« お見舞い | Main | そろそろ確定申告 »

January 17, 2005

阪神淡路大震災から10年目

朝起きるとテレビではローソクに火をともし黙祷を捧げる人たちが写っていました。あの日の朝びっくりする揺れで飛び起きて、私の住む地域では被害はなかったものの、生まれて初めての大きな揺れにどうしていいかわからず、ただ部屋の中をうろうろするばかりでした。そうこうしているうちに、いつもの出勤時間になって電車が動いていないことがわかり、まだその時は「地震で休めてラッキー」くらいにしか認識がなかったのですが、時間を追うごとに見たこともない状態の神戸の映像が次々に届き、友人宅に電話しようにもずっと話し中でかからない状態。
身内や直接の知り合いには被害はなかったのだけれど、友達の友達とかになるとたくさんの方が犠牲になってしまいました。
自然災害は避けようがないけれど、備えあれば憂いなし、もう一度我が家の防災と自分に出来るボランティアを考えてみようと思うのでした。

|

« お見舞い | Main | そろそろ確定申告 »

Comments

昨日,あの時ご主人とお子さんお二人を亡くされた女性がお言葉を述べられた所をテレビで見ていて,涙が溢れ出ました。
なんと災害は惨い事をするのだろう!
最近はあちこちで思いも掛けない事が起こります。
我が家も防災に役立つものを少しずつ買い始めました。

Posted by: 探検隊 | January 18, 2005 at 03:35 PM

竹富とか仲盛とか震災とか、偶然キーワードが重なっていてウレシかったものでお邪魔しました。
竹富島や波照間は、丁度夏至の頃が梅雨明け。北回帰線からわずかに北ですが、地面に真直ぐ棒を立てても影がない!天空の天の川とともにチョット感動しますヨ! 夏の八重山にも是非どーぞ。

Posted by: pappy | January 21, 2005 at 12:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71612/2607561

Listed below are links to weblogs that reference 阪神淡路大震災から10年目:

« お見舞い | Main | そろそろ確定申告 »