前日が暑かったからと油断して風邪をひくパターンが多いみたいなので気を付けないといけません。まだ4月申告も残っていることですし・・・

ところで、また揺れていますね・・・地震。毎日一時間超かけて通勤しており、地震で交通が寸断されたら、まさしく「地震難民」となるのは必至。。。お花見気分が一気にふっとんだ朝の地震ニュースでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2005

お花見はしご その2

05-04-10_21-03   今日は、ちょっと前に記事に書きました「花」の二番歌詞そのまんまのようなところに行ってきました。もちろん「隅田川」ではなく、関西圏内。

場所は八幡市の背割堤、「木津川」「桂川」「宇治川」の三河川が合流して「淀川」が誕生するところです。遊歩道1.4キロの両側にソメイヨシノが植えられていて、まさに桜のトンネルが楽しめました。以前からそういう場所がある、というのは知っていたのですが、足を運んだのは今回が初めて。朝起きて新聞みると、一面にここの写真が載っていたので「よ~し、いってみよ~」。携帯しか持って行かなかったのでちょい写真が悪いですが桜のトンネルの雰囲気だけでも。川辺からみるとまさに「錦おりなす長堤」そのもの。あと八幡市が管理しているのか出店も数店入り口付近にあるだけで、ジュース等も定価、みんなそれぞれレジャーシート広げたりバーベキューしたりと雰囲気もなかなかよさげ。今日は風が強かったせいで「桜ふぶき」になっていました。

帰りは「みずは」さんに寄って「生麩まんじゅう」購入。ここの生麩は美味しいんです~。つるっとさわやかな甘さで頂けます。で、夜にようやくタンスの衣替。家族に「なんで(衣替えなんぞ)昼間にやらん!」と言われ「朝遅かったから私の体は今昼間やねん。」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2005

お花見はしご

今日はみごとなお花見日より。桜も一気に満開ということで、朝から京都に行ってきました。JR京都駅で山科行きに乗るとさすがに今日は満員電車。山科駅にもたくさんの行楽行きの人がいました。そこから地下鉄東西線でまずは醍醐寺へ。さすが太閤さんの花見のために作られたところとあs-daigo2ってどこみても桜・桜・桜、そしてどこみても人・人・人・・・ここはあちこちにしだれ桜もあって地面近くまでしだれている枝もあり、なかなか見応えのある桜が多いです。三宝院は有料、なかにはいるとナントsお庭まで写真撮影禁止とな。室内の撮影禁止はフラッシュでふすま絵が痛む等の理由でわかるけど、お庭も?ということで美しい庭園の写真は残念ながらアップできません。お庭のこけの形も「ひょうたん」だったのに・・・

二時間ほど桜に見とれたあとは、先週の「インクライン全く桜なし」をはらすべく蹴上に戻ります。その前にお昼、ということで、またまた先週と同じウエスティン都に行ってしまいました 。3Fのフレンチに行くと「一時間待ち」ということでまたまた先週と同じ2Fのビュッフェランチへ。結局ここでも40分ほど待たされたのですが、他に行くところもよく知らないので、友人としゃべりもって待ちました。さすがウエスティン、ローストポーク・チキン、トマトの前菜以外はすべて料理の内容が変わっていました。シーフードのクリームパスタも美味、ビーフシチューも「おいぴ~」ということで、二週続きですが大満足。ケーキも4つ食べてしまいました。(当然晩ご飯ははいらず、チューハイ一杯で終了)

s-inkurain2 食事が終わっていよいよインクライン。 みごと桜並木は咲いていました。当然人も超いs-inkurain3っぱい。観光の団体さんも多かったです。桜が咲くとなんでもない道も華やかになりますね。右の写真はインクラインの並木なんですが、上の道路標識がちょいじゃま。

そのあとは京阪三条にもどりせっかくだからということで円山公園のしだれ桜へ。行く途中三条から四条への賀茂川沿いの桜も満開で青空にはえて非常に美しい道になっていました。(左下写真 賀茂川べりから見上げた桜)s-kamogawa

円山公園ももちろん人だらけでしたが、そこは天下のしだれ桜(写真右下)みごとにすっくと立っていました。ただもうお年なのでしょうか、今日みてきた他のしだれ桜に比べどうも木自体に勢いがないような気がします。でも東山魁夷の題材にまでなった桜、やはり満開の時で行ける時には行っておかないと。こういう時、京都が近くてよかったなと思うのでした。s-maruyama

そうそう、今日の花見は以前書いた友人の看護師合格お祝いを兼ねての遠足。いよいよ来週から本格的な仕事にはいるらしい。日本の医療の発展のためにも頑張って欲しいと思うのでありました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 08, 2005

花より団子

なんかよくわからないけれどココログが昨日から変わったそうなので、本日は文字をカラーにしてみました。絵などもつけれるそうなんですが、よくわかんないのでそれはまたおいおいに

今日は以前勤めていた事務所の人からのお誘いで話し込み、帰宅が遅くなったのですが、明日はお花見に行く予定なので、今から明日の下調べをします。もちろんお花の近くの「おいしい店」。。。花より団子。

花で思い出したこと。昔中学の音楽の時間に「春のうららの隅田川~」っていう歌を習ったときのこと。二番の歌詞「錦おりなす長堤に、暮るれば昇るおぼろ月 げに一刻も千金のながめを何にたとふべき」」の内容について「私は朝廷に献上する錦を織らねばららず、早朝からおぼろ月が出る夜中まで働かされ、一刻の猶予もない状態 この様子をなんとたてえてよいか」と答えた生徒がいたそうです。忙しいサラリーマンの歌だったのね。。。身につまされます(^^;)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 07, 2005

新人さんたち

久々にボーリングをしました。実は来週支部のボーリング大会があるため、その練習も兼ねて。結果は1ゲーム目「100」。これについては多くは語りません。
その後食べにいったところでのこと、私たちが食べていると「わさわさ」と新入社員らしき団体がぞくぞくと店にはいってきて、あっという間にその店は同期宴会場と化してしまいました。私たちはその隅でちいさーく飲み食いしていたのですが、幹事らしき子が「すいません、やかましくて」と言ってきた。うーん、若いっていいっすよねぇ。まさに「君たちの目は未来を見ている」。総勢20人以上はいたと思われますが、数年後、そのうち何人が会社に残っているのでしょう、などとちょっと辛口でも見たりも。私も十数年前は、君たちと同じ新入社員で、同期同士で飲み会をし、旅行にも行き、今では数える程度しか会社に同期は残っていないけど、それはそれなりにそれぞれの道、た~まに連絡もとったりと、同期というのはいいもんです。その縁を大切にして欲しい、と思ったのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2005

柳の下の「どぜう」

数日前の新聞ネタ。大阪市の職員の福利厚生が給与課税となる問題でかなり美味しい思いをしたらしい大阪国税局は、次は柳の下の「どぜう」を狙って京都市・神戸市にも行くらしい。たぶん、職員への厚遇は大阪市だけではないはずなので、次もおおきな「どぜう」がとれることでしょう。市の職員の給与は税金で、福利厚生費も税金からで、その福利厚生に給与課税をして、とれる源泉は国税で・・・ん?なんか税金の輪のなかでメビウスしてない?
西原漫画「毎日かあさん お入学編」を買ってしまいました。私もしばらく西原ワールドの輪から抜け出せないようで(^^;)この週末は花見に行くぞ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 05, 2005

今日からモーツァルト

たまたま早く家に帰ってTVつけたら、NHK教育の「スーパーピアノレッスン」の初回でした。フィリップ・アントルモン先生、テーマはモーツァルトの曲ということで、かなりハイレベルなレッスンがされる模様。今日も、レッスンの最初は「深刻」なモーツァルトだったのがだんだん「軽快」なモーツァルトになっていってました。うーん、譜面づらはめちゃめちゃ簡単なんだけども、こうも違うものなのか・・・よく「枯れたらモーツァルト」と言いますが、自分もだんだんベートーヴェンあたりは重く感じるようになり、枯れてきたのに気づくのでした。
事務所の人からさいばら漫画「できるかな」を拝借。電車の中で笑いをこらえるのに必死。漫画よんで笑いをこらえる人をみるほど不気味なものはないですが、本日の電車の私はまさに不気味そのもの。しばらく「さいばら漫画」は事務所の中で行き来しそうです。
ところで、うちのペットのPONCHAN、旅に出ている以外は寝ているかおやつもらうかしかしていない。やはり飼い主に似るのでしょうか・・・こんなのでよければ「なでなで」してあげてください。よろこびます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2005

そろそろ桜本番

関西もそろそろ桜本番のようで、今週末の関西行楽地はきっと花見客でごった返すでしょう。混み混みはわかっているけど、たぶん土曜は花見に行くんだろうなぁ・・・という予感。まだ何も予定は決まってませんが。
話かわって事務所の話題。なんと!事務所からこのGWに二人もギリシャに行くらしい。二人一緒に行くのではなく、たまたま別々に計画していたらしく、一人は嫁はんと、もう一人は自分の親と。よろしおすなぁ。で、ギリシャといえば・・・ジュディオング(歳ばればれ。でもあの曲って当時、異国情緒たっぷりだったんだもん ^^;) どうも発想が貧相。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 03, 2005

かんのん

鴨志田さんの本、本日終了。肝硬変で吐血して病院はいってICUにはいったものの、一週間で旅に出るという荒技!もと奥さんの「さいばら」さん漫画で病院脱走したのは知っていて、その時は奥さんの目線で見ていたけれど、もとダンナの本を読むと、ちょっとだけ「病院脱走してでも旅に出る」という心境がわかったような。。。
それにしても「旅」とはなんと魅力的なものなんでしょうか。さっき本屋に行くと「るるぶ」だったか「まっぷる」だったかの沖縄離島のガイドブックがあり、西表の宿紹介ページで昨年お世話になった「あけぼの館」の写真に奥さん(妹さん)も写っていました。たった三日いただけなのに妙に懐かしい・・・

話かわってcanonのポスター、KISSメイクの子供は見かけたけれどそういえば映像はみてないなぁ、と思ってたらCANONホームページに少しだけ映像がありました。子供の声でかわいく歌ってます。当時とてもハードに聞こえた音も今はそう重く感じない。キャノンの社名はは観音からとったそう、実はついこないだまで知りませんでした。さて、明日からまた一週間だ。ふぅ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2005

桜はまだかいな~

Pht0504021133本日、叔母の命日のため墓参りに行ってきました。その帰りちょっくら足をのばしてインクラインに行ってみたのですが、写真のとおり桜はみごとに全く咲いていませんでした。やっぱ来週末が本番なんでしょう。先年の本日は桜満開、その中を通夜だ葬式だとかけまわっていたので、それ以来桜はちょっぴり悲しい想い出の花となっております。
そのあとウェスティン都ホテルでランチビュッフェ。やっぱりビュッフェはあれもこれもと食べてしまいますね。しばらく美味しくてもケーキはいらないわ。(5つ食べた)
その後何有荘(かいうそう)のお庭に行きました。庭園料1,000円もするのですが、100年ぶりの公開とかのフレーズに惹かれてはいってしまいました。明治天皇がご使用された茶室も待合用の残月亭も、素人でよくわからないけれどもそれなりに「いいなぁ」という感じで、昔ながらの造りの本堂・明治天皇お成り道(トンネル)など、かなりの趣向を凝らした庭であることが伺えました。南禅寺の山門を見下ろす高台もあり、こちらも「絶景かな・絶景かな~」(石川五右衛門)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

どこがおかしい?

ホントに近々ありそうな雰囲気な憲法改正。難しいことはわからず論議出来るほどの知識もないので、「どこがおかしい」「どこがいい」と言えない自分がちょっと悔しいのですが、それでもひとつあえて個人的な意見の1つであるということで書いてみました。知識もないのに書くな、と言われるかもしれませんが、ここは個人的な日記ということでご了承ください。

今朝の新聞にも「前文に愛国心をいれる」という論争があり、結局もすこし柔らかい「国を愛する」みたいな表現になって落ち着くような話が載っていましたが、主語は誰になるの?確か憲法の主語は国民ではあるけれど、国家(国政)の独走を歯止めするためのものでは?というふうに「さっぱり」わからない。ここで読んでみようという方はここ、前文をご覧下さい。

平和という単語がたくさん出てくるのは時勢柄としても、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」そうなればホントにいいなぁ、と思います。愛国心というより地球愛のほうがかっこいいのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自滅旅

「自滅旅」、私のことじゃございません。今朝なにげに新聞を眺めると「日本はじっこ自滅旅 鴨志田穣」という本の広告を発見!ここの奥さん(今はもと奥さんらしいが・・・)の「さいばらさん」の漫画が大好きで、そこによく出てくるダンナ「鴨志田くん」の本、ということでさっそく買って読んでみました。
まだ途中、鹿児島から種子島のあたりなのですが、なぜか南に行くほど話は面白い!土地柄がそうさせるのか、鴨志田くん自体が南国体質なのか・・・。目的地も観光するところも泊まるところも予め決めてから旅立つことしかしたことなく、この主人公のようにあてもなく、「ここがはじっこだ」と気づけばそこに行き、ふらりと降り立った駅で宿を決め、ネオン街に行って店のおばちゃんと意気投合し、気づいたらホテルのベットでお目覚め、二日酔いなので浜に行って釣りの人をみながらビール飲んで寝てしまって~、うーん、読むうちに今まで自分がしてきたのは旅でなかったような気がしてきた。たぶんそういう旅は一生出来そうにもないけれど(意外と心配性なんで)、せめてこの本で「放浪」を味わってみたいと思ってます。そうだGWは鹿児島だった。寝台特急にも乗るよん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »