« 通勤風景から | Main | NOVELA »

February 05, 2005

夕刊の記事から

夕刊の記事から。市の職員共済会から40歳独身職員に対して三万円が互助会費からでていたそう。結婚したらいくら、子供が出来たらいくら、銀婚式にはいくら、というふうに支給があるのに、独身の人にはそれがないからというのが理由だそう。最近ようやく「負け犬」とかで失礼な表現で認識されつつはあるけれど、未だこの社会ではマイノリティーで忘れ去られがちな「そこそこの年齢の独身」という立場の事実に気のつく共済会はすごいな、と思いました。そこまで出すかどうかとか、お金の使い道がどうこうは別の話としてですが。
朝刊の記事には少子化問題の特集記事について読者からの意見が一部載っており、その中に「子供のない人からは所得税を二倍とればいい」という意見がありました。独身は扶養控除も配偶者控除もなく、その分の税金は多くはらっている事実とか、学校とか図書館とかゴミの量とか、子供がいる家庭に比べたら公共の場の利用は少ないのに市民税は払う事実とかあるのになぁ、といくぶん寂しくなった時の共済会の記事だったので、少しほっとして印象に残る記事でした。色々な立場の人が等しく暮らせる世の中って難しい・・・

|

« 通勤風景から | Main | NOVELA »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/2817205

Listed below are links to weblogs that reference 夕刊の記事から:

« 通勤風景から | Main | NOVELA »